« 切り絵 特別製法 | トップページ | リビング用の絵画 個展 上大岡 »

2006年11月20日 (月)

リビングの 花の絵

 今回は、実際にリビングに飾ってある雰囲気を
 ご紹介します

Photo_19  デジカメですので、表面の反射が気になりますが
 クリックで拡大します

 フレームがつくと、絵の雰囲気も大きく変わります。

 壁の感じでも大きく変わりますね

 それが絵の楽しいことろです

我が家の百合を描きました。
 匂いが伝わってくると良いのですが
Photo_20

|

« 切り絵 特別製法 | トップページ | リビング用の絵画 個展 上大岡 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

デザイン」カテゴリの記事

コメント

最近花屋さんに、行って驚くのは花の色の豊富さです。同じ花でいろいろなカラ-の花びらがありますね、ユリは山百合と、鹿の子ユリぐらいしか知らなかったのですが、今はこの絵のようなピンクとかクリ-ム、グリ-ン、内側までが白いユリとか、ただただ驚いています。

投稿: Takujun | 2006年11月20日 (月) 15時23分

 月さんです。田熊さんのスタジオにお邪魔して、作品の撮影をしています。
 デジカメは得意ですが、つくづく絵のような芸術作品の撮影の難しさを感じます。
 フラッシュは、反射してだめ
 自然光は良いけれど、どこかに影ができる。
 スタジオの画架にかかっていると
 雰囲気は良いけれど、
 ブログ、ホームページに載せると
 雰囲気が伝わらない。

 額が無いと、雰囲気が違うし
 バックの色でも大きく絵の雰囲気が変わります

 まあ写真のスタジオで、レフ版を使って、
 全体的に自然な光を当てて撮影するのが
 ベストなんですが、

 まあ、難しいから面白いんですが

投稿: 月さん | 2006年11月22日 (水) 07時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リビングの 花の絵:

« 切り絵 特別製法 | トップページ | リビング用の絵画 個展 上大岡 »