« スポーツはフィーリングを | トップページ | スポーツの基本 全身運動 円運動 »

2007年11月 5日 (月)

フェデラーが教えるテニスの基本

 全身運動と円運動
 テニスのサーキュラースウィング
テニスの日誌

テニスの技
スポーツ用サポーター


 先回の連載、フィーリングの大切さ、お分かりいただけましたでしょうか。
 ぜひぜひ、テニスをするときに、フィーリングを大活用してください。
 新しい何かが開けてきます。

今日のフィーリング テニスのポイントは円運動です。
Mc_bs1
 ストロークの円運動を説明しましょう。
 丸く、弧を描くようにスウィングします。
 
ストローク、ボレー、サービス、全て円運動なんです。
 勿論、ぐるぐる回す、室伏のハンマー投げのような大きな円運動ではありませんが、
 軸が合って、そこを中心にラケットをスウィングさせています。

ストロークではサーキュラースウィングと言われていますが、
Topspincircular_left
 トップスピンを打つ時にはっきりとそれが出ます。
 テニスに慣れていない方は、ボールが飛んでくると、
 焦って、ボールに直線的に迎えに行ってしまいます。

Cir_swing_t_spin
 ラリーを続ける打ち方で、説明しましょう。
 相手のボールが弾んで落ちてくる弾道をイメージしてください。
 この弾道を逆方向にラケット面でスウィングしていきます。
 これがトップスピンで一番打ちやすい、安定した打ち方です。

 トッププレーヤーはライジングでボールが弾んできたところを打ちますが、
 これはタイミングを合わせるのが難しいのです。
 中級までの方には、ボールが弾んで、落ちかかるところを、打つほうが楽です。
 そのボールが落ちてくる弾道をイメージしてください。
Rf_bs_tspinseq_illu_mid

 その弾道を逆に撫でる様に、サーキュラースウィングでトップスピンをかけます。
 この時に、インパクトではラケット面がほぼ垂直なんです。

 トッププレーヤーの面はかなり伏せられているように見えますが、
 インパクトでは、垂直から80度位までです。

 くれぐれも手首でラケットをこねてトップスピンを打たないようにご用心。
 手首を傷めますよ。
じゃらんnet

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
次の配信をお楽しみに!

|

« スポーツはフィーリングを | トップページ | スポーツの基本 全身運動 円運動 »

「スポーツ」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

フィーリング」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 手首大丈夫ですか? テーピングで少し固定ですかね。ただし、余りきついと、血行が悪くなりますから、ご用心を。
 スキーいいですね。もう、少しずつトレーニングしていますよ。
 スケボーですけれど。

投稿: 月さん | 2007年11月 6日 (火) 13時09分

手首をこねる…やってしまったようです(^^;
疲れて腕(肘)が上がらなってきたときに、クイッと手首を使ってしまったかもしれません。テニスを始めて、初めて手首が痛いです。気を付けます。

お忙しい中のこまめな更新に頭が下がります。
恥ずかしがり屋のため?(笑)なかなかメッセージを残せませんが、これからも楽しみに、コソッと拝見させていただきます。お体ご自愛下さいませ(*^_^*)

投稿: 今シーズンはスキーに行けないワン | 2007年11月 6日 (火) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/16989136

この記事へのトラックバック一覧です: フェデラーが教えるテニスの基本:

» エコバッグ []
ぽちっ!エコバッグ使ってますか? [続きを読む]

受信: 2007年11月 7日 (水) 07時52分

» エコバッグ []
!!!興味深く読ませて頂きました。byエコバッグ。 [続きを読む]

受信: 2007年11月 8日 (木) 23時32分

« スポーツはフィーリングを | トップページ | スポーツの基本 全身運動 円運動 »