« サービス トスは前 | トップページ | テニス かわいい »

2006年11月23日 (木)

テニス フィーリングと感情

 このブログは指導暦30年の月さんが、今まで指導していて、
上達のネックになっていた、フィーリングについて、解説しているものです。

 今回は、感情が心・技・体をコントロールしてしまうと、パフォーマンスが上手くいかない事を書きます。

メンタル・タフネスからエモーショナル・タフネスに進化しています。

心のコントロールから感情のコントロールですね。
Axciety

今まで誰も気づいていなかったのですが、

イライラ、ムカつくなんていう感情の起伏が、
心に作用し、結果的に心・技・体のテニスパフォーマンスを落としてしまうのです。

こうなりそうな時にこそ、リラックスなんです。

R・フェデラー選手のスマッシュのMVP2000の画像です

Rf_smash1_hi

|

« サービス トスは前 | トップページ | テニス かわいい »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメント有り難うございます。
そうですね。感情を爆発させてスッキリ
J.マッケンロー的ですね。
僕の気づかない視点でした。
ご指摘ありがとうございました。

投稿: 月さん | 2006年11月23日 (木) 22時26分

感情と心、難しいですね。感情を爆発させることによって、心が落ち着くこともありますよね。大泣きしたあと、すっきり爽やかになるってことあるし・・・感情を押し殺すことによって、バランスを崩すこともあるし・・・各々の特質による所があると思います!

投稿: バラバラ | 2006年11月23日 (木) 15時26分

 怒っているイラスト面白いですね
 怒っているのが楽しそう?!?!
 感情ね、
 気がつくと頭の中が真っ白になっている、自分に気づきます。
 そんな時はダメですね。

投稿: イラムカ | 2006年11月23日 (木) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニス フィーリングと感情:

« サービス トスは前 | トップページ | テニス かわいい »