« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月29日 (木)

子供と遊ぼう 親子のスキンビクス

★☆★ 子供と一緒に遊ぼう ★☆★



親は子供の一番の先生で、遊びの達人だ。
Kちゃん の続き
 
最近、子供の虐待とか、遊具での事故など事件が多いじゃないですか。
幼児への、虐待。  悲しい事件ですね。
母親の問題が大きいですね。
お母さん、大変でしょうけれど、頑張ってください。
子供を守れるのは、親しかいません。
K

そんな昨今ですから、お母さんと広~い芝生の公園で遊んでいたKちゃん親子がすばらしかったですね。

Kちゃんは、自分から僕とボール遊びをしようと、やってきました。
遠くからヨチヨチと。
K_2

Kちゃんの身体全体で、ボール遊びしたいと訴えました。
 今思い出してみたら、僕はKちゃんと一言も会話をしていません。
K_3

無言のコミュニケーション、最高です。

ラケットも振りたいと訴えました。

僕にボールを投げてと訴えました。
K_4

人間の五感全部で、遊ぼうと。
そして表情が豊かで、
ニコニコ楽しそう。
好奇心に満ちています。

子供は、これですよね。
自発性
好奇心

この要素は、どの子にもあるものですが、
子供がそれを出そうとした時に、親が素直に、出してあげれるか。
「 今は忙しいから」、「後で」
それが、少しずつ子供のやる気をそいでしまうのではないでしょうか。
テニスジュニアのレッスン


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年11月28日 (水)

親子で運動 スキンビクス 運動神経

★☆★  親子のスキンビクス NO1 運動能力を育てよう ★☆★

アート&スポーツ
アート&スポーツブログ




楽しい、赤ちゃん。
K


運動神経抜群
Photo_8

僕は金沢海の公園の壁打ち広場で、よくテニスの練習をします。
この場所の裏側に、もっと広々とした、3on3のコートと
サッカーが2試合出来る芝生があります。

この日も、やっていました。
すると向こうから、ピンクのウエアの幼児、赤ちゃん? がやってきます。
歩くのもやっとですが、ヨチヨリ僕に向かってきます。
K_2

そして、僕にボールを貸して、とばかりに、手を出すじゃないですね。
そこで、僕は「ハイ」と言って、ボールを転がすと
きちんと両手で、ボールを取るじゃないですか。

 僕は、ビックリしました。
こんな小さな子が、キチンとボールをつかむなんて。
後で聞いたらKちゃんは1歳半。これでまたビックリ
 むこうから、お母さんが、来て、変な叔父さんと遊ぶのは困るとでも思ったのでしょうか。
「Kちゃん、おじさんい悪いわよ」
K_3
どうやら、名前はKちゃんのようです。
するとKちゃんは、お母さんの言葉を全く無視。
逆に、僕にラケットを貸してと
手を出すじゃないですか。
僕が「ラケットをハイ」といって渡しました。
Kちゃんは、重くて持てないので、引きずっていましたが、もう全身に微笑を浮かべて、ニコニコです。
今度は僕にラケットで打ちたい
そんな雰囲気でボールを差し出します。
僕がボールを転がすと、
Kちゃんはちゃんとラケットを引きずりながらボールに当てるではありませんか
これもビックリです。
僕は、お母さんに言いました。
「この子は運動神経抜群ですよ。ぜひ、いろいろな運動をさせてあげてください」
「この子の写真を撮らせてください。ブログに載せてもいいですか?」
僕が名刺を差し出すと
「ハイ、いいですよ」
そう言って、僕とKちゃんがボール遊びをしているのを写真に収めてくれました。
名前、連絡先など伺えませんでしたが、本当に楽しいひと時でした。



最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
次の配信をお楽しみに!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

スポーツの上達にビデオ 動画解析 ゴルフ

★☆★  ゴルフ 上達にビデオ活用 ★☆★
動画解析ソフトMVP2000を大活用



 スポーツ上達法なのに、ゴルフのことが少ない。
 お客様から言われました。

☆ 僕とゴルフ  タイガーウッズの軸の安定性 スウィングの見本
Tiger_driver_seq_mid
 僕は、スキーのプロになる前は、サラリーマンを2年ほどやっていました。
 富士ゼロックスで、結構勉強させていただきました。
 その時に、ゴルフの接待があったのですが、嫌で、嫌で、たまりませんでした。
 今考えたら、お金がかからないんですから、
 (※ 当時は景気がよくて、よく売れて、接待、会社持ちだったです)、やっておけばよかった。
 スキーの仕事についてからも、スキー場って夏はゴルフ場のケースが多いですから、
 プレーするチャンスは一杯ありました。
 でもほとんどやら無かったですね。

☆ゴルフの達人が 少しずつMVP2000の画像を紹介していきます。
Mvpgoha2sceen
 スキーコーチの先輩にHさんがいらっしゃいます。
 スキーは達人、伺ったらゴルフもアマの良い成績で、コンペに出ています。
 それで、早速Hさんのゴルフを撮影しに。
 良い環境に住んでおられます。羨ましい位。
 やろうと思えば、毎日、ゴルフとテニスが出来る。
 Hさんにお願いをして、いろいろな角度から撮影しました。
Mvpgohaanglemid

☆スポーツとビデオ
 僕は、ゴルフのことは分かりませんが、スポーツですから、
 基本は一緒でしょう。
  軸を安定させて
  ボールを良く見る  視線をインパクトに残す
   これって、R.フェデラーだあ
  フォロースルーをしっかりとる。
 同じですよね。

 スポーツの上達にはビデオは欠かせません。
 自分で自分を知れば、欠点は直ります。
Mvpgohagreenmid

 コーチから指摘をされても、「そうかなあ」程度にしか思っていないものです。
 それでビデオを見てビックリ、最初は必ずガッカリします。
 お客様によっては、「これは自分じゃない」
 「今日は調子が???」
 いえいえ、それが自分なんです。
 そんな自分に気づけば、修正が出来ます。
コーチのアドバイスも良く入って来るようになります。
一度変わり始めたら、激変しますよ。
もちろん良い方向に。

そんなビデオを使った動画解析サービスを行っています。
 ゴルフ、テニスはもちろん、部活や、少年スポーツで学生を指導している方、
 指導にお役立てください。
 お気軽にご相談ください。
  アート&スポーツ ブログ
 MVP2000の日本ナレッジ
 月さんメールアドレス 


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

懐かしいプレーヤー クーリエ、キャッシュ

昔懐かしい選手達が、ワンサカ
ドバイで試合です




テニス親父さんから、ビッグな新情報
テニス親父の365days
 
Legend_dubhai

レジェンド ロック ドバイ  なぜロック Rock なのか、
J.クーリエ はロックバンドをやっていましたから。
J.マッケンローもエレキ弾きますよ。

昔懐かしい選手が一杯、出場

Legend_dubai_palyers2

J.ナスターゼ、B.ボルグ、J.マッケンロー、J.クーリエ、P.キャッシュ、C.ピオリーン、M.バーラミ、M.シュティヒ、
などなど、超豪華メンバーです、
誰が誰だか分かりますか?


J.ナスターゼ テニス界のヒール第一人者
 いつも、ジャッジにいちゃもんをつけていました。
B.ボルグは両手打ち、トップスピン、ショートクロスの達人です。
Courie_ret

J.クーリエ、は野球出身の正真正銘両手打ち。
ライジングのコンパクト打ち方が特徴です。

Cash_ret

P.キャッシュ、懐かしいですね。チェックのヘアバンド
これを試合が終わると、観客に投げていました。
ショーマンです。サービス業ですね。
初めてなら 安心の銀行カードローン

今日も、楽しんで、頂けましたでしょうか
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

フェデラー対サンプラス オールラウンドは?


真のオールラウンダーはどっち?


Rf_ser_1
 R.フェデラー対P.サンプラス
 本当はR.フェデラーの基本 コースの隠し方をやるはずなのですが、
 韓国で素晴らしいイベントが行われましたね。
 
 新旧王者の対決ということで、R.フェデラーとP.サンプラスが対決したんです。
 詳しい内容、原稿などは、テニス スキー上達com の
 テニス日記のところに紹介します 

 韓国、マレーシア、と3カ国を周ってエキジビション。
 プロモーターは頭良いですね。
 日本でもやって欲しかった。

 この二人は2001ウィンブルドンの4回戦で当たっています。
 当時P.サンプラスは引退を考え始めた頃で下り坂6位。
 一方R.フェデラーは上り調子の15位。結果はフルセットの大接戦でR.フェデラー。
 統計の資料がありましたので、紹介しますが、全くの接戦ですね。
Rfvs_sampras_2001_stats

 P.サンプラスは少し静かで、A.アガシの陰に隠れていましたが、玄人好みのする選手。
 とは言え、
 P.サンプラスがシニアのツアーに復帰して、3連勝したといっても、35歳。
 今を盛りのR.フェデラーが負けたら、、、、。
 その意味ではR.フェデラーに大きなプレッシャーがかかったと思います。

Ser_toss
 ご存知のようにR.フェデラー、P.サンプラスはお互いに認め合っている、チャンピオン
 しかも二人ともオールラウンドでクールです。
 声を荒げてクレームをつける二人を見たことはりません。
 どちらがオールラウンドかと、言えば
 サービス主体のオールラウンドがP.サンプラス
 ストローク主体のオールラウンドがR.フェデラーと言えます。

二人の特徴は、得意技は多いが弱点が非常に少ないこと。
Fs_imp
 二人ともカウンターの逆襲が得意です。
 特に、フォアに回り込むだ後の空いたオープンコート、
 フォアに打たれたボールをすばやく追いついて、
 ランニングショットで切り返すのが得意です。これは二人に全く共通。

 二人ともサービス力があります。
 スピードもあるP.サンプラスに対して、R.フェデラーはコースと球種で対抗しています。
Rf_fs_imp2

 フォアハンドストロークは、P.サンプラスはフラットで速いボールで攻めますが、
 R.フェデラーは、トップスピン、フラットと多彩です。

 バックハンドは二人とも、どちらかと言うとスライスが主体でしたが、トップスピンも難なく打ちます。
 特にR.フェデラーのバックハンド片手打ちは強烈です。
Sampras_blowvo

 ボレーは二人とも達人です。
 スマッシュも隙が無いですね

数少ない二人の弱点です。
 P.サンプラスはフレンチオープンについに勝てませんでしたが。
 クレーコートは苦手としています。
 ここはR.フェデラーに分があります。
 クレーコートの王者R.ナダルと接戦を演じていますから。
 決してトッププレーヤーの中では苦手ではないのですが、世界NO2ですから、本人とっては苦手でしょう。
 二人の試合をまたお伝えしますね。

テニスエルボーでお悩みの方に防振リング VIBECUT

今回は文章が長くなりました。
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007年11月21日 (水)

フェデラーが教える テニスの基本 コースを隠す

R.フェデラーが教えるテニスの基本
テニス スキー上達com
 お蔭様で、ここまで来ました。
 自分で言うのもなんですが、これだけでもノートにまとめたら
 素晴らしい教科書ですよね。

いいもの発見しテミル?

今年の彼の成績からテニス力をチャートで表してみました。
 他の選手も少しずつ紹介します。
Rf

 いかに彼が、テニス力、サービス、レシーブ、ネットプレー、メンタル.タフネス、EQと
 トータルに凄いかが分かります

いままで掲載したR.フェデラーから学んだ基本です。
1:過去の名選手 B.ボルグ、J.マッケンロー に学ぶ
2:心.技.体のメンタル.タフネス 心を鍛える
3:ボールを良く見る  watch the ball  
  Fs_seq_aig
      
4:打点は前  全てのショットです
5:何しろ動く  ボールを追いかけるスポーツです
6:軸がぶれない 良 軸があってのスウィング  
7:全身運動   スポーツの基本 特に脚部
8:円運動   テニスのショットはサーキュラースウィング
9:身体の柔軟性  怪我防止、稼動範囲を広げて、パスーアップ
10:省エネ テニス   自分は合理的に動き、相手を疲れさせる
11:コースを隠す    自分の打つコースを読ませない

ここからは先です
12:打たせて逆襲    相手に攻めさせて逆襲する
13:EQテニス  EQテニスで感情コントロール
14:まとめ総合編  結局オールラウンドなR.フェデラー

今日は11:コースを隠す です
Federer_fs_tb2
 バックハンドストロークを例にお話しましょう
 コースを隠す第1要素は、テイクバックで上体を捻りラケット、腕を見せないことです。
 そして十分にボールを引き付けます。
 これで相手は、動けません。フリーズしてしまいます。
 特に、グリップ、ラケットフェースを見せないことです。

 バックハンドストロークでは視線をインパクトに残す、それが秘訣です。
 インパクトに視線を残す理由は、お話しました。
Federer_bs_reach_monte
 フォアハンドストロークでは、インパクトに視線を残しても、
 周辺視野で、相手の動きがかなり見えます。
 しかしバックハンドストロークでは、視線をインパクトに残すために、
 顔をかなり下方に向けなくてはなりません。
 その分、相手も見えにくくなります。

 打点が遅れている方は、なおさら、視線が下を向くことになります。
 ですからバックハンドで、インパクトで顔を残しつつ、相手も見るには打点を前に取る。
 これが重要になります。
 フェデラーのバックハンドストロークトップスピンの打ち方をみてください。
Rf_bs_imp_course_hide_mid

 テイクバックでは相手の位置をしっかり確認しながら、
 ボールを行方を追っています。
 視線の割合は相手40%、ボール60%という感じでしょうか。
 これがインパクトになると、ボール80%、相手周辺視野で20%という感じです。

 どうですか、イメージつかめたでしょうか。



次の配信をお楽しみに!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

圧勝 フェデラー マスターズカップ上海

今日は、マスターズカップ上海の総集編で行ってみましょう。



細かい内容は
テニス スキー上達com をどうぞ
終わってみればR.フェデラーの圧勝。
Mc_red_group_2

D.フェレールのグループ
Mc_gold_group_2


フットワークのD.フェレールを3-0で、D.フェレールの脚も及ばなかった。
Nicoli_bs_face2

R.フェデラーの良さが目立ちました。
Rf_bs_reach3
 D.フェレールはR.ナダル、
Dfs_face_good
A.ロディックとそれぞれストローク、
Drun_left_hand
サービス力のチャンピオンを破ってきたのですが、
R.フェデラーは完全なオールラウンドチャンピオンですね。

ダブルスは世界最高のレベルの試合でしたが、M.ノールズ D.ネスター組優勝 S,アスペリン J,ノウルズ組を 6-2, 6-3 で破りました。
ダブルス特集は次回にお伝えします
面白真面目 Niftyの旬のブログに紹介されて、アクセス数一気にアップ
感謝 Nifty 様

アート&スポーツ もよろしくね



最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月16日 (金)

フェデラーの教える基本 ボールを見る

 こんばんは。夜にブログをアップするのは久しぶりです



 昨日はスキーの講習会で、1日東京でした。
 上京です。(-.-)y-~~~  ああ、田舎者、
 緑が多くて良いですよ。空気は美味しい、少し銀杏の臭いがしますが。

 R.フェデラーの教えるテニスの基本
テニス スキー上達com 
 マスターズカップの特集をしています

 11:コースを隠す Part2です。

 先回は視線をインパクトに残す意味を説明しました。
 フォアハンドとバックハンドでは、どちらの方が楽でしょうか。
 それはフォアハンドです。

 自分の写真でフォアハンドストロークの打点の違いをイメージしてください、
Moon_fs_impact_differ_mid
 スクエアスタンスでは、
 打点が身体の中(それでも基点の右肩よりも前です)ですから、
 相手を見る余裕があります。

Moon_bs_imp_mid
 バックハンドストロークではそれがかなりなくなってきます。
 写真をご覧ください。

R.フェデラーの試合中の写真で説明しましょう。
Rf_fs_tb_watch_mid
 フォアハンドのテイクバックです。
 この時点では、相手の動きを見ながら、
 少しずつボールに視線を移します。

 フォアのインパクトです。
Rf_fs_imp_watch_mid
 しっかりボールを見ています。
 中央視野で、とらえていますが、
 周辺視野で、相手も見ています。
 皆さんも出来ますよ。ご安心を

 バックハンドストロークでは、
Rf_bs_imp_watch_mid
 ボールを見ると、顔が下を向きます。
 中央視野に頼ると、周辺視野が手前に来て、
相手の動きが見えにくくなります。

 ですから、ポーチには相手がバックで打つ時が良いのです。
 ボレーヤーの動きを追う余裕がフォアほどには無いからです。

 実は頚反射と言って、首の動きと手の動きは、意識しないでも起こる反射運動なのです。
 首の向きと手の動きは交差するように動くと思ってください。
 ですから視線を残す →首を手前に戻す
 すると、反射で    →腕が相手の方向に伸びていきます。
 つまり自動運転で、ラケットヘッドが走るのです。

 一般プレーヤーが犯しやすいミスは、
 自分が打ったボールの行方が気になって、インパクトから目が離れ、相手の方向を見てしまうことです。
 すると自然の反射としては、腕が縮こまり、ラケットヘッドが走らないのです。

インパクトに視線を残す。重要なことですが、バックハンドストロークではこれがさらに難しくなります。
 その辺の説明は次回にしましょう。
 お楽しみにしてください。


アート&スポーツ
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

フェデラーの省エネテニス スライスロブ

R.フェデラーの教えるテニスの基本

テニスエルボーにお悩みの方は
 悪い振動激減の防振リング VIBECUT

 肘のサポーターを
スポーツ用サポーター


麺の合わせ方が上手い
 省エネ・テニス 軽く面で合わせる。
 テニスって、単純なラケットとボールの衝突関係なんです。
 その意味では物理現象。と言っても、物理の出来る人がテニスが上手いかというと、そうではない。

 感性、フィーリングがシャープなことが重要です。
 でもテニスを理解するには、簡単なテニスの科学を理解しておくと楽。
 特に指導では役立ちます。
 
面の作り方 スライスロブに学ぶ
Rf_lob_slice
 試合前の練習の時のロブの面の作り方です。
 本当に必要最低限の面のセットだけで返しています。

ラケットフェースを鏡のように、ボールのコースにセットするだけで、
Rf_lob_slice_face
 簡単にボールは高くロブとなります。
 しかも正確なスライスの回転をしながら
 R.フェデラーは、ショットにメリハリがあります。
 この時のラケットの使い方、ほら∞スウィングで円運動ですよ。

Rf_sstep_vo_mid
 打たれた時は、さりげなく、チャンスと見るや、
 一気にペースを上げて決めにはいります。」
 スプリットステップをお忘れなく
 一般プレーヤーの方は全てに一生懸命、ですから疲れてしまいます。
 ラリーをするつなげるときは、リラックス、きめに入ったら、一気に集中してパワーも入れます。
 タイミングがドンピシャ。

Rf_dl_sc
 リストワークが柔らかい。これは一般のプレーヤーは真似をしない方がいい。
 インパクト直前の野読みで、ダウンザライン狙いから一気にショートクロスに振ることも出来る。
 これはフォアハンドストロークの特徴ですね。
 信じられないくらいのショートクロスが決まります。

 R.フェデラーと言えば、ボールを良く見ている、視線をインパクトに残すことでも有名。
 これで何故、相手の動きが読めるのか。
 それは、中心視野で、周辺は見えるが、
 遠くを見ていると、近くは見えにくい、つまりボールが見えなくなる。

 ところが一般プレーヤーの方は、自分が打ったボールの行方が気になって、
 目線が離れてしまうんですよね。

 周辺視野拡大トレーニング

相手の動きを見て、読んで、十分にボールを引き付けることが出来るから

▼MTV シティカードのお申し込みは、今すぐこちら▼

アート&スポーツ テニスレッスンカード登場
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年11月13日 (火)

フェデラーの テニスの基本 省エネ

省エネ・テニス  R.フェデラーがチャンピオン
ウェブの書斎

最新情報 マスターズカップ、初戦でF.ゴンザレスに苦杯

テニスエルボーに最高の効果 防振リング VIBECUT
 いろいろな試合を見ています。
Federer_bs_reach_monte
 テニスを始めてから、ずっとですから、30年近く、
 良い試合はほとんどビデオに録画、深夜放送は、必ず見ていました。

 最近は、深夜までTVを見ると次の日が厳いので、録画済ませていますが、
 面白いもので、結果が分かると、見ないものですね。
 でもお客様で、試合のビデオを見たがる方が多いので、録画を保存しています。

 過去の放送で、見たいのがあれば、おしゃってください。
 ボルグ、J.マッケンロー、S.エドバーグ、P.ラフター、P.サンプラス、好試合は撮っていました。

 いろいろな選手を見てきましたが、R.フェデラーほど、省エネ・テニスをする選手はいませんね。

 AIGオープンでは練習風景をしっかり見て、カメラに収めました。
 省エネは、練習からそうです。
 普通の(と言ってもトッププレーヤーですよ)選手は、結構気合を入れて試合前の練習を相手とします。
 でもR.フェデラーは、まるでミニテニスをしているかのように、軽くサラリと流して練習ですね。

サービスが驚きです。
Rf_ser_ex1_hi
 ベースラインから前で、本当に動き、リズムを確認しているだけです。
 でも、最低限の全身運動、脚部の曲げ伸ばしをちゃんとやっています。
 もちろんスプリットステップも。

省エネテニスが出来る要因は 
Singles_ser_course
 1:予測が良い。相手のコースを読んでいる
 2:ポジショニングが良い、
 3:テイクバックがコンパクトでボールを合わせるのが上手い
 この3点です。

具体的にどうしたら省エネ・テニスが出来るか考えて見ましょう
Rf_see_player
 1:予測が良い。相手のコースを読んでいる
  これは、フェデラーのボールが相手を押し込んでいるので、相手はボールしか見る余裕が無い。
  一方フェデラーは、相手の動きをつぶさに観察。
  意識的に、自分のコースに打たせている。誘導作戦ですね。
  バックハンドのスライスなど相手を引きつけに引き付けて、
 懐深く(しかし振り遅れてはいない)返しますから、自分が戻る時間を作れます。

 2:ポジショニングが良い、
Mc_bs_run
  左右に振られた次のフットワークが良いんです。
  左右に大きく振られても、頭の位置、上体はしっかり残していますから、軸をキープ、
  レディポジションに早く戻れます。
  普通の選手は頭が振られた方向に動くので、戻りにエネルギーと時間を使ってしまいます。

 3:テイクバックがコンパクトでボールを合わせるのが上手い
Federrer_fs_relax
  ストローク、特に、ボレーのテイクバックはコンパクトです。
  バックハンドストロークもフォロースルーが大きいのでスウィング全体が大きく感じられますが、
テイクバックは 最低限、
余裕があるときは大きなフォロースルーで振り抜きボールにパワーを与えます。

次回は省エネ・テニス Part2スライスロブをお届けいたします。
ハレイワスーパーマーケット

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
次の配信をお楽しみに!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月12日 (月)

フェデラーが教えるテニスの基本

★☆★ ストロークの考察 ★☆★
テニス スキー上達com

アート&スポーツ ネットショップ

ハレイワスーパーマーケット


 テニスマガジン600号、発行記念 凄いですね。おめでとうございます。
 そこの記事に、僕の尊敬するドイツのグラフを育て、ドイツの最盛期を築いたコーチR.ショーンボーーンの書いたものがありました。
 テニスのこれからと銘打ったものですが、科学的な観察眼に、改めて目からうろこが落ちました。

 過去のストロークの名手としてS.ブルゲラ、今を代表するストローカーとして、R.フェデラーを対比させています。
 S.ブルゲラ、はご存じない方も多いかもしれませんが、厚いグリップでベースラインの後ろ、4-5㍍位,普通はコーチから起こられるような場所から、信じられないようなグリングリンのトップスピンで、ショートクロス、トップスピンロブと自由にショットを操っていました。
 二人の連続写真が出ていました。

 僕はこの二人の打ち方を見て、いろいろ思いました。
 先に書くと、イメージが薄れてしまいますから。
 僕が作った画像を出します。イメージを膨らませてください。

最初のイメージです
Sb_fs_r_b_line
 ブルーライン
 高い大きなサーキュラースウィング


次のイメージです
Rf_fs_b_r_line
 ピンクライン
 横長の扁平なサーキュラースウィング

そして次のイメージです
Rf_sb_line_compare
比較するために二つを合わせたものです。
インパクトでは二人とも面はほぼ垂直なんですが、

ブルーラインはテイクバックの時の面が、下を向いています。
超フルウエスタンですから。ボールの落ち際を打つからです
ボールの回転重視です。
打点は低く、ボールを落として、引き付けて打ちます。

インパクトでは想像に反して、ピンクラインのほうが面が伏せられています。
  セミウエスタンですから。ライジングで打っているからです。
  スピードも重視しています。
  打点が高いです。

Sb_fs_seq_line_mid
さあ、ブルーラインの選手がS.ブルゲラのフォアハンドストローク
 スペインの選手のお手本です

ピンクラインの選手がR.フェデラーです。
Rf_fs_seq_line_mid

 僕は、どちらが良いではなくて、どんなテニスをしたいか、それで選べば、良いと思います。
この二人のほかに、薄いグリップのサーブ&ボレーヤーもいますし、中間層にはたくさんのプレーヤーがいます。選ぶのは、皆さん自体です。

★月々263円からオンラインショップを運営!

高機能カート・クレジット決済が簡単導入

テニス徒然草もよろしく
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月10日 (土)

フェデラーが教える基本 復習とストレッチ

★☆★ フェデラーが教えるテニスの基本 ★☆★
テニス スキー上達com

アート&スポーツ もよろしくお願いします
今日の話題はR.フェデラーが教える基本
 ストレッティングと今までのまとめです
 先回は体の柔らかさについて、J.エナンのバックハンドを例にお話をしました

 数年前、整形外科にこんな素晴らしいストレッティングの資料が無料で配布されていました。
 東大のスポーツ科学の権威宮下先生の監修ですから、
 そのままコピーしてお見せします。、ああ今日は楽だ。
 各種目別にありました。どこかに保管してあります。テニスだけ見つけました。


Photo
 柔らかく、しなやかに使う。
Tennis_stretch_elbow_rist

 その方法は、ストレッティングにあります。
Tennis_stretch_hip_torso

 僕は、医者にかかるのが好きです。
Tennis_stretch_leg
 まあ、早期発見、早期治療が目的ですが、
Tennis_stretch_shoulder_elbow
 サービス業としてのお医者さんを見ていると、楽しいですね。
 いろいろ先生で大きく違うから面白い(失礼)

 整理整頓、苦手なんです。困ったさんです。
 ストレッティングで大切な点は、
 1:リラックスすること
 2:ゆっくり伸ばすこと
  3:呼吸法と合わせること 息を吐きながら
 4:そして伸ばしている筋肉を自分で感じてください。feeling これが大事です。

R.フェデラーが教えてくれた基本のタイトルを出しますね。
Rf_best_ser_t_position
内容をイメージしてみてください。
僕の一番好きなR.フェデラーの写真はこれです。
1:過去の名選手  B.ボルグ、J.マッケンロー
2:心.技.体のメンタル.タフネス 心.技.体に感情を加えました。
3:ボールを良く見る  R.フェデラーほど視線が、インパクトに残っている選手はいません
4:打点は前  そのためには? そうですね スプリットステップでタイミングです
5:何しろ動く  ボールを自然に追いかける習性を 動物的なほうがいいんです。
6:軸がぶれない 良い打点に入っている  
7:全身運動
 スポーツの基本ですね
8:円運動
 サーキュラースウィング、特にサービスの肩を回すイメージは、難しいですが、つかみましょう
9:からの柔軟性 J.エナンと同じバックハンド
 ストレッティングでいくらでも柔らかくなります。
 呼吸法も大事、息を吐きながら。
 これってテニスのラリーのボールを打つ時と一緒ですよね。
来週から、また続きをやりますよ。

有名イタリアンレストランが実際に使用している雑穀米

乞う! ご期待!!
アート&スポーツ よろしくお願いします

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年11月 9日 (金)

フェデラーが教える 柔軟性を

★☆★ R.フェデラーが教えるテニスの基本 ★☆★
アート&スポーツ ネットショップ オープン!

テニスの日誌

テニスの技

じゃらんnet

☆★ すぐ出来るテニスの基本
Rf_ser_flex_2

 必要なのは体の柔らかさ

 柔らかく、しなやかに使う。
 それにはリラックス。
 筋肉が緊張していたら、身体は硬いし、動きもにぶい。

 スポーツ、テニスで身体が柔らかいことのメリットってなんでしょうか?
  1:怪我をしない。
  2:関節の可動域が広がる
  3:運動効率が良くなる。
 以上の3点があります。

 特に2の関節の可動域が広がることで、運動の可能性が、かなり広がります。
 結果的に、関節の先の部位が良く動きますから、運動範囲、スピードが上がります。
Psamp_ser1mid

☆ P.サンプラスのサービス力のエネルギーは肩甲骨の柔軟性
Psamp_ser2_mid
 P.サンプラスの爆発的なサービス力は、驚異的な身体の柔らかさ、
 特に肩甲骨周りの筋肉が柔軟で、しなるように使われていたと言われています。
 噂では、肩甲骨同士が背中でくっ付く、それ位柔らかいそうです。

☆ R.フェデラーの片手打ちバックハンド
Rf_bs_flex_mid
 R.フェデラーのバックハンドストロークのフォロースルー
 大きなフィニッシュを見てください。
 肩甲骨が柔らかいでしょう。


Jhennin_bs_flex
 誰かに似ていますよね。そうです。J.エナンです。
 二人とも片手打ちのバックハンドながら、強烈なボールを打ちます。
 その秘訣は、肩甲骨の柔らかさにあったのです。
 皆さんも、身体、特に関節を柔らかくしよう。
 その方法は、ストレッティングにあります。


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

スポーツの基本 全身運動 円運動

∞スウィング 円運動でスウィングをスムーズに
凄く楽しいサイトです。ご覧ください


 おはようございます。更新が遅れました。
 六甲山も人工スキー場がオープンだそうですね。
 関西なのに早い。

 今日もR.フェデラーが教えるテニスの基本行きます。
 1-6 テニスの基本を紹介してきました。
 7:全身運動
 8:円運動  この二つは、僕のテニス理論の生命線です。

 スキーの理論でも、土方さんの全身運動に引かれて今のスキースクールに入りました。
 運動の理論は、そんなに流行で変わるものではありません。

Ser_swing
 基本はシンプルです。
 さてこれは何でしょうか?
 イメージを働かせてください。

 そしてそれさえ抑えれば、スポーツの上達は一気に楽になります。
 少しずつですが、細かくお伝えしています。

Rf_ser_mid
 ストロークの円運動、サーキュラースウィングとしてご紹介しました。
 サービスの円運動、∞スウィングは少しイメージするのが難しいです。
 こんな感じです。

 男性の野球の経験者なら簡単なイメージですが、
 女性で、運動経験がないと、なかなか難しい感覚です。

Rf_flat_ser_mid
 ラケットが背中を一度回ってから出て行きますから。
 この円運動でラケットヘッドを加速するんです。

 ラケットが背中を回るには、条件があります。
 グリップが正しいサービス用のグリップ、薄いグリップであること、これが重要です。
 グリップが厚い、主婦の方の(失礼、勿論全員ではありません)
 フォアのストローク用のグリップですと、
 背中を回る前に、頭を叩くか、背中に当たって、回りません。

 グリップを薄くするのですが、良いサービスのためには、
 頑張って正しいグリップを覚えましょう。

Ar_ser_grip
 グリップが薄いと、こんなサービスの構えになります。
 サービスの王者A.ロディックのトスアップですが、
グリップの薄さが良く分かるでしょう。

新しくネットショップ始めました。 アート&スポーツ で芸術とスポーツのコラボレーションです。
一度お訪ねください。 


スポーツ系 感覚で上達。面白い情報満載です
さあ、スキーシーズンです
テニス スキーcom 
BIGLOBE申込センター

 
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

フェデラーが教えるテニスの基本

 全身運動と円運動
 テニスのサーキュラースウィング
テニスの日誌

テニスの技
スポーツ用サポーター


 先回の連載、フィーリングの大切さ、お分かりいただけましたでしょうか。
 ぜひぜひ、テニスをするときに、フィーリングを大活用してください。
 新しい何かが開けてきます。

今日のフィーリング テニスのポイントは円運動です。
Mc_bs1
 ストロークの円運動を説明しましょう。
 丸く、弧を描くようにスウィングします。
 
ストローク、ボレー、サービス、全て円運動なんです。
 勿論、ぐるぐる回す、室伏のハンマー投げのような大きな円運動ではありませんが、
 軸が合って、そこを中心にラケットをスウィングさせています。

ストロークではサーキュラースウィングと言われていますが、
Topspincircular_left
 トップスピンを打つ時にはっきりとそれが出ます。
 テニスに慣れていない方は、ボールが飛んでくると、
 焦って、ボールに直線的に迎えに行ってしまいます。

Cir_swing_t_spin
 ラリーを続ける打ち方で、説明しましょう。
 相手のボールが弾んで落ちてくる弾道をイメージしてください。
 この弾道を逆方向にラケット面でスウィングしていきます。
 これがトップスピンで一番打ちやすい、安定した打ち方です。

 トッププレーヤーはライジングでボールが弾んできたところを打ちますが、
 これはタイミングを合わせるのが難しいのです。
 中級までの方には、ボールが弾んで、落ちかかるところを、打つほうが楽です。
 そのボールが落ちてくる弾道をイメージしてください。
Rf_bs_tspinseq_illu_mid

 その弾道を逆に撫でる様に、サーキュラースウィングでトップスピンをかけます。
 この時に、インパクトではラケット面がほぼ垂直なんです。

 トッププレーヤーの面はかなり伏せられているように見えますが、
 インパクトでは、垂直から80度位までです。

 くれぐれも手首でラケットをこねてトップスピンを打たないようにご用心。
 手首を傷めますよ。
じゃらんnet

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
次の配信をお楽しみに!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007年11月 4日 (日)

スポーツはフィーリングを

★☆★ フェデラーが教える、テニスの基本 ★☆★
スポーツ用品

 もう一度原点に戻って、感覚、フィーリングの重要さを認識しましょう。
Feeling_ski_tennis
 僕は、スポーツはフィーリングが大事と確信しています。
 感じる、それで自分の感覚を高めて、自分で振り返り、再び感覚を取り戻す。

 スキーなら足裏で感じ取り、フィーリングで
 テニスなら手のひら感覚ですね。

 フォームを意識すると、動きがぎこちなくなります。
 それとフォームが大変なのは、鏡かビデオで見てチェックしない限り正しいフォームかどうか不明なんです。


 結果的に、自分でやっているフォームは間違っていることが多い事です。
 フォームを確認したいのであれば、必ずビデオで。
 僕は少年野球から始まって、苦節云十年、スポーツをしていますが、ビデオを見るたびに、いまだに修正点を見つけます。
 これで良いだろうと思っていても、まだまだ足りないことがほとんどです。

 ビデオを見たら、動きをイメージ化する。しれをイメージしながら、筋肉のフィーリングを呼び戻す。
 スキーのターンですが、解説すると、たくさんの内容があります。
 体重移動、荷重移動、エッジの切替、軸の安定、上体の先行動作、抜重、荷重、アンギュレーション
Moon_steep_side2_2


 これらを意識してやったらもう、大変なことです。
 でも足裏を感じながら滑る時は、
 「気持ちよく滑れたか」
 これを感じるだけで十分です。

Moon_bvo_glass_image_mid
 テニスのボレーでは、体の前の凹面鏡をイメージしてください。
 それで相手のボールを反射させる感覚です。
 ラケットフェースを信頼してください。

さあ、今日も楽しくスポーツ日和です。


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月 2日 (金)

ピッチングとサービスの関係

★☆★ セットポジションのコントロールを真似よう ★☆★
テニス徒然草
テニス スキー上達com
海外航空券ならJTB

Photo_7
 昨日は、日本シリーズ、中日が継投の完全試合で勝利。
 山井は自分でやりたかったでしょうけれど、岩瀬を使った、落合監督、やるじゃん、って感じ。
 日ハムのダルビッシュも11三振、たったの1点ですから、ナイスピッチングでした。
 ウィニングボールを握った岩瀬投手を見て、R.フェデラーのサービスの共通点を見つけました。

 岩瀬と言えば、中日の優秀なストッパー。
Photo_8
 しかし、2年前、ルールの改正で、2段モーションを審判から指摘され、修正に苦しんだ経験があります。
 ピッチャーの投げ方は、サービス酷似しています。
Set
 正確には、外野からのバックホーム返球がドンピシャですが。

 それで思ったんですね。
 ランナーがいない時に投げるワインドアップはテニスの1stサ-ブ
 思い切って投げ込みます。
 あっ、皆さんはダブルフォールトが怖いので、それ程思い切っては投げ込まないでくださいね。
Rf_ser_seq_exp_mid
 2ndサービスにプレッシャーがかかってしまいますから。
 ランナーを牽制しながら投げるセットポジションは、テニスの2ndサービスですね。
 コントロール重視、なんです。
 ですからフォームがコンパクト
2ndser1

 R.フェデラーの1stサ-ブと2ndサービスを比べてみましょう。
 それほど差がある選手ではありませんが、コントロールを重視しています。
 皆さんも真似しましょう。
スポーツ用サポーター

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »