« オーストラリアンオープン 選手から | トップページ | 両手打ち バックハンド スライス »

2007年1月23日 (火)

部活の練習のアドバイス

 今日は、学生の部活に対しての苦言を
部活練習のポイント
 1:部活の練習は、効率を考えて 人数が多ければ、時間を分ける
 2:レベルで分ける練習内容も変える
 3:素振り練習は、正しいフォームをビデオで知ってから
Federer_bs_slice_racket_angle


 日曜日、月曜日と、学生さんから、部活、サークルの話を聞くチャンスがあったので、お話をしたいと思います。
 まず日曜日です。たまたま人数が少なくて、そのお嬢さんは高校のテニスの部活。
 コート1面に対して、人数が多すぎるので、ボールを打てないと悩んでいました。
 テニスの人気は凄いんですね。
 僕のアドバイスは、「コートに全員集合は時間の無駄だから、2部か、3部に部員を分けて、できる限り小人数制で練習をした方がいいよ。」
 オンコートで練習できないない部員は、トレーニングでもいいし、テニスの勉強でもいいし。できたら前の練習の時にビデオ撮影をしておけば、次からビデオを見れます。自分の姿を知る事が重要なんです。
 少なくとも、レベル分けをしましょう。
 上のクラスは、試合中心。トレーニングもハードに。
 下の部員は、その意識によって、試合形式練習を多めにする。
 サービス練習は自分で一人でもできるので、朝の練習に限るようにする。

 山中湖などの学生の合宿を見ていると、先輩にシングルスの試合を、後輩がコートを取り囲んで、見ているのを見かけます。
 これって、中の選手には緊張感があっていいですけれど、練習としては、もったいないですよね。
 スポーツの上達は、そのスポーツに直接携わってなんぼです。
 ですからできるだけ打たせてあげたいものです。
 僕も中学からずっと運動部でした。1年生はボール拾いかランニング。
 できたとして素振り。ランニングはいいでしょう。でもボール拾いだけは空しいですよね。
 素振りも曲者です。正しい素振りをしている自信がありますか?
 その素振りを、誰か、顧問の先生がチェックしていれば良いのですが。
 悪いフォームを繰り返したら無意味です。
 これは、テニススクールのお客様にも言えますが。
 ミスをすると、素振りをしているのですが、大体、間違っている事が多いんです。
 素振りをするのであれば、ビデオで確認をして欲しいものです。

 部活の皆さん、頑張りすぎずに、まずはリラックスですよ。頑張れる時間は一気に集中力を高めて行きましょう

 今日の写真は、コメントがありましたA.ロディック命さんへのプレゼント。A.ロディックのサービスです。
 インパクトは抜けていますが、これは明日のお楽しみ。
Roddick

|

« オーストラリアンオープン 選手から | トップページ | 両手打ち バックハンド スライス »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
耳が痛い話ですね…(笑)今大学1年生なのですが、高校の部活で後輩の練習を週2回くらいで行っています。実際の顧問はやる気無いですから、僕がほぼ顧問をしています。部活の指導者としてのアドバイスをお願いします。あと、質問メールってどうやって送ればいいんですか?

投稿: 顧問 | 2007年2月 4日 (日) 21時48分

 はは、そうですよね。僕の高校時代も、顧問の先生なんて、全く現場に出てこなかったですよ。
 体育の先生も、失礼ですが、運動が上手いとは思えませんでした。

投稿: 月さん | 2007年1月25日 (木) 20時51分

高校の部活の現状って、そんな感じです。
顧問の先生は一生懸命ではないし。
レッスンメニューを今度考えてください。
よろしくお願いします。

投稿: よたよた | 2007年1月23日 (火) 22時12分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 部活の練習のアドバイス:

« オーストラリアンオープン 選手から | トップページ | 両手打ち バックハンド スライス »