« スキー スノーボード トレーニング | トップページ | テニス ストローク バックハンドにスライスを活用しよう »

2007年12月13日 (木)

スウィングの音を聴け ストローク フィーリング

イメージとフィーリングのドッキング

ストロークと脚部の動き

今日はまずブランコのお話から
ブランコでこぐ様子をイメージしてください。
Blanco


 画像は講談社のサーカスの科学から
 あの超能力を科学的に撃破する大槻教授の本です
 分かりやすくて、面白いですよ。

 少しずつですが、脚部の曲げ伸ばしが入りますよね
Fsimage1

これってストロークの動きなんです。

 ブランコをイメージしたストローク自習法 動画で


スポーツの基本は腰と膝にあります。
膝の曲げ伸ばしでラケットヘッドを走らせて、加速するんです。
インパクトで最大スピードに。

 全身運動がテニスと言わず、スポーツでは大事です。

 なぜかと言うと、ミスしやすいほとんどの方が、手打ちの状態、
 脚部を使えていないんですね。

 だからブランコです。
Fsswing2

脚を動かしていない方が多いのですね。
たかが脚ですが、これを自然に動かすには、かなりの意識が必要です。
テニスの前にしっかりストレッティングをして、筋肉を伸ばし、リラックス。
そして脚部の動きに引っ張られて、∞スウィング赤い線がそうですね


 皆さんフォアハンドストロークのスウィングをしてみてください。
 ラケットの風切り音がどこでしますか?
 多分インパクトを過ぎてからビュンと音がしていませんか?

 サービスの風切り音 トロフィーポーズから

Fsswingwatch3

 風切り音はインパクトで最大に
 だってボールを打つ時にラケットヘッドが最大スピードになります。

 これが理想です。
 スウィングのフォロースルーでも、視線はインパクトに残します。

 ここはR.フェデラーのストロークの世界ですよね。

 R.フェデラーを思い出してください
Federer_fs_imp3

 さあ、皆さん、素振り、できるだけ速くスウィングしてください。
 ただし音に注意ですよ。

トップスピンマスター レッスンカード 

スライスマスターカード


Tspin Slice レッスンカード 

1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

次の配信をお楽しみに!

|

« スキー スノーボード トレーニング | トップページ | テニス ストローク バックハンドにスライスを活用しよう »

「ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

感覚」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

万年中級者さん、ここまで読んでいただいたんですね。
感謝感激です。
動画解析ソフトMVP2000があり、それを活用しています。
優れものですよ。

投稿: 月さん | 2011年9月24日 (土) 06時16分

こんばんは。今回の記事も興味があります。
写真、ラケットが一杯、どうやって撮影するのですか?

投稿: 万年中級者 | 2011年9月22日 (木) 21時10分

こんばんは。かなり以前の月コーチにPlayBackした感じ。
いい事書いてありますよね。

投稿: 生徒A | 2011年9月22日 (木) 18時58分

なるほど、膝の曲げる、伸ばす、
ブランコの関係
トップスピンの打ち方ですね
了解、了解.

投稿: はんなり | 2008年1月 3日 (木) 17時44分

メールマガジンを読んでいてこのサイトに
情報通
すごい

投稿: メルマ | 2007年12月14日 (金) 20時11分

やりましたね。
一番月さんらしい記事じゃないですか。
パチパチパチ

投稿: ファン | 2007年12月14日 (金) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/17360947

この記事へのトラックバック一覧です: スウィングの音を聴け ストローク フィーリング:

« スキー スノーボード トレーニング | トップページ | テニス ストローク バックハンドにスライスを活用しよう »