« テニスの科学 トップスピン スライス バックハンド | トップページ | ボレー上達法 ボレーを科学する »

2008年3月 4日 (火)

ボレー スライスのイメージ 脚部の曲げを意識

テニスの科学とフィーリング
new テニス徒然草 テニスの斜め読み
テニスの科学 アインシュタインの目
貴サイトの評判が聞けるサイト『サイトレビュー』

ボレーの科学
ボレーのイメージはアイスクリームをスプーンで救い出す感じ
これがスライス
 Slice_image

BSハイビジョンの「アインシュタインの眼」 テニスの解析 編
空学んだことは
 1:運動連鎖
 2:ストリングスのボールの回転に与える影響
 3:スプリットステップが上達、反応の秘訣
 4:ボールのスピードはラケットヘッドの走りから
この4点でした。
 少しずつ解説していきますが、スムーズ菜からだの使い方の原点となる、運動連鎖から話を進めています。ストロークの運動連鎖で大体の動きはお分かりだと思います。
 先回、トップスピンとスライスの打ち方の違いを説明しました。
 大きな点は脚部の曲げ伸ばしの動きでしたね
Slice_image_ball

 ボレーはスライスが基本ショットです。
 スライスの原理と、振り過ぎずに、ボールに効果的菜スピードを与える原動力、ステップインのイメージ。
これをもってもらいたいのです。
Rmoonfvseq

一般プレーヤーの方のボレーを観察すると、
 足が動かず、膝が曲がらず、棒立ちのまま、オープンスタンスで完全な手打ちの方が多いですね。

確かに、相手に強打されて、足を動かす余裕のない時もあります。

こんな時は、取り敢えず面で合わせて、ステップインする余裕はありません。

でも普通のラリー中であれば、脚を小刻みに動かすことが習慣化していれば、ステップインは必ずできます。

ステップインすることで、ボレーの運動連鎖のキッカケを作るのです。
そして最小限の力でラケットヘッドを走らせるのです。

スライスのイメージを確認しておきましょう
ラケットの流れるスウィング  これも∞スウィングです
Rmoonfvstepin

そしてボールの下を振り抜くスウィングでボールにアンダースピンをかけます。

これが基本。
錦織圭 A.ロディック戦

スポーツの原点は感じること

コンパクト両面カラースキャナ ScanSnap

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。
次の配信をお楽しみに!

|

« テニスの科学 トップスピン スライス バックハンド | トップページ | ボレー上達法 ボレーを科学する »

テニス」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

感覚」カテゴリの記事

コメント

スミマセン、素人で。スライスのイメージの写真、
あまり良く分かりません。

投稿: 万年中級者 | 2011年10月31日 (月) 16時52分

いつも回りから、チョンギリスライスって笑われています。
これで少し納得
ボレーが手打ちになっちゃいけないのですよね

投稿: チョンギリ | 2008年3月 5日 (水) 10時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボレー スライスのイメージ 脚部の曲げを意識:

« テニスの科学 トップスピン スライス バックハンド | トップページ | ボレー上達法 ボレーを科学する »