« サービスの基本 見本となる選手 | トップページ | サービスの3要素 スピン、コース、スピード »

2007年5月28日 (月)

サービスの回転を知る M・サフィン

 ロランギャロが始まりました。クレーコートの祭典です。クレーコートではサービスの威力が、かなり減ります。何故でしょうか。コートが砂ですから、ボールが弾む時に、滑り、反発を減らすからです。

 それでなくても、実は、時速200キロのサービスでも弾んだ時にスピードは半減、リターンする時は初速の45%位と言われています。それが、クレーコートでさらに5%減速します。

Kick
 ですからビッグサーバーが、ウィンブルドンほどは有利ではないのです。
 とは言え、テニスのサーバー優位は変わりません。今日はボールの回転についてお話をしましょう。
 M・サフィンのキックサービス、今、キックサービスを一番有効に、多用しているのは彼でしょう。

1: 1stサ-ブ、2ndサーブ
2:打ち方の分類 オーバー、アンダー、それがあるならサイドも

今日のメインテーマです。
3:ボールの回転  スピン、この言葉は曲者です。スピン spinだけなら回転の意味です。
Ser_4spin_mid
 ところが日本ではスピンをかける、と言うと、トップスピン、順回転をかけることを意味することが多いです。
 スライスサービス 横回転、正確には斜め横回転。安定性が良くなります。
   主婦の方のスライスのように、入れて行くのが目的のスライスサービスから、
   トッププレーヤーの1stサ-ブ、P.サンプラスのように速くて逃げるタイプ、
  J.マッケンローのように、切れていくサービスと沢山あります。

Federer_ser2_1
  R.フェデラー選手は右サイドで逃げていくスライスサービスを良く使います。
 フラットサーブ  言葉からは回転がかかっていないようですが、それでもかなりの回転量です。
   トッププレーヤーでは磁束200キロを裕に越えますが、
 一般プレーヤーでは、高い打点で叩くサービスの感じです。

 トップスピンサーブ 順回転で、2ndサービスに良く使われます。山なりの弾道で確率が高くなります

 キックサービス   アメリカンツイストサーブとも言いますが、強烈に跳ねるサービス

 リバースサーブ  スライスの逆回転です。軟式の選手が良く使います。
  サースポーのスライスサービスの感じ

 ハーフスピン   早いトップスピンのサービスで、造語です。

 ハーフスライス  これも同じく造語です。言いたい意味は分かりますが。

今日のまとめ
1:サービスの回転を意識しよう
2:サービスは全身運動で、手打ちは×
3:M・サフィンのキックサービス。R.フェデラーのスライスサービス




|

« サービスの基本 見本となる選手 | トップページ | サービスの3要素 スピン、コース、スピード »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

コメント有り難うございます。
いろいろ言って頂いて助かります。
本人は良しと思って書いても、
読む方、見る方が分かり難くては、
ブログの意味はありませんから。
また、気づかれたらご指摘くだされば
助かります。

投稿: 月さん | 2007年5月30日 (水) 21時35分

アメリカンツイストサーブのフォロースルー良く分かりました。
R・フェデラーのサービスが安定感一杯ですね。
ところでサービスの4つの比較の画像が小さいのでもう少し大きくできるでしょうか?

投稿: サラットマフィン | 2007年5月29日 (火) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サービスの回転を知る M・サフィン:

« サービスの基本 見本となる選手 | トップページ | サービスの3要素 スピン、コース、スピード »