« テニスとスキー | トップページ | 大地を蹴る スポーツの基本 »

2007年5月11日 (金)

スポーツと足場 蹴るエネルギー

おはようございます。急に風が強くなりました。

北風です。風邪にご用心。

☆今日のお話は、良いスポーツ環境のための足場 ☆
足場が決まればよいショットが打てる

皆さんbattle of the court ご存知ですか?
芝のチャンピオン、R.フェデラーとクレーコートのチャンピオンR.ナダルが頂上対決です。
これが又面白い。
半面芝で、半面クレーコートなんです。
Battle_court_makingこれがそのコートを作っているところ

Battle_court_federer_return
どちらが勝ったかご存知ですか? この二人ですからフルセットにもつれて、結局
2-1 最後もタイブレーク12-10でR.ナダルが勝ちました。

まあエキジビションですから、二人ともそれほど意識はしていないでしょうけれど。
2つの違う足場でテニス、プロですからすぐに慣れるでしょうけれど、一般プレーヤーはそうはいきません。

皆さんはオールコート用のシューズが多いと思いますが、全てに良いと言うことは、全てに余り良くないと言うことなんです。
 是非是非、専用のシューズをご使用ください。

テニスでは足場が大事。
コートサーフェイスが違えばスポーツも違ってきます。
良い例がビーチバレー 足場の悪い中で、疲れるでしょう。

大体のスポーツ、水中の水泳、空気中のパラグライダーなどを除いて、ほとんどのスポーツが、大地、床を蹴る動作からエネルギーを貰います。
 
テニスのショットのほとんどが、大地を蹴っての反作用です。
Photo_225

芝は滑ります。ですから芝用のシューズは、スパイク状で足が止まるように工夫されています。

クレーコートシューズは、適度に滑って、止まるように工夫されています。
Wilson_s3


今度の横須賀の会長杯に出られる方、非常に上体の悪いクレーコートです。
 是非早く治して欲しいものです。

ですからなおさら、クレーコート専用シューズを履いてください。
このシューズで30%は得しますよ。
最近はオムニコート、クレーコート用は効用になっていますが、この二つ実はかなり違います。
僕はオムニコートの砂の多い時は、グリップせいの強いシューズを。
クレーコートでオムニコート用のシューズを履くと、かなり引っかかってしまいます。
ただしこれは、手入れの行き届いたクレーコート、砂の多いオムニコートでの比較です。
砂のないオムニコート、夏場のカチンカチンに固まったクレーコートはハードコートシューズで十分です。




|

« テニスとスキー | トップページ | 大地を蹴る スポーツの基本 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

スキー」カテゴリの記事

コメント

コメント有り難うございます。
僕もR.フェデラーのファンです。自分がサーブ&ボレーヤーでもありますし、
ベースラインでラリーの打ち合いは見ていても面白くありません。
でもR.ナダルとのベースライン対、ネットプレーは最高の見ものですよね。
今年のロランギャロはR.フェデラーです。
絶対に

投稿: 月さん | 2007年5月12日 (土) 12時17分

そりゃあ、R.フェデラーのファンです。華麗なプレー、落ち着いた戦略
どれをとっても世界最高ではないですか? 歴代の。
ただクレーコートに関しては、今年のロランギャロを見てください。
R.ナダルのい雪辱です。絶対に

投稿: ロジャーファン | 2007年5月11日 (金) 10時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スポーツと足場 蹴るエネルギー:

» スリム&アンチエイジング~ついに日本グランドオープン [まみとかっちゃんのラブストーリー]
永遠の美しさ、不老不死は人類の究極のテーマですね (#^.^#)なんと、ルイヴィトンMH社傘下のフォルテ・ファーマ社が開発販売する「サンテアージュ」が、日本でも爆発的な勢いで売れているらしいです!ヨーロッパで最優秀抗酸化サプリメント受賞 欧米で500万...... [続きを読む]

受信: 2007年6月 3日 (日) 08時44分

» 早大 ゆうちゃん (斉藤) シャイ 画像 [早大 ゆうちゃん (斉藤) シャイ 画像]
斎藤「わが早稲田は一生勝ち続けます」 [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 14時25分

« テニスとスキー | トップページ | 大地を蹴る スポーツの基本 »