« シャラポワ 復活の要因はセカンドサーブ | トップページ | スキー 初心者の上達 »

2008年1月28日 (月)

全豪 ジョコビッチ 若きテクニッシャン

★☆★ オーストラリアンオープン決勝戦 ★☆★
テニス スキー上達com
アート&スポーツ
テニスエルボーに悩んでいるなら 防振リング VIBECUT
あなたのゴルフが最短距離で上達する方法

男子シングルス
N.ジョコビッチ対J.W.ツォンガ
N.ジョコビッチのサービスエース 一番得意なセンター
Ndjseracelinemvp
 MVP2000で動画解析して、

 ボールのラインを出してみた

 ストローク主体の面白い試合だった
 ストロークのラリーの速さ
 決めボールの凄さ

どこで差が出たか,それを探っていこう
Ndjfamily
 それはまずハートだと思う。
 ポイントをとるごとに胸を叩いた、祖国セルビアの歴史の重さ
 家族愛
 両親、二人の子供で N O L E Novak の愛称だ

☆★ サービス力 ☆★
次は試合運びを左右するサービス力だ
Ndjsertposition
  N.ジョコビッチのトロフィーポジション

Ndjserimp
 そしてインパクト

これはJ.W.ツォンガが有利と言われ手いるが、現実は

次のデータが示している


サービス力
Serspeed


       N.ジョコビッチ J.W.ツォンガ
最速        209キロ 218キロ
1stサ-ブ平均 192キロ 189キロ
2ndサーブ平均 154キロ 147キロ

最速のサービスはJ.W.ツォンガだが、N.ジョコビッチの方が1stサ-ブの平均では3キロ、2ndサーブの平均でなんと7キロ上回っている。

サービスエースの数では、J.W.ツォンガが15本、N.ジョコビッチ11本で4本上回っているが、
大事な場面ではしっかり決めるN.ジョコビッチに対して、
たった2本しかないダブルフォールトを、その場面でしてしまったJ.W.ツォンガの差は大きい。

面白真面目ブログ もよろしくね

給料日前の強力助っ人!カードローンを価格.comで徹底比較!

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« シャラポワ 復活の要因はセカンドサーブ | トップページ | スキー 初心者の上達 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

フィーリング」カテゴリの記事

コメント

厳しいご指摘有り難うございます。
使いこなしていないと言われれば、それまでですが、普通は見れないボールの弾道を、こうやって見れると素晴らしいと思いませんか。
そこから何かを感じてプレーする
そこがフィーリングなんですが。

投稿: 月さん | 2008年2月 1日 (金) 07時26分

せっかくの高価な機材(MVP2000)でボールの軌跡を描かせるだけで、なんの解析にもなっていない。宝の持ち腐れの感が大きい。サービスの速度も統計的にみているとはいうものの実際には平均速度で議論しているのみ。統計的と語るならば偏差(ばらつき)最大値、最小値といったことからも十分に議論して論理展開しなくてはならないだろう。しかし、動画解析も統計的手法もあくまでも”フィーリングで”というのならば、その程度の取るに足らないものなのでしょう。

投稿: | 2008年1月31日 (木) 14時38分

凄い画像ですね
よく分かります

投稿: 連続写真 | 2008年1月28日 (月) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全豪 ジョコビッチ 若きテクニッシャン:

« シャラポワ 復活の要因はセカンドサーブ | トップページ | スキー 初心者の上達 »