« バランス感覚を高めよう | トップページ | バランス感覚 フィーリング »

2007年4月 7日 (土)

怒りは敵 冷静に 集中力


スポーツで、メンタル・タフネスが重要な種目、それはゴルフとテニスでしょう。

500

この絵を20秒間見てください。クリックしてください。拡大します
そして目をつぶります。

残像が残ればOKです。

残像トレーニングと言って、集中力を高めるのにかなり役立ちます。
いろいろなスポーツがありますが、例えば、ランニング、バスケットなどは、

一度動き出してしまえば、それなりに、緊張感はどこかに行ってくれます。

ではなぜ、テニスと、ゴルフがメンタル面が重要なんでしょうか?

それは、ポイント間の時間があるからです。
その時間でいろいろ考えてしまうんですね。

考えると、意識が働いて、身体が硬くなってしまうんです。

ですから、考える時間があったら、考えてもいいですから
すぐに脚を動かして、筋肉をほぐしてください

怒ったままでも強い選手がいました。
J.マッケンローです。これもクリックしてください。拡大します

Mackenroe

彼は例外だと思ってください。

|

« バランス感覚を高めよう | トップページ | バランス感覚 フィーリング »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

カッケンロー 素晴らしい命名
固い頭にガツンと一撃でした
彼は突っ立ってプレーしているように
見えますが、その実、打つ前はしっかり膝を曲げているんですね。
写真では全てが見えない良い例です。

投稿: 月さん | 2007年4月 9日 (月) 06時40分

 確かにマッケンローは怒りを表すほど、強くなるという感じでしたね。誰もが自滅していくのに・・・
 多少の怒りは集中力を増し、気持を高揚させるとは思うのですが。表に出して勝てるのは、マッケンローぐらいですね。

投稿: カッケンロー | 2007年4月 8日 (日) 17時04分

僕もウエアはボルグ、プレーはコナーズ、
タッチはマッケンローをまねていました。
ウィンブルドンの深夜放送を、
食い入るように見ていました。

投稿: 月さん | 2007年4月 8日 (日) 16時34分

ボルグとJ.マッケンローに憧れてテニスを始めました。
感謝しています。
マネは全く無理でした。

投稿: ビヨン・マッケンロー | 2007年4月 7日 (土) 14時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒りは敵 冷静に 集中力:

» 戦略 [とも述べた]
イラクの民間人犠牲者 イスラミヤ 政治 [続きを読む]

受信: 2007年4月 8日 (日) 09時03分

« バランス感覚を高めよう | トップページ | バランス感覚 フィーリング »