« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月30日 (木)

花の画家 田熊 順 百合を描く 透かし百合

田熊 順のブログ美術館  透かし百合を描く
いつも見て頂いて有り難うございます
 今日は少し気温は下がりますが、
 湿度が高い。
 体調に気をつけましょう。

 熱中症、最新知識

 田熊 順の暑中見舞い 向日葵
Slasunflower


 電車に乗ると、冷房強過ぎ、そう思いませんか?
 ビルの冷房も凄い。その作用、反作用で外が暑くなる。

 ブログ美術館で人気のある花。
 季節で言うと、紫陽花、秋桜、桜、
 通年で人気が高いのが、今日紹介する百合。

 そして定番ですがバラですね。

 百合の描き方
Photo_2


  


 作品を描きながら、皆さんに描く過程を知って頂こうと、下絵、彩色の段階で、
 作品をコピーします。

 こうすれば、塗り絵の見本になるし、描き方も分かります。
 百合のブログ美術館

  

 静物画の百合 
Photo_3


 百合の作品集
Photo_4

 少し暗い所から着彩します。
1


 色を置き。
2


 完成です。
Photo_5


 僕が挿絵を描いた、「旅の恥はかき捨てですか?」の著者、マナーコンサルタント
吉門憲宏氏の講演会 8月2日 金沢公会堂です。 役に立ちますよ。


 ヨーロッパのスケッチ。
 先日テレビでやっていた、ノイシュバン城

A4

 


 花のカレンダー塗り絵 

 花の絵手紙 塗り絵 


 錦織圭選手、USオープンに向け練習再開、出場予定試合の紹介。


1クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2015年7月24日 (金)

横浜 スケッチ 山手西洋館 外交官の家 描き方

横浜の風景画から、スケッチの描き方のコツを。
 題材は横浜山手、イタリア庭園。

 暑かったり、Sun

 台風が来たり、
 大雨だったり、
 天候不順にご用心。

 スケッチにお出掛けの時は熱中症にご用心。
 親友のテニスコーチがまとめた熱中症対策
 
 知っておくと便利ですよ。
 
 二つの方法を紹介します。
 1:全体のあたりをつけてから描く方法
 
 これは先回紹介しました。

 今回は外交官の家の方をスケッチします。
 この前の庭園がきれい なんですよね。
 

 スケッチの基本建物を描く。
 光と窓 
Art


  

 2:かなり下絵を描き込んでから、着彩する方法 これで紹介します。
 完成画です。
1


 まずはいつものように全体の構図を決めます。
1_2


 人を先に入れます。これが大きな違いになります。
11


 広い所から、空と、暗い場所を描きます。
12


 金沢公会堂でマナー講演会。 吉門憲宏氏


 僕の最初の挿絵作品です。
 講談社の「旅の恥はかき捨てですか?」です。
 吉門憲宏「旅の恥はかき捨てですか?」講演会のお知らせです:

Photo_2


Photo


 本の表紙に使われた、ザルツカンマグート。

 これはニースのカフェです。
Photo_2

ヨーロッパのスケッチ、ザルツブルグを中心に

横浜百五十景

三渓園の蓮、見どころですよ。

 田熊 順のアトリエ 季節の花が一杯です

 ウィンブルドンの白のウエア、皆さんどう思いますか?

 錦織圭選手、USオープンに向け練習再開、出場予定試合の紹介。

1クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2015年7月17日 (金)

田熊 順のスケッチ教室 横浜 山手イタリア庭園をテーマに

田熊 順のスケッチ 描き方 二つの方法 横浜、山手、西洋館、イタリア庭園、ブラフ18番館を題材に
 生徒さんから、スケッチの質問を受けました。
 どんな方法でスケッチを描くのですか?
 普段は、風景画自然に入ってきて、スケッチしたいあたりが出てきます。
 普段から絵を描き慣れているからですね。

スケッチの仕方を整理してみました。これは外交官の家です。
 自分なりにはPhoto

 二つの方法で
 描いていました。
1:全体のあたり
 をつけてから描く方法
2:かなり下絵を
 描き込んでから、
 着彩する方法

今日は1の全体のあたりをつけてから描く方法を紹介します。
 イタリア庭園 ブラフ18番館 スケッチ
 梅雨の晴れ間、風が強いですが、大急ぎでスケッチに行きました。
 テレビでも話題になった、イタリア庭園にある、外交官の家です。

 ここの見どころは、庭園の立派さと
 二つの洋館です。今日紹介する、ブラフ18番館と、外交官の家です。

 この洋館、どこから見ても素晴らしい。
 スケッチに最高ですよ。
これが完成画です。
2


全体をさらりとあたりをつけます。
 余り細かくは描きこみません。
 構図を決めます。
2_2

バックの空から着彩します。
21

全体を着彩します。 広い所から色を置いていきます。
22


最後に、人など入れておきます。 これが完成画です。

 イタリア庭園散策  

 ブラフ18番館、外交官の家、新緑時の散策
 

 先回の個展で案内状に使った作品
 

 ブラフ18番館、外交官の家 クリスマス、 それはそれは、おとぎの世界ですよ。
 

山手西洋館10作品水彩画

 山手西洋館10絵葉書 

  僕のヨーロッパスケッチを、講談社の本で挿絵として使ってくれた方です。
 吉門憲宏「旅の恥はかき捨てですか?」講演会のお知らせ。

Photo_2

 

 吉門憲宏氏 プロフィール
 

 横浜市金沢区役所福祉保健課&社会福祉協議会後援で
 「こころの電話・金沢」主催の講演を依頼され受けしました。

 日時: 8月2日(日)13:30~15:00 開場:13:00
 場所:金沢公会堂 京浜急行 金沢文庫駅、金沢八景駅より徒歩12分。
 予約受付: 電話:045-785-8747   FAX:045-785-8749
 参加費: 一般前売り500円(当日券700円)

三渓園の蓮、見どころですよ。

 田熊 順のアトリエ 季節の花が一杯です

 ウィンブルドンの白のウエア、皆さんどう思いますか?

 錦織圭選手、USオープンに向け練習再開、出場予定試合の紹介。

1クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2015年7月 8日 (水)

蓮の見頃 初夏の三渓園 スケッチ 描き方

横浜の代名詞、三渓園のスケッチです。
 昨日は七夕でした。 雨で見れなかったでしょう。
 星もかわいそう。  涙雨でしょうか。
 梅雨空ですね。スケッチは大変ですが、

 こんな時はデジカメが便利です。
 デジカメで、大きめに風景を抑えておきましょう。
 家に帰ってから、イメージを整理します。
 梅雨に映える紫陽花  

 なでしこジャパン、皆さん見ましたか、感動を与えてくれました。
 なでしこJapanに感謝です。 

 田熊 順が描いた、花のなでしこ
 
 色の使い方も紹介しています。


 三渓園に久しぶりに行きました。
 ここ、車なら便利ですが、バスで行くので少し不便です。

 三渓園の蓮。友人が朝一番で撮影に、動画で見れます。
Photo

 四季を通して、三渓園は見どころが一杯あります。
 花が四季折々、良く整備されています。

 池を中心に魚、野鳥が多いです。
 初夏の三渓園  

 日本建築、別荘が特にいいですね。

三渓園 スケッチ塗り絵
 

 意外と知られていない、三渓園の裏門を使って、
 スケッチの描き方  

 初夏の三渓園を描きました。
 蓮の池、睡蓮の池があり、この時期は朝早くから開園してくれます。
 人が多いので驚きますよ。

 蓮の花をバックに、三渓園の代名詞、三重塔を描きました。
 高い建物があると、構図を決めやすいです。
 余り中央に持ってこないのがコツです。
Photo_3


構図を決めます。
 手前のPhoto_2

 蓮の花。
 後ろの
 小山と、
 塔。
 このバランスですね。

暗い所から彩色します。
1


 水彩では、かなり薄くていいですよ。
 色を重ねると、濃くなっていきますから。

 全体を彩色します。
2


 手前の睡蓮、色が重ならないように、注意してください。

 田熊 順の描く三渓園
 三渓園の桜 個展で紹介した作品 動画も
 

 三渓園の四季  
 あずまやがいいですよ。 日本ていいなあと思います。


三渓園、早朝観蓮会 7月18日からです。
  

三渓園の公式サイト  

 紫陽花の描き方
 

 田熊 順のアトリエ 季節の花が一杯です
 今は、カラー、バラ、百合、紫陽花。などなど。ゴーヤもスクスク育っています。

1クリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 絵画へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »