« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

フェデラーが教える テニスの基本 全身運動

★☆★  R.フェデラーの教える テニスの基本 7:全身運動 ★☆★
★サービスの動き 全体像と、分解像
テニスの技
ダブルスの知恵
海外航空券ならJTB

 R.フェデラーの話から、スキー、スケボーに話が移っていました。
 テニスファンの方、お待たせを。
 R.フェデラーの教える、テニスの基本に戻ります。

今まで、掲載した、基本の再チェックをしておきましょう。
 1:過去の名選手に学ぶ 
  B.ボルグ、J.マッケンローから、プレーの幅の広さを学びました。

 2:心.技.体のメンタル.タフネス
  R.フェデラーが、テニスは、心の勝負、冷静さが大事と教えてくれました。

 3:ボールを良く見る
  誰でも、ボールを見てはいます。でもR.フェデラーのように、インパクトに視線を残せる人は少ないでしょう。
  見習って欲しいものです。

 4:打点は前
  そんな事、分かっているんですが、気がつくと、押されてしまいます。

 5:何しろ動く
  反射的に動けるかどうかです。左右に前後に振られた時に、諦めていませんか?

 6:軸がぶれない 良い打点に入っている  
  軸があるから、スウィングが安定して、ミスショットが少なくなります。視線との共通点です。
  そこで今日ご紹介するのは、全身運動です。

Rf_ser_seq_all_mid_2

 去年のAIGオープンでの画像です。MVP2000で細かく抽出しました。
 室内で暗いため、シャッタースピードが上がりませんでした。
 それで、少し画像が荒れています。

 ビデオが凄いのは、そんなこと、お構い無しにオートで画像を見せてくれる点ですね。
 画像を一つずつ出すと、これだけ荒れているんですよ。

 R.フェデラーが試合前の練習で、面白いのは、サービスの時に、必ず、フットフォールトの位置で打っていることです。
 どの選手も、きちんとベースラインを踏まないように注意しているのに、R.フェデラーはへっちゃらでフットフォールトです。

 もちろん、試合中はそんなことしませんよ。サービスの練習も、力をいれずに、本当に軽く打っています。
 ですから、皆さんの参考になるんですね。

★初中級者が手打ちになりやすい訳
 テニス、ラケット、打具、用具を使うスポーツで、初中級者の陥りやすい点が、この全身運動にならない点です。
 どうしても、ボールを、打つことに焦ってて、手打ちになってしまいます。
 脚部、脚のバネを使えないんですね。
 膝が曲がらない、低い姿勢が出来ない、と言われませんか?
 上手なプレーヤーを見ていると、皆、低い姿勢で、どっしり構えています。
 全身運動、脚部からの運動をきちんとやっているのですね。
 これは運動連鎖との関係もあります。
 全身運動、それが一番顕著に、出ているのはサービスですね。
 あの切れのよいサービスの原点は脚部の曲げ伸ばしなんです。

 これは試合中のサービスです。
 先ほどの画像よりも、脚部の曲げ伸ばしも大きく、ジャンプも大きいし、打点も前ですね。

 でも部分を出してみました。
 すると動きを断片として見ませんか?
 全体像が見えにくいのです。
 フォームが気になる方が、多い気がします。
 スポーツは、動きです、流れです。

全身運動 テニスの全身運動を逆算してみましょう。運動連鎖の逆イメージです。
 ラケットヘッドを加速する
     ↑
Rf_ser_imp_mid
 リストワークを使う
     ↑
 肘、前腕を使う
     ↑
 肩を回す
     ↑
 上体をひねり戻す
     ↑
 膝を伸ばす。大地を蹴る。遅れてラケットアップ
     ↑
トロフィーポジション 
Rf_ser_bend_mid
 膝を曲げる。 上体を捻る ラケットダウン
     ↑
Rf_ser_tposition_mid
 腰を捻る トスアップで腕を伸ばす 同時にラケットアップ
     ↑
 ラケットを引く 体重を前足から、後ろ足へ

 こうやって、逆算してみると、動きを整理することが出来ます。
 イメージがきちんとできれば、ビデオの巻き戻しのように、前後の動きを取り出すことが出来ます。
 もう一度最初のサービスの全体像をイメージトレーニングしてください。
 頭の中に焼き付けましょう

レッスンドリルの紹介
 本日のレッスンメニュー
レンタルサーバーLaCoocan

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

スキーのトレーニング 上達

スキー上達のヒント
スキーのメンタル
 
スキーの雑学 面白技術



 
 スケボーはスキーにも、スノーボードにも良し!

 先回のスケボーとアラスカの写真、好評だったので、調子に乗ってもう少し
Powder1_mid
 志賀高原石の湯パラレルスキー学校の当時のパウダーを滑る僕。
 校長の平沢さん(オリンピック選手平沢学選手のお父さん)がパウダーの名手で、見て覚えました。

 平沢校長には、アラスカ、ニュージーランド、立山と、映画、雑誌の撮影で本当にお世話になりました。
 今はよませパラレルスキースクールです。
 
 スキーのオフトレは、雪がないと難しいと思う方が、多いようです。
 でも、僕は、グラススキー、ターフスキー、ウィールスキー(ミシュランの自転車用のタイヤを使った特殊スキー、今度紹介します)といろいろやりました。

Skateboard_short_mid
 スケボーは、アメリカの雑誌で知り、友人を通して、取り寄せました。
 そして雑誌スキーヤーに、スケボーを利用した、スキー上達法で、初めて雑誌デビューです。
 その時は、造成地の舗装道路に、スラロームの旗を立てて、滑りました。
 今だったら、車に轢かれていますね。

 また昔の実家の庭が広かったので、土の上に旧い毛布を引いて、その上で、
 旧いスキーを履いて、ドッタンタバッタン、スラロームフットワークの練習をしました。
 これでスラロームフットワークはかなり上手くなりましたよ。
 それとチップロールも練習しました。
 今考えたら、土の上でのチップロールは危険でしたね。

 若気の至りでした。若気といえば、若い頃は毛がふさふさですが、今は寂しい限りです。
Mid
 八丈島の第一ホテルで夏場は、志賀高原石の湯パラレルスキー学校のコーチ仲間とバンドをやっていました。
 夏冬、こうやって稼いでいたのは、僕らだけでしょうね。
 本当に楽しかったですよ。
 中央の背が高い彼は、高橋君で、今では、SIAのデモンストレーターも経験して、丸沼高原プロスキースクールの校長です。
 彼のペンション330では、ピアノ、ドラム、ギター、ベースと全部揃っていて、音楽とスキー、スノーボードが好きなら、本当に楽しいところですよ。
 丸沼高原プロスキースクール



最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
次の配信をお楽しみに!

| | コメント (7) | トラックバック (3)

2007年10月27日 (土)

スケボーでスキーのオフトレ

スキーシーズン 直前 オフトレ大丈夫ですか?
テニス スキー上達日誌

スキー ビデオ 猪苗代スキー場
 
スキーのメンタル
 
おはようございます。今朝は全国的に大雨ですね。
北国では雪になっているかな。
さあ、僕もスキー、スノーボードの準備万端です。
スキー、ボードを奥から引っ張り出して、埃を落としてエッジを磨いで、準備万端にしないと。
無料で写真を美しく補正・加工、そのままご自宅のプリンタで色鮮やかに出力できます。

 家の近くにアウトレットのショップがあります。
 冬物も揃っていますね。
 スキーに行く時に、車だと余りお洒落に気を使いませんが、
 最近は車中で食べる駅弁、ビールが楽しみで、いつも新幹線です。
 最近はスノーウエアもお洒落ですね。
 モンベル、ティンバーランド、コロンビアとアウターウエアは。多少高いですけれど、羽毛で、暖かく、丈夫で長持ち
Mid
 特に、ゴアテックス。体内の蒸気を逃がしてくれるから、快適
 快適といえば、デサント、
 僕の妹が勤めていたのと、志賀高原石の湯パラレルスキー学校の時に
Mid_2
 平沢さんが契約していた関係で、ウエアを着ていました。
 アラスカ遠征の時の、かわいいワンちゃんと僕
 超、急斜面を滑る僕
Lesson_ski_mid
 そしてモノクロですが、スキースクールのユニフォームです。
 今でこそ、ワンピースは当たり前ですが、当時は画期的
 でもレッスン途中での、トイレには困りましたが。(-.-)y-~~~

 僕が今やっているスキー、スノーボード用のトレーニングはスケボー
 これ最高。
Skateboard_long_turn_mid
 近くのグリーンベルトは舗装路が坂道になっているので、登りはトレーニング、下りは滑りの練習です。
 僕はスケボー歴30年ですよ。
 スキー雑誌にスケボーを紹介したんです。 あの頃は若かった。君もネ

 お子さんをスノーボードデビューさせたい方、 
 ぜひスケボーをやらせてください。
 その時は、絶対に、ヘルメット、膝パット、着用。
 それでお父さんがいつも手を引いてあげて引っ張ってください。
 少しずつ、慣れさせましょう。


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
次の配信をお楽しみに!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

タイガーウッズとフェデラー


★☆★ フェデラーとタイガーウッズの共通点 ★☆★


テニス スキー上達com 楽しいよ

☆ 今日のテーマは全身運動です。
 テニス、ラケットを使いますから、ラケットワークが大事。
 もちろんそうなんですが、テニスの前にスポーツ、全身運動としてテニスをとらえてください。

☆ 運動連鎖を使おう
Ser_kinetic_chain
 ラケットヘッドを走らせるためには、運動連鎖を使います。
 運動連鎖、キネチックチェーンと言いますが、その起点は、どこでしょうか。
 大地を蹴る、足、脚部にあります。

Rf_fs_tspin_ancle_mid
 R.フェデラーのショットを見てください、
 必ず脚から動きに入っています。
 もちろん、ボールに追いつくためのフットワークは基本ですが、
 打点に入ったら、ステップイン 
 脚部の曲げ伸ばし、トップスピンは伸びながら、スライスは曲げながら打ちます。

 運動連鎖は、3段ロケットが打ち出されるように、最初の動きが、少しずつチェーンのように、つながって、
 結果的に、ラケットヘッドのスウィングスピードをあげる、ものです。
 最初の動きは地味ですが、非常に大切です。それが脚部の曲げ伸ばしなんです。
 運動連鎖の材料は僕の好きなT.ヘンマンのサービスです。
 サービスの分解イラストと、運動連鎖の部位を重ね合わせてください。

 R.フェデラーのフォアハンドストロークの分解写真を作っていましたら、あれっ? これって、誰かに似ているな。 
 そうです、ゴルフ、のプロが打つ時の、スウィングプレーンそのままです。
 そこでどうせゴルフなら、タイガーウッズを、探してありました。
 両方紹介します。
 二人の共通点を整理しましょう。
Tiger_driver_seq_mid
  1:軸がぶれない
  2:目線がボールに、インパクトではしっかり見ている
  3:体重移動がスムーズ
  4:コンパクトなフォーム
  5:スウィングプレーンが安定
  6:結果的に後ろ足の踵が上がるが、つま先は残っている
 ねえつ、凄く似ているでしょう。
パソコン使うならコレだね!

テニス徒然草 テニスの川柳が一杯
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

フェデラーが教えるテニスの基本

★☆★ テニス上達のコツ ★☆★
テニス スキー
★月々263円からオンラインショップを運営!

高機能カート・クレジット決済が簡単導入

 R.フェデラーが教えてくれた,テニスの基本 少しずつR.フェデラー選手の良いところを紹介しています。
 少しずつでも、良いところがたくさん有りすぎるので、一回整理しておきましょう。
Mid

 R.フェデラーを一言で言うと、柔良く、剛を制す、でしょう。
 今年のグラウンドストロークのオーストラリアンオープン
 超、強打、豪打のF.ゴンザレスとの一戦がそれを示しています

前に紹介した点は、
Rfser_hi_imp_mid
 1:過去の名選手から学ぶ  B.ボルグ、J.マッケンロー
  いろいろなプレースタイルがあります。
  皆さんのプレースタイルはどれでしょうか?
 2:心.技.体のメンタル.タフネス
  テニスとなると、身体と技術と思う方が多いようです。
  まず心です。
 3:ボールを良く見る
 watch the ball! 見ているようで、見ていないのがボール
 打つ直前に、コースが気になり、目から離れてしまいます。
 視線をインパクトに残しましょう
 4:打点は前
 振り遅れ、厳禁、そのためにはスプリットステップを早めに取ることです
 5:何しろ動く
 ボールを追いかける、それを返す、そんな単純なスポーツがテニス
 追いかけるのを放棄したら、
 6:軸がぶれない 良い打点に入っている
 ラケットをスウィングします。
 スウィングには軸が必要です。
  今日は、今までのおさらいを、しておきましょう。

 どれもこれも、重要です。
 それでいて、言うは易く、行なうは難しい、ことが多いですね。
 基本練習をみっちりこなしてきたから出来ることです。
Rf_ser_mid

 槍投げの選手を教えていました。サービス美しくて、見事です。
 大阪の世界陸上でも見ていましたが、共通点が多いですね。

 練習する前には、ストレッティングを十分に行ってください。
 その目的は、
  1:身体を温めて、運動、気持ちの準備をする
  2:柔軟性を高め、怪我をしにくい身体を準備する
  3:頭の中でイメージを作り、練習の効果を上げる
  4:ストレッティングする部位の筋肉が伸びるのを感じてください。

 スポーツに限らず、練習をサボらない。そのために楽しく
 自分で考える。自分で納得して行動。
 栄養、運動、休養のバランスが重要です。

 今年のAIGオープン、過労で欠場しましたが、
 あれだけたくさん試合に出て、しかも優勝していますから、
 初戦から決勝まで、勝ち続けますから、1週間はかかるでしょう。
 これは慢性疲労になります。
 テニスに夢中で、土日しかできないからと、やり過ぎると、疲労がたまりますよ。
 ご用心
 今頃は、マスターズカップに向けて調整中でしょう。
 さあ、皆さんも秋の試合に向けて、心と身体の準備をしましょう。

 コートに立つ時間がないですって?
 ご心配なく、部屋の中でも、ラケッティングでタッチを復習しておけば十分に練習になりますよ。
メンタル.タフネス
 

レッスンドリルの紹介
 

本日のレッスンメニュー
カラダの内側から自信を取り戻すヒト成長ホルモン・ドクターズサプリメント


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

フェデラーが教える テニスの基本

★☆★ 軸がぶれない ★☆★
スポーツ用品


 先回は、ボールを反射的に追いかける、そんなこと書きました。
 ジュニアのれレッスンで、ダブルスの丈夫な子は、野球の内野、サッカーでディフェンスをやっている子達ですね。
Federer_fs_run
 テニスは経験が浅くても、彼らはボールに反応して、凄いのは、後ろにいたらカバーに入れます。
 野球や、サッカー団体スポーツの影響ですね。
 この子達を教えるのは楽です。ボールを楽しそうに追いかけてくれますから。
 その子たちは、結果的にボールを打つ打点にキチンとは入れます。
6:軸がぶれない 良い打点に入っている
Federer_fv3
 そこでR.フェデラーの今回の特集です。
 彼のショット、安定性はどこから来るのでしょうか?
上手いといってしまえば一言ですが、並々ならぬ努力から生まれたものです。
その証拠に、2,3年前までは、左右に振られると、特にバックハンドでは苦しくて、スライスで逃げるショットも多用していました。
 今は楽に追いついて、バックハンドも基本的にはトップスピンでハードヒット、余裕があればショートクロス、そして意識的に速さ、弾道、弾みをコントロールした、7種類と追われているスライスを武器に使います。
Rfederer_strtch
 今までは逃げて、つないでいたスライスを、意識的に攻撃に使っているんですね。
 そんなR.フェデラーの軸がぶれない、ストローク、のショットをご覧ください。
 良いイメージトレーニングになるはずです。

給料日前の強力助っ人!カードローンを価格.comで徹底比較!

次の配信をお楽しみに!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

フェデラーが教えるテニスの基本

☆上手い下手の差は
テニス スキー
テニス徒然草



 上手い下手の差はどこから来るのでしょうか
Federer_ser05_good
 それは動きのほとんどが無意識の動作になっていることです。
 例えば、相手が打つ時に、スプリットステップをしなくては、早くラケットを引いて、
 なんて考えていると、動作は遅くなり、振り遅れてしまうのです。
 優秀なスポーツ選手は、皆、動作の無意識化ができています。

通常のスポーツの動作では
Federe_fs_super_reach
 ボールを見る→情報を掴む →大脳に送る → 指令が来る→動く  こうなりますが。
 無意識化が進むと
 ボールを見る→錐体外路で処理をして→筋肉が反射する

 神経経路で次官の短縮化が行われ、すばやく動くことが出来るのです。
 それらの動きを触発するのが、スプリットステップなんです。
 
 ただし、スプリットステップが意識的に、「さあ、スプリットステップしよう」では、
 次の動作が反射的には出てこないんです。

☆体の自然な反応に任せる。 
Federer_bs_ap
 そのためには、全てのボールを、追いかけようとすること。
 フリスビーを追いかける犬のように、純粋に、動くことなんです。

 このボールを追いかけることって、テニスに限らず、ほかのスポーツでも基本です。
 自然にボールに反応する。
 最初から、「取れない」と見送る事は簡単です。
 でも何とか、動いているうちに、取れるようになってきます。

 ボレーボールの大松監督が、回転レシーブを考えた時も、
 選手は、「そんなこと絶対に出来ない」と思っていたそうです。
 でもボールを追いかけているうちに、だんだん取れてくる。
 そしてバレーボールの全盛時代を築いたのです。

 皆さんも動いてみましょう。
 動けばなんとかなります。テニスではまずスプリットステップから

面白真面目ブログ もよろしくお願いします
ハレイワスーパーマーケット

 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
 次の配信をお楽しみに!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

フェデラーに学ぶテニスの基本

★☆★ R.フェデラーが教えてくれる テニスの基本 ★☆★

テニスの日誌
テニスの技
ダブルスの知恵
メンタル.タフネス
 
格安から5ツ星ホテルまで!JTBの海外ホテル検索&予約

 今日のポイント
Federer_fs_ft1_relax
  1:スプリットステップ 
  2:ボールを良く見る
  3:打点は前

 今までで、R.フェデラーの
  心の強さ
  ボールを良く見るについて書きました。
  今日はその続きです。
 そうしても一つ、打点は身体の前で取る。 これを覚えてください

☆ボールを良く見る 理由
Federer_fs_imp3
 ボールを良く見る理由は他にもあります。
 フォアハンドストロークとイメージしてください。
 インパクトで目線を残そうとすれば、顔が残りスウィングする手の方向と逆になります。
 これが実は、反射を利用している、スウィングスピードを上げるコツなのです。

☆ボールを良く見る、これはどの時点で始まっているのでしょうか。
それは相手が打つラケット面を見ることから始まります。
ここには、相手の打つボール、こちらに飛来してくるボールの情報のすべて、DNAが入っています。
スピード、角度、回転量、  その結果、こちらのコートのどこを狙って、どんな球種で飛んでくるかが分かります。
R.フェデラー選手がボールを見ることをしながら同時にしていることがあります。
それはスプリットステップです。ボールを見ながらスプリットステップ、これを同時に、しかも無意識にやっています。

☆ 打点を前で取る
トッププレーヤーはまず振り遅れることはありません。
 スプリットステップでタイミングをきちんととっているからです。
 打点を前に、コーチが口を酸っぱくして言いますよね。でもどうしても振り遅れる。そんなもんです。
 自分で積極的にタイミングを前に取らないと難しいでしょう。

Rf_b_vo_imp
 R.フェデラーが凄いのは、ボレーの打点です、スプリットステップをして、しかも前で取ります。
Rf_f_vo_imp
 ストロークの時よりも、さらに、早いタイミングでスプリットステップをする必要があります。
 そうなんです、なにがなんでもスプリットステップ、困った時のスプリットステップなんですよ。
うまいっ酢

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

フェデラーのボールの見方を真似よう

★☆★ R.フェデラーの教えるテニスの基本 ★☆★
200人分の汗臭も5分で消臭

 初級者も上級者も変わらないもの、それがテニスの基本です。

 先回紹介した、スプリットステップ これが無意識にできることで、実力は倍に上がります。

 今日の基本メニューはボールを良く見る こんな簡単なことです。

Federer_bs_hiball
 R.フェデラーが他のトッププレーヤーよりも、必ずやっていることそれは
 ボールを良く見る、このことに尽きます。
 他のどんなプレーヤーよりも、確実に目線をインパクトに残しています

Federer_bs_watch2
 ボールを良く見る、口で言うのは簡単ですが、
 緊張した試合の場面で、正確に確実に行うことは、こんなに難しいことはない。

Federer_fs_watch3
 彼のインパクトの写真を見ると、どれもが、必ずボールを目線が捕らえている。
 ストローク、ボレー、サービス、どの場面を切り取っても、ボールを見ている。

 皆さんは、そこまでボールを見ていたら、相手の動きが分からないのではないか?
 そう、思うに違いない。

 実は大丈夫なのです。
 インパクトでボールを見ても、近視野に視線が合っても、遠く見えます。
 周辺視野は見えるのです。

 ところが、目線が遠くを追っていると、近くが見えません。
 そうなんです、ボールをしっかり見ていても、遠くの動きは分かるのです。

 サービスの時に、R.フェデラーの凄さが発揮されます。
Federer_ser2
 相手はR.フェデラーのサービスのコースを先読みして動こうと身体を少し動かします。
 この時にR.フェデラーの目線はボールにありますが、
 相手の動きを周辺視野できちんととらえています。
 それでさり気なく、コースを変えて軽々とエースなんです。

テニス スキー
 もよろしく


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2007年10月19日 (金)

フェデラーの基本 スプリット

フェデラーが教えるテニスの基本
ゲームクリアで当選権ゲット!欲しい賞品を狙って狙って~~

テニス スキー

Mc_fs1
 第1回で過去の名選手B.ボルグ、J.マッケンローを挙げて比較した。
 これは機会を見て、伝説的なチャンピオン達とR.フェデラーと比較していきたい。

 先回は、心.技.体のバランス感覚がよく、特に心の部分、感情で技と、身体が左右されない強さを解説した。

 今回から、動きの基本に入る。
 テニスの動きの基本というと、皆さんは、何を創造するだろうか。
 きっと、ストローク、ボレー、などのショットを挙げると思う。

 テニスの基本は、ほかのスポーツとの接点でもある、もっと深いところにある。
 そこを理解できたら、皆さんのテニス力は大幅にアップする。
 地味で誰でも実行できそうな事、しかし、試合でも実行するのは、相当な強い意思と訓練が必要だ。

Hingis_fs_topspin
 R.フェデラーと同じような真のオールラウンダーを上げろと言われた、M.ヒンギスだろう。
 M.ヒンギスが先にデビューしているし、同じスイスというのが面白い。
 彼女も、パワープレーヤー全盛の中にあって、戦略とテクニックでかわす選手。
 R.フェデラーにはプラスに、飛び切りの反射神経と、体力も備わっている。

 スイスはスキーくらいしかスポーツはとりえがなかったが、最近、サッカー、テニスと実力を挙げている。
 元から、体格的には恵まれているし、スポーツに有利なのと、自分の国は自分で守るという、永世中立個々で、 そのために自衛の軍隊を持ち、徴兵制度がある。
 だから男性は、体力的には基準より高いはずだ。

 センスばかり光るR.フェデラーだが、彼が必ずボールを打つ前に実行していることがある。
Rf_bs_step_mid

 それはスプリットステップ。
Rf_sstep_vo_low
 ボールを打ったらスプリットステップ
 相手が打ったらスプリットステップ、
 何がなくともスプリットステップ
 それくらいスプリットステップが平常に行われている。

スプリットステップの効用 それは
Rp1
 1:自分の次の動きを反射的に早くする
 2:相手のボールにタイミングを合わせることができる
 3:ラリーの流れを毎回自分のタイミングに切り替えることができる
 以上3点が、挙げられる。

 スプリットステップ、最初は、相手が打ったらジャンプしなくては、と意識してから動く
 これではタイミングが遅れる
 相手が打ったら、無意識にスプリットステップ
 この状態になれば、動くは滑らかに流れるようになる。
はじめてのお借り入れなら、30日間無利息!

テニス徒然草
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

テニスは人間性のスポーツだ

フェデラーが教えてくれるテニスの基本
海外航空券ならJTB


 人間的な基本

 R.フェデラーは紳士で、人間味溢れ、努力をして、成長する姿を我々に示してくれる。
 そんなR.フェデラーを師として、モデルとして、テニスの基本を紐解いてみよう。
 そんな企画だ。

 R.フェデラーの良い所取り、そう考えて欲しい。
 テニスの歴史をさかのぼっても、現在のチャンピオン、R.フェデラーは最も基本に忠実で、偉大なプレーヤーということが出来る。
Mackenroe

 過去のチャンピオン、英雄がたくさんいるが、誰もが、個性的、特徴がある。
 技術は、もちろん申し分ないが、メンタル.タフネスについてははっきりと分かれる
 K.ローズウォール    冷静な戦略家
 B.ボルグ        若い頃は感情が出たが、クールな試合運びでJ.マッケンローと見事な対比を
 J.マッケンロー     繊細なタッチショットと裏腹に、感情を表に出して、自分をコントロールできる、天才
 M.ナブラチロバ 積極的なネットプレーヤー、プレーが攻撃的なゆえに、感情を出すことが多かったが、ここ最近は、かなり落ち着いている。
Photo_3

 比べてみても、R.フェデラーはメンタル.タフネスでもオールラウンドと言える。
Photo_5

 R.フェデラーはテニスの楽しさ、醍醐味、スポーツとしてのテニスを見せてくれる。
 審判にクレームをつけることなく、淡々とプレー、終わったら、相手と笑顔で握手できる。
 そんな爽やかさを、日本のジュニアは見習って欲しい。
 テニスの王子様の越前リョーマもテニスの人気を高めてくれたけれど、
 漫画の中の試合は、おどろおどろして、爽やかさが全くない。
 テニスはもっと気持ちの良いスポーツだ。
 それをR.フェデラーは身をもって教えてくれる。

R.フェデラーの言いたいテニスの基本
Rf_ser
 1:いつも落ち着いて、呼吸を整え
   B.ボルグに似ている
 2: あらゆる相手を想定して、オールラウンドに技を磨く  
   かつてのP.サンプラスがそう
 3:瞬発力、持久力を相手よりも高める 
   この点ではR.ナダル、N.ジョコビッチもかなり追いついている

 特にいつも冷静さを失わない、メンタル.タフネスがベースにある。
 大体のプレーヤーが、身体の上に技を乗せ、くっつけたように心で支えている。だから心が弱い。
 しかしR.フェデラーは強靭な心をコアとして、身体能力を高め、技で武装している。

テニス スキー
テニス徒然草
ターボジャム

 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
 次の配信をお楽しみに!

| | コメント (1) | トラックバック (4)

2007年10月17日 (水)

ボルグ マッケンローに学ぶ基本

★☆★ マッケンロー ボルグに見るテニスの基本 ★☆★
格安から5ツ星ホテルまで!JTBの海外ホテル検索&予約

 R.フェデラーと J.マッケンロー B.ボルグを比較する
 今回からこのテニス フィーリング R.フェデラー選手を見本に、皆さんのテニスが上達する方法を提案したい。
 R.フェデラーは強すぎて、見本にならないと思うかもしれない。
 確かに、スーパーテニスプレーヤー。センスは良過ぎるし、動きも素早い。
 でもテニスの基本の部分では、皆さんが参考にできる部分が一杯ある。
 特に、基本的な動きは流れるようにスムーズで、すばらしい。

J.マッケンロー、B.ボルグとの比較
Jm_bs_slice_mid
 テニスの歴史をさかのぼっても、現在のチャンピオン、R.フェデラーは最も基本に忠実で、偉大なプレーヤーということが出来る。
 過去のチャンピオン、英雄がたくさんいるが、誰もが、個性的、特徴がある。
 そんなチャンピオンの中でJ.マッケンローとB.ボルグ選手の思い出を語りながら、R.フェデラー選手と比較をしてみたい。

 まずJ.マッケンロー選手
Jm_ser
 メンタルの面では特殊
 一見マナーが悪い(実際に悪いb=(^-^)=d)ように振る舞い、ゲームの流れを自分のほうに引き寄せる達人。
 技術的には超クローズドスタンスから繰り出される、切れ切れのスライスサービスを軸に、サーブ&ボレーに打って出る。
 ネットプレーは超ソフト、タッチショットの天才といわれた。

対抗するB.ボルグ選手
Bb_bs_both_imp
 長髪にヘアバンド フィラのウエアを身にまとい、黒い両手打ち用のロンググリップしようDonnay.
 僕はテニスを始めたころ、友人の家に泊まったときにウィンブルドンの二人の死闘を見た。
 感激した。
Bb_bs_tspin

 そして全てを真似しようと思った。
 フィラのウエアを買い(超高かったが、当時妹がデサントに勤めていて、社内バーゲンを漁ってウエアを揃えた)。
 Donnayのラケットを買い、ストリングスもナチュラルガットで80LB(ポンド)に挑戦したが、ボールがまったく飛ばなかった。
 慌てて、J.マッケンローの方の35LBに変えた。
 その時にテンションが低いと、ボレーが何と無く楽。
 そんな感じを持った。

 R.フェデラー選手はJ.マッケンロー並みのスライスサービスを打つ。しかもネットプレーは引けをとらない。
 J.マッケンローが無造作にプレーするが、R.フェデラーは丁寧にショットを組み立てる。
 丁寧さでR.フェデラーかな?

 B.ボルグ選手は両手打ち。だから比較は、と思うかもしれないが、B.ボルグの両手打ちのよい点は、フォロースルーで左手を離し、片手になること。
Bb_fs_tspin

 そのために、片手でのボレーも上手いし、サービスも良かった。
 両手打ちは今でこそ一般的だが、当時はかなりの少数派。
 しかしB.ボルグの登場で一気に広まった。
 ショートクロスの上手さは、R.フェデラーも双璧。
 最後のリストワークがよっぽど柔らかいのだろう。
 ネットに詰めた相手は、ダウンザラインか、ショートクロスか読みきれないでいる内に、ボールが抜けていく。
 そんなシーンを二人にはよく目にした。

 今回参考にした資料は、僕の愛読書アーサーアッシュ監修 本条強 著作 田沼武雄さんの写真の文庫本
 ザ、チャンピオン、テニス
 B.ボルグとJ.マッケンローのウィンブルドン死闘。ビデオがありますよ。
 月さん まで
 テニス スキー
 テニス徒然草もよろしく
初めてなら 安心の銀行カードローン

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

リターンからの攻撃 フェレールの戦略

★☆★ リターンゲームの戦略 ★☆★
テニス スキー
テニス徒然草 もよろしく
スポーツ用品

☆シングルスではサービスキープが重要です。
 そのことは逆に、どうやって相手のサービスゲームを崩すかにあります。
 AIGオープンでのD.フェレールは対R.ガスケの決勝で見事にそのやり方を示してくれました。

 D.フェレールの良さばっかり書いていますが、それだけ本当に素晴らしい選手ですね。
  ボールへの集中力     トッププレーヤーに共通ですが
  最後まで諦めないガッツ  M.チャンに似ています
  テンポの良い試合運び   ダラダラしていません。キビキビ感がいいですね。

☆今日は、特にリターンゲームでのボールの作り方を紹介しましょう
リターンゲームにはいろいろな方法があります。
凄いファーストサーブが着たら仕方がないですが、2ndサービスからは攻撃を考えましょう
アガシ風の相手を左右に動かして、自分は平然とエースを狙う。
これがD.フェレール風です

 最近のトッププレーヤーの戦いでは甘い2ndサービスは思い切り叩かれて、エースを奪われてしまいます。
 この二人もそうですが、特にD.フェレールは良かったですね。
 サービスを打つR.ガスケにはかなりのプレッシャーになったはずです。
Df_ret_line_mid

 R.ガスケの甘い2ndサービスがセンターに
 D.フェレール迷わずフォアに回り込で、ダウンザライン逆クロス気味ですが、にエースです。

 次は相手を左右に動かす、基本中の基本の作戦です。
 シングルスでは、基本的に作戦は4つあります。
 1, 2は皆さんも使えます。
 3は少し余裕がないと難しい。
 4は超トッププレーヤー向けですから、見て参考にするだけに留めてください。

 ☆★シングルス必勝パターン
  1:相手の苦手を攻める。 一般プレーヤーではバック
  2:左右に振って動かして消耗させ、自分は楽をする  A.アガシがそう
  3:相手を動かして、逆を突く
  4:相手に振らせて、得意のフォアで逆襲する
   R.フェデラー、R.ナダル、P.サンプラスなど超トッププレーヤーが得意。
 皆さんは相手の得意に打った場面で逆襲でおしまい、ですからくれぐれもやらないように。
Df_lr_mid

 さて有明でのD.フェレールがR.ガスケを左右に振って、
Df_fs_mid
 最後はフォアに回り込んで逆クロスのウィナーを奪った場面です。

 ここまで左右に振られたら、いくらトッププレーヤーでも厳しいですね。
 こんな場面をD.フェレールは何事もなかったかのように、何回も作り出していました。

 作、ならびに演出、主演D.フェレール、そんな感じです。
 R.ガスケは良い相手役となってしまいました。
日常生活用サポーター

 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月12日 (金)

シングルスの戦略 サービス

★☆★ AIGオープンで見せたD.フェレールのシングルス勝利の戦術 ★☆★
テニス スキー
素材タイプ: テキスト キャリア査定
キャリア査定

 D.フェレールのAIGオープンで見せた、これぞ、シングルスの戦略をご覧に入れよう。
 使ったソフトは日本ナレッジのMVP2000
 ビデオから、そのまま動画解析ができる優れものだ。

今回はサービスエースのコースを弾道で紹介しよう
テニス情報日誌

 D.フェレールはリターンゲームでその凄さが目立つが、今回はサービスゲームも絶好調。
 身長も175cmと全く日本人と変わらない。
そこからサービスエースをとれる秘密は何か。

Df_ser_ace_wide_mid
 写真はサービスエースのボールの弾道を追ったもの
 ワイドに得意のスライスサービスが切れていく

まずサービスのテンポが良い。
 逆の例で悪い例はN.ジョコビッチ、
 何しろサービスを打つまでに25回くらい弾ませる。
 テンポが悪く相手がいらいらする(良い作戦かも)

次は、打つコースを最初から決めていて迷いがない
 普通の選手は、相手の立つ位置など見て、確かめてからサービスに入るが、
 D.フェレールのサービス動作に入るタイミングの早いこと。
 これでリズムが出来る。
クイックで打つので、相手がタイミングをとりにくい
そして浅いリターンでは、すぐにアプローチショットで前に詰める準備が出来てる。
それを考えると、相手にはプレッシャーがかかる。

Df_ser_ace_center_mid
 そしてこれは、センターに打ったエース。
時速はそれほど速くないが、コースが正確なので、らくらくエースとなる。
シングルスをする皆さん、ぜひこのセンターのエースを狙えるように練習してください。
特に右サイドでは、リターンがバックになるので効果的ですよ。

ダブルスの陣形を知りたい方は

競輪

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

フットワークの基本 スプリットステップ

★☆★ AIGオープンで見せたD.フェレールのスーパーフットワーク ★☆★
お勧め100冊

D.フェレールの凄さはどこにあるのだろうか。
AIGオープンで、その凄さを見せてくれたD.フェレール。
身長175cm、体重72kgなので日本人のスポーツマンの標準体型 ランキング世界8位
D.フェレールの個人的プロフィール 
R.ガスケの個人的プロフィール 
 身長185cm 体重75kgで欧米人のスポーツマン標準体型
ランキング世界14位

D.フェレール、彼の試合勘の良さはどこにあるのだろうか?
先のUSオープンでは、ATPツアーレシーブ部門でトップを争っているR.ナダルを下した。
リターンゲーム、ストローク戦での素晴らしい攻撃マインドにある。
その原動力がフットワーク、特に左右に振られたときの戻りの動作、スプリットステップヲキチっとやっているところだ。
 AIGオープン、R.ガスケとの決勝は、かなりの接戦を予想された。
 しかし蓋を開ければ、R.ガスケ有利と見られたサービスゲームでも、得意のリターンから攻撃に移って、R.ガスケにペースを全く与えなかった。

まず、二人の動きを図で示そう。
Dfvsrg_move_line_2

 ボールの行方と前に詰めるR.ガスケ、
 左右に振らながらも、きちんと戻り、
 パッシングショットを決めるD.フェレール
 このことがハッキリと見える


写真でシーンを切り出した
Dfpassing_mid_2

 このシーンでは、左サイドからのR.ガスケのサービスで始まった。
 ワイドに深く良いサービスが入る。
 振り遅れ気味で、D.フェレールのリターンがダウンザラインに少し浅く返る。
 1:それを判断したR.ガスケは一度ボールを引きつけ、D.フェレールをレディポジションにまで戻し、それを見過ごして、もう一度ダウンザラインにアプローチショットで前に詰める。
 2:センターに戻りかけていたD.フェレール、判断力すばやく、相手が逆を突くのを察知、
 小さなスプリットステップですぐに戻る。
 3:ボールに追いつき、R.ガスケの位置を見極め、
4:クロスに深くトップスピンのパッシングショット。これが見事に抜ける。

 R.ガスケに落ち度はなく、完璧な攻撃なはずだった。
 ところがD.フェレールのすばしこいフットワーク
 特に逆を突かれた時の、瞬時の戻りと
 相手を十分に引き付けて、動きを止めてからの、早いパッシングショット
 このボールの速さでは、さすがのR.ガスケも、長身のラケットが届かなかった。
 試合前、「ネットに詰めて勝負する」と言っていた、R.ガスケだが、
 ゲーム最初の数本のパッシングショットが見事なエースとなり、それ以降、前に出ようと言う意欲をD.フェレールに封じ込められてしまった。

 今日の御教訓
1:リターンゲームも攻撃マインド
2:フットワークを鍛えよう、特に逆を突かれた時の練習を
3:パッシングショットは相手を十分に引きつけ、動きを止めてから



次の配信をお楽しみに!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

AIGオープン D.フェレールの技術 戦略

★☆★ 男子決勝 D.フェレール 対R.ガスケ ★☆★
 D.フェレールの圧勝 


勝因は、脚、粘り、戦略
R.フェデラーの代理出場で、本人も、ここのコートはボールが速くて優勝は無理だろう、
そんな謙虚な発言をしていたが、
終わってみれば、6-1,6-2の圧勝。

好調の秘訣はコーチの存在、とフェレールは明かす。
「コーチのハビエル・ピレスは僕が16、17歳のときから一緒にいる。
彼はテニスだけではなく人生のいろいろなことを教えてくれた。
僕にとっては第二の父親のような存在だよ」。
 これだけ余裕のあるコメント、語り口も大人だった。

 僕の予想では、二人の対戦では、長身のR.ガスケがサービスゲームで押して、D.フェレールがリターンでどう攻撃を組み立てるかに、注目していた。
 しかしD.フェレールのサービスゲームでも、相手の逆を突くサービスで楽々とエースを奪っていた。
 素晴らしいのがラリー戦になった時の、強さ。
 相手を左右に振り、逆を突き、R.ガスケもフォアは強いのは分かっているから、バックを付くが、そこを待ってましたとばかりに、エースを奪う。
Df_fs_winner1_mid
 MVP2000で動画解析をしたボールの弾道を見て欲しい。

 これだけ左右に振られたら、さすがのR.ガスケもボールを追えない。

☆★ 押し込まれてもバックハンドは強い ★☆
バックハンドの軸の安定性
しっかり曲がった膝 参考にして欲しいですね
Df_bs_crosspass1
 バックハンドにしても、かなり深く追い込まれても、
写真のようにしっかり膝を曲げ、ボールを十分に呼び込んでクロスに、
Df_bs_crosspass2
しかもショートクロスでエースを奪っている。

テニスの技術、AIGオープンの結果などは月さんのホームページをご覧ください
テニスの日誌
テニスの技術



最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
次もD.フェレールの技術を解説します。
乞う! ご期待!!

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2007年10月 7日 (日)

ウィリアムス サービス スプリットステップ

★☆★ V.ウィリアムスのサービスを観察 ★☆★
テニス スキー


V.ウィリアムス選手は残念ながらラザーロ選手の粘りに屈して、
負けたが、そのサービスには、随所によいところも見せてくれた。
Vw_serace_r_mid
 準々決勝、A.モリク選手のとシーンから、V.ウィリアムスのサービス
 A.モリクのシーンから、スプリットステップのタイミングを解説しよう
1:V.ウィリアムスのサービス
Vw_ser_imp_mid
 速いので、単純なワイドのコースがエースになる。
 女子のサービスではエースは、そう多くはない。
 しかしV.ウィリアムスはここぞと言うときに、いつでもエースを取ってくる。
 それは最速200キロを越すサービス力があるからだ。
 この速さで打たれたら、リターンするまでに0.5秒少しで、予測して先に動かないと、触れない。
 これがその時にV.ウィリアムスのインパクト。非常に高いのがよく分かる

 さて、A.モリク選手も対等に戦った。
 その原動力が、積極的なリターンだ。
 スプリットステップでタイミングを合わせるのがすばらしい
Am_sstep_mid
 お互いに2ndサービスはリターン側が叩くので、かなりのプレッシャーになったはず。
 皆さんにお伝えしたいのは、いつスプリットステップをするか、と言うことだ。
Am_ret_move_mid
 V.ウィリアムスのサービスと合わせて、向こうにいるA.モリク選手のスプリットステップ
 そして反応しての動きをよく見て欲しい。
 MVP2000で動画解析をしました。
 詳しく知りたい方は 月さんまで
 MVP2000 日本ナレッジ  
カラダの内側から自信を取り戻すヒト成長ホルモン・ドクターズサプリメント

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年10月 6日 (土)

身長とサービス力 AIGオープンから

★☆★ 長身の選手のサービス力 ★☆★
じゃらんnet

テニス スキー
Vw_ser_tposi

 有明のAIGオープン見ていますか?
 V.ウィリアムス、I.カルロビッチこの二人が勝ち続けていますが、その原動力はサービス力です。
 そのサービス力の基本が、恵まれた長身ですよね。
 残念ながらわれわれ日本人の身長では、上から叩き込むフラットサーブは科学的理論的に無理です。
 
今ジュニアをお育ての皆さん、お子さんの身長を伸ばす方法を知りたいと思いませんか?
身長を伸ばす方法があるんです。それも無理なくね
厳しい練習も時には重要すが、それは身体が出来てから。
先のUSオープンの女子のサービスと身長の相関関係です。
Us07ser_speed
ご参考に

成長期には、成長痛を避けながら、身体を無理に痛めつけず、身体の成長を補助してあげましょう。
 運動(適度ですよ)、休養(疲れをつるための積極休養を)、そして栄養補給のバランスです。
 成長を促すには、成長ホルモンが活発になる、夜の就寝時が、実は大切なんです。
 寝る前に、少し身体を動かして、筋肉を使い、牛乳などで、成長にたんぱく質、カルシウムなど必要な栄養素を摂取して、寝ます。
 食べるだけで、寝てしまうと、太る要因ですから注意を
睡眠、食事、運動などの生活習慣のほかに、現在では投薬やサプリメントの使用、整体など、低身長の治療法は多種多様ですが、どの方法にも言えることは、できる限り早期に対処する方が効果的であるということです。
 ヒト成長ホルモン、ご存知ですか ホルモン注射等の医学的治療においても、10歳までの早い時期に行う方が、効果は格段に高いと言われています。
「身長を伸ばす方法 相談室」 では、身長に悩む方・お子様の低身長に悩む親御さんへの有益な情報提供を心がけております。ご相談はお気軽にどうぞ。
自分スタイルの成功

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007年10月 4日 (木)

AIGオープン 統計の数字

★☆★ AIGオープン 統計の出し方 ★☆★
テニス スキー
海外航空券ならJTB

テニス 画面から統計を出そう
 今日のお話は、テクニックとは少し離れますが、テクニックを知るためのインターネットのテクニックです。
テニスのTVや雑誌で、ファーストサーブの確率とか、エースとかどれくらいだか知りたいと思いませんか?
 去年までAIGオープンは、そこまでのホームページの充実さは、ありませんでした。

 でも今年は、良くなっています。ライブでスコアが見れるのもいいし、
その試合の統計数字を確認することが出来ます。
 その方法をご紹介しましょう。
まずAIGオープンの公式サイトを開きます。
この画面ですね。
Stats1mid


この画面の左のやや上に赤っぽい場所があります。
 そこがライブスコアです。
Stats2_mid
 ここをクリックしてください。
 すると、今進行中の試合のボードが出ます。
 このボードの右下の all court が他のコートの試合です。

Stats3mid
 そして Statsと書いてあるボタンを押すと、進行中の試合のプレーヤー双方の統計的な数字が出てきます。
Set でも見れますし、試合全体でも見れます。

これは超ビッグサーバー、I.カルロビッチが対戦したときのサービスエース9が記されています。
Iace
彼のサービスの写真は今度見つけてお見せします。
Ibs_slice
彼のバックハンドストロークスライスの写真がありました。
ビッグサーバーは得てしてスライスが上手いですね。
グリップが同じだからです

テニス徒然草  もよろしく


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。次の配信をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

ビーナスのサービスに注目

★☆★ AIGオープン 注目はV.ウィリアムス ★☆★
テニス スキー
インフォプレナーズジャパン

 AIGオープン 女子は、超大物が来ていますよ。V.ウィリアムスです。
 緒戦ではアメリカのV.キング選手をサービス力で圧倒。第1セットはたったの6ポイントしか、
 相手に許さず、たったの17分で仕留めました。
Us07lady_ser_speed

 この表は、先のUSオープンの時の、サービススピードを表にしたものです。
 V.ウィリアムスはJ.エナンに敗れるまでに6試合で24個のサービスエース、
 妹のS.ウィリアムスは5試合で32個のサービスエース。

 女性としては特筆の多さです。優勝したJ.エナンですら、7試合で22個ですから、その凄さが分かるでしょう。
 グラフから、最速の物凄さを感じ取ってください。
 V.ウィリアムス207km/h  リターンまでに0.5秒です。予測をしないと取れないレベルですね。
 S.ウィリアムス202km/h これは男子でもトップクラスです。
 身長が高いのでサービスでは圧倒的に優位です。
 でも2ndサービスになると、130-140km/h ですから、これは日本人の男性の速い選手なら出せます。

 そんなV.ウィリアムスの若い頃のサービスの動画分析です。
Vw_ser_seq_mid

 まだまだ荒削りです。
 この頃、ファーストサーブハメチャクチャ速かったけれど、
 2ndサービスは杉山 愛選手とそんなに変わらなかったんですよ

次の配信をお楽しみに!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

AIGオープン D.フェラーに注目

★☆★ AIGオープン D.フェラーのリターンに注目 ★☆★
テニス スキー
【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!

Ferrer_fs_fs_good
 D.フェラーの身長は175cm 日本人のスポーツマンタイプ
 参考になる。フットワークが良い。
 彼からドロップショットを奪うのは至難の業だろう。

 AIGオープンにT.ハースが参加すると信じていた。
 申し訳ありません、どうやら欠場の様子。R.フェデラー欠場は連絡があったが、T.ハース欠場は連絡無し。
 T.ハースファンの僕にとっては残念なこと。

 先回のブログで、T.ハースの特徴を書いたが、それはそれで、情報として有効なもの。
 そんな気持ちで読んで欲しい。

 そこでR.フェデラーのピンチヒッター、D.フェラーだ。
 今年のUSオープン4回戦で、あのR.ナダルを破った。
 しかもATPの統計でもリターン部門でR.ナダルとしのぎを削っている。
Ferrer_nadal

 
 このデータからD.フェラーの凄さが分かるだろう。
 サービスエースはそれほど多くはないが、凡ミスの少なさ。
 R.ナダルよりも少ないのだから、大したものだ。
 レシーブポイントも、R.ナダルをはるかにしのいでいる。
Ferrer_bs_ft_breath_good

 今回のAIGオープン、ぜひD.フェラーのリターンゲームに注目。
テニス徒然草


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »