« | トップページ | ミニテニスでフィーリングアップ »

2006年9月24日 (日)

フィーリングを高めるには

Confidence
 フィーリングって言うのは簡単ですが、実際につかむとなると、なかなか難しいですね。フィーリングをつかむのを阻害してる要因があるんです。
それは1:緊張感と、こうしなくてはと思う2:意識の強さですね。
1:緊張感から話を進めましょう。緊張していれば、筋肉に力が入り、りきむだけで効率が良くないのは、誰でもお分かりだと思います。 ところが試合とかになると、ガチガチに、勝手に力が入ってしまうんですね。
 そんな時は、何しろ、大きく深呼吸、ゆっくりと深呼吸して、脈拍を下げましょう。脚を動かす、ストリングスをいじるなど、他の事に気を取られるのも良いでしょう。
 2番目の意識です。勿論上達したいのですから、今できないことを、こうやりたいと、意識して当然です。練習過程では意識してみて、それが無意識にできるようにする、それが練習の目的でも有りますから。
でも試合などで、本番の時には、意識してたら反応が遅れてしまうのです。試合では、できないことは、さっぱり諦めて、できる範囲で対応します。そうすれば、リキミも抜けるんです。
それらを考えると、今打っていて気持ちが良い、そんなことを感じながら打つと、全てが解消されます。感じながら打っていると、次の対応が、なんて思うかもしれません。大丈夫、あなた自身、自分自身を信じましょう。できる範囲の事はちゃんとやってくれます。範囲以上の事を望んだら、出来っこないでしょう。それを望んでいませんか?
さあ、今日も気持ちよく打ってみましょう。手の平、人差し指、バックでしたら親指で感じるんですよ。感じるだけでOKです。

|

« | トップページ | ミニテニスでフィーリングアップ »

スポーツ」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

え~、失礼ながら、複式は腹式の間違いかと・・・

投稿: お | 2006年9月25日 (月) 22時54分

 書き込み有り難うございます。試合前に緊張するから、試合が面白いんですよね。
 何も緊張しなければ、友達との練習と同じ。仕事も、勉強も皆同じだと思います。
 適度な緊張感があるから、集中力も生まれます。ただし、緊張が高すぎると、筋肉がこわばります。
 そこでリラックス法ですね。一度緊張してから、リラックスさせる。そして試合に集中する。
 呼吸法、普段誰でも呼吸しています。ただ呼吸を感じることまでしていませんよね。
 自分も複式呼吸上手くできませんが、これができたら、運動能力も上がるし、歌も上手くなると確信しています。
 最近お腹が出てきて、複式呼吸に影響が???

投稿: 月さん | 2006年9月25日 (月) 06時50分

 試合前はやはり緊張しますね。自分で気をつけていることは、呼吸でしょうか。吸って吐いてに意識を向けると、落ち着いてくるようです。頭の中を”無”にする、手っ取り早い手段ですね。

投稿: お気楽 | 2006年9月24日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィーリングを高めるには:

« | トップページ | ミニテニスでフィーリングアップ »