« 両手打ち バックハンド スライス | トップページ | 両手打ち 片手打ち スライス »

2007年1月28日 (日)

ボレーのタッチ 面はスライス フラット

 先日専門学校の学生が、鈴木貴男選手のボレーの指導を受けて感動してきました。
動きが速いし、タッチが良くて、面はフラットでと習ったそうです。
Tsusuki_01bv

皆さんどう思いますか?
これって選手としては正しいです。ですが皆さん、一般プレーヤーのレベルではどうでしょうか。
トッププレーヤーのボレーは速いストローク、パッシングショットに対してのボレーになります。
ですからボールの弾道が直線的にボレーヤーにやってきます。
それとトッププレーヤーはスウィートエリアでボールをとらえることが出来ます。
一般プレーヤーでは、残念ながら2割もスウィートエリアで打つことは難しいでしょう。

しかも一般プレーヤーのダブルスでは沈んでくるボールが多いのです。
ですから皆さんのラケット面の動きは、スライスということになります。
多少スウィートエリアを外しても、回転をかけながら安定性を増してくれます。

となるとはやっぱり∞スウィングのボレー編が必要です。
Bvo1hi

|

« 両手打ち バックハンド スライス | トップページ | 両手打ち 片手打ち スライス »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。ガチンコさん、コメント有り難うございます。サーブ&ボレー、トライしてください。
決まる快感をエネルギーにしましょう。

投稿: 月さん | 2015年11月 4日 (水) 06時51分

懐かしいですね

投稿: スライサー | 2015年11月 3日 (火) 13時21分

 僕は鈴木貴男流の攻撃ボレーをマスターしたいです。前に前に、明治のラグビーみたいかな?
 やってみます

投稿: ガチンコ | 2007年1月29日 (月) 20時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボレーのタッチ 面はスライス フラット:

« 両手打ち バックハンド スライス | トップページ | 両手打ち 片手打ち スライス »