« スライス感覚 ボレー上達 | トップページ | スキークロス Xゲーム 滝沢選手 »

2007年2月17日 (土)

猪苗代 FIS スキークロス 滝沢選手優勝

これは滝沢選手ではありませんが、こんなレースです。

Ski_cross_air

僕の行っているスキー場、福島県猪苗代スキー場で
FISワールドカップ スキークロスが開かれました。
 猪苗代スキー場でFISのワールドカップ、スキークロスが行われました。
レベルが高い試合でしたが、日本人の滝沢宏臣選手が優勝です。
嬉しいニュースですね。33歳ですが、次のオリンピック目指して頑張ってもらいたいですね。
 スキークロスの試合を見ていての、感想です。まず、圧倒的なスピード感。ご存知ですよね。
競馬のスタート一緒で4-5人が同時にスタートです。
最高速度、時速80キロくらいで同じコースを滑りますから、スリル満点。
特に数箇所あるジャンプは醍醐味です。
 普通早く滑るにはジャンプはなめるようにして、飛ばないほうが速いんです。
でもそうしたら、観客には迫力が無いですよね。
そこで、大きくジャンプをしないと、次のコブを越せないように、
超大きくジャンプをするようにコースが設定されています。
 滝沢選手が勝ったのは、地の利、日本の雪質、湿った雪に,
慣れているのもあるでしょうけれど、テクニックと勇気でしょう。

色々ホームページ検索しましたが、ほとんど紹介されていませんでしたので、
僕が日本でのパイオニアとしてホームページで紹介していきます。

|

« スライス感覚 ボレー上達 | トップページ | スキークロス Xゲーム 滝沢選手 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

スキー」カテゴリの記事

スノーボード」カテゴリの記事

コメント

コメント有り難うございます。
迫力ありますよ。僕はXゲームが好きでテレビで見ていましたが、
実際の方がはるかに大迫力でした

投稿: 月さん | 2007年2月18日 (日) 10時43分

 近くで見たら迫力あるでしょうね。確かにジャンプしてくれると、観客としては嬉しいkれど・・・事前の宣伝がもっとあればよかったのに。折角のチャンスを悔しがる人も多いのではないでしょうか?

投稿: ナンシー | 2007年2月17日 (土) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猪苗代 FIS スキークロス 滝沢選手優勝:

« スライス感覚 ボレー上達 | トップページ | スキークロス Xゲーム 滝沢選手 »