« 親子で遊ぼう どこでも遊べる工夫 | トップページ | 伊達選手から学ぶ 生き方 目標 行動 »

2008年5月 6日 (火)

親子で遊ぼう スキンシップ テニス

親子のスキンビクス
連休遊び情報
 日本全国
 横浜みなとみらい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 
【じゃらん】温泉旅館・ホテル1700軒が予約OK!日帰り温泉、クチコミ情報付


 子供の日、連休に併せて、親子のスキンビクスを紹介しています。
Kids_target
  1:子供には、声を荒げない 注意こそ優しく
  2:子供ができることをする
  3:安全に楽しく

にほんブログ村 テニスブログ
 先日、テニススクールに親子で貸しコートでやって来たかたがいらっしゃいました。
伊達選手の活躍 
写真集はここ
錦織圭選手の動きは
八景ITS

親子5人ですね。
Coolgirl
 僕らがレッスンが終わるのを、横で待って、居たんですが、
 僕は仕事柄どうしても観察をしてしまいます。
 親子の仲の良さ 仲良く話をしている
  子供の元気さ  元気いっぱいか
  リーダーシップ 誰が親子をまとめているか

 まず、不安だったのは、全員がラケットこそ持っていましたが、格好がテニスではない
Photo
 特にシューズが、全員ズックの運動靴
  これって危ないんですよ。八景ITSはインドアのカーペットですから、普通のズックでは足裏が引っかかります。
 テニス用のシューズを履いてほしいものです。脚を捻挫しやすいですよ。
 テニススクールでもレンタルは無料ですから。

よくあるタイプです。お父さんワンマンタイプ
Photo_2
 お父さんが権限を持っていて、すべて指示する 
 母親は、静かにお父さんに従う
 言葉は、常に叱り調
  「ホラ ○×しろ」
「早くしろ」
「なにやってるんだ」

こんなお父さんに限って、子供は言うことを聞きません
いつも怒鳴っているから、きつい口調で言っても効果がないんですね。

お母さんを大事に 母の日のプレゼント

内容もただ、打つだけで、ゲーム的な要素は、全くありませんでした。
子供も1-4年生くらいですから、テニスが初めてでしたら、うまく打てるわけはありません。
キャッチボールをするとか、親が優しいボールを出して、気持ちよく打たせてあげる

そんな配慮が絶対に必要ですね。

もっとも、子供は放っておいても、慣れてできるようになります
ですから、子供にどなって怒るのだけはやめて欲しいものです。
フリスビーいい運動ですよ。
Throw_frisbee
 動体視力
 反射神経
 ラリーするコミュニケーション
 いろいろつかめます。
 しかも子供にも簡単dすから
Good_catch

 フリービーをキャッチする犬。いつも感心してみています

そこで親子のスキンビクスです。
いろいろな親子の遊びを紹介していますが、お父さん、お母さん両方ができる遊びを紹介しています。
親が、子供を両足に乗せて、シーソーをするだけです
Mid
 子供はしがみついているだけ
 最高のスキンシップですよね

両手綱引き
Photo_3
 子供はおなかに両手を回して、しっかり確保、2-3人がいいですね
 そして親と綱引きです。
 手を離さないでくださいよ。
 親は手加減をを
ムササビジャンプ
Mid_2
 子供の勇気を少しずつ試します。
 支えるには、お父さんのほうがいいですね
 軽くジャンプしてきたら、両手で支えて上げます。
 腰痛の方はやめてくださいね


ご自分の体力、お子さんの興味に併せて、ゲームを選んでください。
遊び感覚 スポーツアップ

親子のスキンビクス度数を表でチェックしましょう。
Mid_3

 大人の得点、子供の得点、それぞれ50点満点です。
 皆さんは何点行きましたか?


遊ぶ前に、親は、ストレッティングをしっかりしておきましょう
急にやると、体を壊してしまうかもしれません
昔はできた、ほどあてにならないものはありません。
普段運動をされてないのでしたら、ストレッティングから行きましょう。

運動前の5分のストレッティングでかなり体の動きは違いますし、怪我も防げます。
アンダーシャツ

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 親子で遊ぼう どこでも遊べる工夫 | トップページ | 伊達選手から学ぶ 生き方 目標 行動 »

スポーツ」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

親子」カテゴリの記事

伊達」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親子で遊ぼう スキンシップ テニス:

« 親子で遊ぼう どこでも遊べる工夫 | トップページ | 伊達選手から学ぶ 生き方 目標 行動 »