« テニス イワノビッチ US | トップページ | 錦織 杉山3回戦へ サービス力 »

2008年8月28日 (木)

錦織圭 ストローク 分析

USオープンで錦織圭が、まず1勝
 心から祝福したい。
 運を自分にするのも、実力
 それまでの実力、が無ければ無理なことだから

三牧ファミリー薬局


☆ エアーKei 実は飛ぶのはインパクトの後 ★
 エアーケイと呼ばれ、飛び上がってフォアハンドストロークを打っているように言われている

 しかし、デルレイビーチでのJ.ブレイクを破った時のフォアの連続写真を見て欲しい
 錦織ツアー初優勝ブレイク破る 

Nishi_fs1_delray


 MVP2000を使って、動画から取り出したもの
 テニスMVP2000の動画解析 

 打つ瞬間は、飛び上がってはいない
Nishi_fs2_delray


 インパクトの直後に、膝の曲げ伸ばしの惰性で飛び上がっている

☆ 錦織圭は強運の持ち主 ★
 1:ロランギャロ、主催者推薦で本選入り
 2:オリンピック推薦で出場
 3:アルトワでR.ナダルと当たる、強運
 4:USオープンまでに体調が何とか戻った
 5:L.ヒューイットの棄権で、繰り上がり本選入り
   もしも予選の3試合を戦うとしたら、体への負担は相当に大きいはず
   これも強運
 でも運も実力、それをものにするのが真の実力

ハレイワスーパーマーケット


☆ ストロークの分析 ★
 この試合、本調子ではなかったは事実

 最初の2ゲーム位、自分が打ったボールを見て、脚がとまっていた場面が、何度もあった
 相手が打ち返してきて、慌てて動いていたが、たまたまそのボールがネットやアウトだった

 第4ゲームくらいから、自然に脚が動くようになってきて、リズムができてきた
 フォアの強打が決まり始めてくれた


 きっと相手のF.モナコ選手、が勝手に錦織圭選手を意識して、自滅してくれた。

 その証拠に、3セット目、F.モナコ選手のショットは冴えていた
 あのプレーを最初からやられていたら、苦しかったろう。

 その点では、本当に強運の選手と言える。

 4セット目、両足ハムストリングが攣って、やばい状態
 トレーナーを呼んでのインジュリータイム
 それで勝負を急いで、攻撃的に打て出たのが、良かったと。
 これも強運

 一般プレーヤーは、脚が痙攣したら、すぐに棄権して欲しい
 身体が第一だから、健康のためのテニスだから

 疲れた身体に マッサージクリーム アリビエート

Nishi_fs1_2

Nishi_fs2

Nishi_fs3

Nishi_fs5

Nishi_fs6

Nishi_fs7

Nishi_fs8


☆サービスの不調 ★ 
 本人が、サービスの打ち方が分からなくなってしまった、
 そう言う位に不安な状態だったが、ダブルフォールト9本で済んだのはラッキー
 1stサ-ブのミスはことごとくネットミス
 これは一般プレーヤーにも言えるアドバイスだが、サービスはオーバーに
 それ位で、試合の時は、プレッシャーがあり、腕が萎縮するので入る。

 サービスもこのデルレイビーチのサービスを思い出して欲しい
Nishis1


 この時は、脚部の曲げ伸ばしを良く使っていた。

 一般プレーヤーも、心にとどめて欲しい。
 サービスがうまくいかない時は、ラケッティングでインパクトの感じを確かめ
 腕を大きく回して、萎縮を取り去る。
 後は脚部の曲げ伸ばしで、躊躇せず、思い切り良く
 オーバーのミスは構わない(これは一般プレーヤー用ですよ)


 テニスし過ぎて、テニス肘になっていませんか?
 テニス肘脱出キット 

【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

最後まで読んでいただいて、有り難うございました
お問い合わせは月さんまでお気軽に

|

« テニス イワノビッチ US | トップページ | 錦織 杉山3回戦へ サービス力 »

コメント

デビューしたての錦織選手ですね。

投稿: ナダルっ子 | 2011年10月20日 (木) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織圭 ストローク 分析:

« テニス イワノビッチ US | トップページ | 錦織 杉山3回戦へ サービス力 »