« ロランギャロ 写真の回想 | トップページ | 動物だってストレッティング »

2007年6月16日 (土)

ストレッティングとイメージ

お勧め100冊
 質問を頂きます。
 現役のコーチ、専門学校の卒業生からの質問、悩みが多いのですが、凄くうれしいですね。

問題点、悩みを共有して、問題解決を進めましょう。

 長年コーチをしています。

 テニスはもちろん、スキー、スノーボードなど他のスポーツでも教えるコツは大体同じです。

 ただ、習う方も、教える方も、人間同士、合う、合わないはありますので、その点はご了承ください。
St_1

 もちろん、ご自分でスポーツを練習したい方にも、お役に立つ情報ばかりです。
 質問、疑問など、お気軽にお問い合わせください。
 分かる範囲でお答えします。

スポーツ上達法 超、超、基本的なことが上達の“礎”

 仕事柄、毎日のように、いろいろな方と接します。
 十人十色、どころか百人百色、それぞれいろいろな考え方があります。
St2

 僕がいつも大事にするのは、時間の使い方です。
 誰にでも同じ90分なのですが、使い方で、2倍にも、3倍にもなります。

 例えば、レッスン前の準備運動です。
 たかが準備運動されど、準備運動です。これをきちっとこなせば、良い事がたくさんあります。
  1:怪我を防ぐ
  2:身体の関節の稼動域を広げる
  3:身体の筋肉を暖めて、動く準備をする。
  4:身体の神経系をスタンバイさせる

 きちんと準備運動する人、しない人では、倍以上上達の仕方が違ってきます。
 最初の意識、モチベーションが違うんですね。

例えば、状態を捻りながらストロークのイメージをする

肘のストレッティングをしながら、バックハンドストロークのときの筋肉を感じる
St_2

こんなイメージを持つだけで、ストレッティングがさらに生きてきます。
Moon_fs_mvp


海外旅行が当たる!BIG懸賞プロジェクト!!

|

« ロランギャロ 写真の回想 | トップページ | 動物だってストレッティング »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

スキー」カテゴリの記事

スノーボード」カテゴリの記事

コメント

オーストラリアでは、
ご指摘有り難うございます。
確かに、寒い時とかは、身体を暖めてから、ストレッティングをしないと危険ですね。
自分がインドアで指導しているものですから、ついつい、良い条件だけを考えてしまいました。クールダウンもまったく同感です。
疲労物質、乳酸を、運動の後、身体にとどめないようにするためですね。
ただ現実のテニスのレッスンの中では、
お客様に、レッスンの後、クールダウンをしたほうがいいですよ、とアドバイスするのが精一杯ですね。

投稿: 月さん | 2007年6月19日 (火) 16時28分

日本の運動科学と基本的な考え方が異なるのかもしれませんが、オーストラリアでテニスのトレーニングを受けていた時ストレッチの前には必ずランニングをしていました。冷えた状態でストレッチするのは大変危険だからです。これは餅を例に考えると分かりやすいです。冷えた餅を無理に伸ばそうとすれば容易に切れてしまいます。逆に暖かい餅は柔軟性に富んで切れずに伸ばすことが出来ます。また運動後の整理体操としてストレッチをすることで筋肉内の疲労物質を追い出す効果があるとも言われているようです。以上のことを考慮すれば身体にもっとも優しい運動の順序は自ずとわかってきます。

投稿: オーストラリアでは | 2007年6月19日 (火) 08時54分

コメント有り難うございます。
フィットネスクラブでの運動ですね。
僕もフィットネスクラブに通っていました。マシンが揃っていますし、楽しいプログラムがあって、活用していました。
 今はいろいろ忙しくて時間が取れないので、休会していますが、
 お尋ねのプログラムの順番ですね。
なんと言っても
1:ストレッティングでウォームアップしていください。
2:持久力トレーニングと瞬発力トレーニングを交互に行きましょう。
 一箇所のトレーニングだけをすると、筋肉疲労が大きくなりますから。
ランニングマシンや、バイクマシンは、持久力トレーニングです。
 一方ほとんどのマシンは瞬発力トレーニングになります。
3:プログラムの前に、先生がきちんとストレッティングをすると思います。それはその種目で使う筋肉を想定した、ストレッティングですから、汗が出るくらい、しっかりこなしてください。

投稿: 月さん | 2007年6月18日 (月) 18時10分

コメント有り難うございます。ストレッティングは凄く大切です。
運動前の15分のストレッティングで、その後の運動の効果は倍増します。
体の筋肉って、少しずつ準備ををしなくては、いけないのです。
筋肉の温度を上げて、脈拍も運動に備えて少し上げます。
なんと言っても、関節の稼動粋を広くして、怪我を予防する事。
そして運動のイメージをしながら、使う筋肉の部位をゆっくりしっかりストレッティングしてください。

投稿: 月さん | 2007年6月18日 (月) 18時04分

フィットネスクラブにたまに行くのですが、マシントレーニング、ランニング/エアロバイク、ストレッチ、たまにエクササイズプログラムをしています。これらの運動には正しい順番とかはありますか?

投稿: ふぃっとねす | 2007年6月18日 (月) 09時27分

ストレッティングは毎回やっているつもりなのですが、これで十分なのか、やっている場所は有っているのか、どれくらいの時間やればよいのかは、確実では有りません。
どんなサイトで見ればよいですか。
よろしくお願いします

投稿: ストレッチャー | 2007年6月16日 (土) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストレッティングとイメージ:

» グアム [グアム子連れ旅行記]
子連れ旅行の定番、グアム。 グアムの旅行記、ホテル、お得情報などご紹介 [続きを読む]

受信: 2007年6月17日 (日) 19時25分

« ロランギャロ 写真の回想 | トップページ | 動物だってストレッティング »