« テニスコートの大きさ イメージ 心理学 | トップページ | フォアハンド イメージ »

2007年4月19日 (木)

バックハンド ストロークのコツ

 皆さんテニスの調子は如何ですか? 

僕は人に聞かれると、大体「調子良いですよ」と答えています。いつも、自分の力を悟っていますから、調子の波は余りありませんから。

バックハンドストロークの苦手な方が多いですね。

 初中級者の方は、特に多いですね。バックが苦手の方の共通点分かりますか?

 ボレー、サービスも苦手です。その秘密はグリップなんです。

 苦手意識を持つと、その壁を変えるには、かなりの練習が必要です。

 バックのグリップに慣れてしまうことですね。フォアのように力は入りません。

 その時に、ただ打つのではなく、イメージを持って、動き、流をつかんで欲しいのです。

トップスピンは下から上に

 テニスに限らず、スポーツで大切なのは、脚部の動きです。何といっても脚部の筋肉は、人間の身体で一番大きな筋肉ですから、これを使わない手はありません。

 運動連鎖は脚部から少しずつ上部に移り、腰、上体、肩、上腕、肘、前腕、そしてラケットへと伝わります。そのラケットの滑らかな軌道をイメージしてみてください。

MVP2000で解析した、バックハンドストロークのラケットフェースの軌道です。下から上に持ち上がり、そして元に戻ります。

Cswing_bs_hi_1

 エンドレステープではありませんが、∞スウィングでは無限軌道のように、いつもレディポジションに戻ります。そして、遠心力を使って、インパクトに向けて最大加速をします。

 ビュンと風を切る音がしたら最高ですね。

イラストではバックハンドのスライスとトップスピンの打ち方の違いを示しています。インパクトに向かって

トップスピン 下から上に    でもフォロースルーは上に

スライス   上から斜め下に  でもフォロースルーは上に

クリックで拡大します

Backhand

 

|

« テニスコートの大きさ イメージ 心理学 | トップページ | フォアハンド イメージ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

バック、超苦手です。
なにか手首で、こねてしまう感じ。
不安定です。

投稿: バックバッカー | 2007年4月20日 (金) 10時59分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックハンド ストロークのコツ:

« テニスコートの大きさ イメージ 心理学 | トップページ | フォアハンド イメージ »