« ボールの捌き方 フィーリング | トップページ | ボールの取り方 フィーリング アップ »

2006年12月12日 (火)

ジャズ フィーリング

テニスとフィーリング 特別号 ジャズとテニス

今日のブログは、ジャズとテニスのリズム感です
先日、八景インドアテニススクールのお客様との忘年会を、真鶴会館で行いました。
その時に、月さんはBGMと言うことで、ずっとギターを弾いていました。
演歌から、童謡、ポピュラー、ジャズまで、勝手に流していたんです。

僕のお客様でテニスは全く初心者の方がいらっしゃるのですが、その方がジャズを歌ってくれると
最初の曲目はパティペイジのテネシーワルツです。
 その方が歌いだして、僕がGのコードをジャララーンと合わせました。

 素晴らしい声に、リズムに、思わず鳥肌が。
Photo_45

 昔、学生時代にバンドでやっていた頃のセッションの楽しさを思い出したんです。

 張りのある、しっとりとしたテネシーワルツをゆっくりと歌い上げてくれました。

 本当に歌が引っ張ってくれるので、僕のギターも自然と歌い始めたんです。

 皆さんから拍手です。本当は1曲の予定だったんですが、
 月岡コーチ、もう1曲行きましょうか。2曲目はFly me to the moon.

同じようにEmのコードを最初にボローン。すると歌い始めてくれました
これもゆったりした、ワルツのリズムです。
僕のギターも、歌についていきます

1コーラス歌ったところで、「コーチボサノバで。ワン、ツウ、スリー、フォー」

「えっつ、いいですよ」 何も考えず、自然とボサノバのリズムをギターが切り始めています。
自然に出来たんですね。
ギターは好きですから長く弾いていましたが、これほど自然に弾けるのは初めてです。
調子に乗ってアドリブも入りました。
普段は、アドリブの時に、コード進行が頭から離れないのですが、
今日は自然に流れます
「あっつ、合わせる、自然にってこんなんだなあ」

リズミカルで、テンポがあって、

これってテニスも、スキーも一緒ですよね。
Play_music

そう言えば、その客様、全くのテニスは初心者ですが、ボール勘がいいんです。
ボレーなんて、ササッサアと合わせてくれます。
絶対に音楽のリズム感とテニス、スポーツは関係がある。

素敵な時間とフィーリングを僕に教えてくれた さんに感謝です

|

« ボールの捌き方 フィーリング | トップページ | ボールの取り方 フィーリング アップ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

カンフーキッズさん、コメント有り難うございます。
音楽はずっとやっています。
今までは楽しむだけでしたが、演奏会で聞かせることを意識すると、一つ一つの音に意識が行きますね。
新しい発見です。

投稿: 月さん | 2013年5月15日 (水) 08時40分

こんばんは。Jazz聞きたいですね。

投稿: カンフーキッズ | 2013年5月14日 (火) 18時57分

 僕は、音楽大好き。ジャンルを問いません。良い音楽は良い音楽。
 楽器の演奏大好きです。ジャンルを問いません。
ほとんどの楽器を経験しました。
ギター、ウッドベース、電気ベース。
ハーモニカ、フルート、ここまでは結構自信ありますよ

投稿: 月さん | 2007年5月21日 (月) 16時45分

ヤフーの検索から、ジャズとフィーリングで入りました。
スポーツと音楽ですか。
興味あります
楽しいブログですね。

投稿: 検索者 | 2007年5月21日 (月) 09時56分

 それで月さんが音楽が好きなんですね。
 スキースクールでもセッション聴かせてくれるんでしょう。楽しみにしています。

投稿: おかちゃん | 2006年12月13日 (水) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ フィーリング:

» 【裏】作曲の王道 世界一遅く吹く、アルトサックス奏者 [(裏)作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー]
New! ●第20回-ジャズ ポール・デスモンド/フロム・ザ・ホット・アフタヌーン[+6] ~世界一遅く吹く、アルトサックス奏者。でも [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 07時31分

« ボールの捌き方 フィーリング | トップページ | ボールの取り方 フィーリング アップ »