« サービス コースを狙おう | トップページ | 錦織選手 ストローク 運動連鎖で »

2008年7月18日 (金)

錦織 怪我から復帰 今までの軌跡 

錦織圭選手から学ぶもの
Nishikori_guts

ハワイのカジュアルなら エコバッグも最高
ハレイワスーパーマーケット

錦織圭選手、そろそろフロリダで練習開始
最新ランキング 108位 チャンピオンレース 88位  怪我がなかったら、50位かなあ

 怪我がなかれば  たら、れば、はいけないけれど
錦織圭のサイト


ATPの中の錦織圭のサイト
Keinishikori_site

ブルーマンを模していて、面白い

ニック.ボロテリー,アカデミーでの名前知っている?
IMG  
N.Bollettieriテニスアカデミィ  

プロジェクト45 なぜその名前になったのだろうか?

答えは一番下に

今年の錦織圭選手は波乱万丈

さて、デルレイビーチでJ.ブレイクを破ってツアー初優勝
 全世界の脚光を浴びた。

A.ロディックにはプロの洗礼を浴びた。

そして全仏で初めてのグランドスラム

アルトワでR.ナダルから1セットを奪う

そして憧れのウィンブルドン 腹筋肉離れでリタイア

次の目標は北京オリンピック
ITF 
ITF Olympic 北京 
ウィンブルドンに続いての夢だからだ

女性向けパソコンバッグの専門ブランド「Abbi New York」

さてATPのサイトに、錦織圭選手の最新の統計が出ていた。
紹介しよう

まずは死闘を演じたウィンブルドンの前哨戦、アルトワの試合
あのR.ナダルから1セットをもぎ取った時のデータだ
Kei_vs_nadal_artoir

全体的にもちろんR.ナダルがリードしているが、本当に僅差
ポイント総数でも2%の差だ。
特にセカンドサーブのリターンでは、R.ナダル選手よりも良い数字を出している。

次がプレースタイル全体の数字
Photo

これでみると、サービス力がまだ弱い。
プロの世界ではサービスエースの数が圧倒的に足りないし、ダブルフォールトが多過ぎる
このサービスが腹筋への負担が多い
Mid

腹筋は、ここ。このトレーニングはよくすると思う。
ただし、正しくは、膝を曲げて腹筋のトレーニングをして欲しい。


しかし、選手にとって怪我は鬼門。
松岡修造もこういっている
 テニスのウィンブルドン選手権1回戦で腹筋の肉離れにより途中棄権した錦織圭選手(ソニー)について、
 師匠である松岡修造氏が自身のブログでその無念さをつづっている。
 松岡氏は1回戦について「すべてにおいて圭が主導権を握っていた。
 誰もが、圭のグランドスラム初勝利を疑わなかったはずだ」と評したものの、
 「怪我は選手自身の責任である。かつて怪我の王者といわれた僕だからこそ圭のやるせない気持ちもわかる」とコメント。
 錦織選手の棄権については「正しい決断だったと思う。
 あのままプレイし、たとえ一回戦を突破したとても、次の試合ではいずれにしても棄権する状況になっていただろうからだ」としながらも、
 「まさに最高の状態で迎えることができた初グランドスラムだっただけに残念としか言いようがない」と記した。
腹筋の肉離れ、なかなか起こりにくい。


Photo_2

サービス、と、ストロークで錦織圭選手は特に腹筋を使う
 日本人の体力がないがために、腹筋、背筋と筋力への負担が増える
サービスのイメージは槍投げ
こんな筋肉の使い方をする
Photo_3


Nishi_fs_winnermid

そして強烈なフォアハンドストロークでは円盤投げと同じ筋肉を。
Mid_2

特にエアーケイで有名になってしまったが、空中で打つにはバランスが難しいし、体力も消耗するのだ。

 疲れたらマッサージクリームアリビエートで回復を 
 ラケットにはこんな悪い振動が 
野球肘 テニスエルボー からの脱出
テニスのフォーム解析ソフト 

今年の錦織圭の軌跡




プロジェクト45の由来は、師匠の松岡修造の最終ランキングが46位
それを超えるためのものだ。
もっともウィンブルドンの前哨戦のアルトワで苦しめられたR.ナダル選手は
世界の10位、いや、5位以内に入ってくと言わしめた。
テニス スキー上達com
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« サービス コースを狙おう | トップページ | 錦織選手 ストローク 運動連鎖で »

テニス」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

統計」カテゴリの記事

データ」カテゴリの記事

怪我」カテゴリの記事

コメント

私も、腹筋ではありませんが、しょっちゅう体を痛めます。
怪我無しでテニスをする方法はないんでしょうかね

投稿: 傷病兵 | 2008年7月19日 (土) 14時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 怪我から復帰 今までの軌跡 :

« サービス コースを狙おう | トップページ | 錦織選手 ストローク 運動連鎖で »