« クルム伊達選手に学ぶ テニス 勝ち方 データ分析 | トップページ | 親子のスキンビクス 子供から学ぶ スポーツ上達法 »

2008年11月21日 (金)

ライジングは簡単だ インナーテニスを使おう

クルム伊達 ライジングショットは簡単 インナーテニスを活用しよう

 こんばんは。寒いですね。
 テニスと、スキーを仕事にしています。楽しいですよ。

 ひじかたスキースクール大島プロから、去年の冬のスキースクールのコーチビデオが届きました
   雪、いいですね。滑りたい。振り子坂の新雪を滑りたい。
 カービングターン のコツ

 でもまだ、横浜でテニスのレッスンです。仕事仕事。
にほんブログ村 テニスブログ

ビジネスクラス・セミナー

☆ クルム伊達選手から学ぶもの ★ を続けます

 よく雑誌などで、ライジングは難しいと書いてあります

 でも、本当に、ライジングは難しいショットなんでしょうか
 クルム伊達選手の復活した試合でのライジングです。見事なタイミング

Datefsrisingline_2

 ライジングが難しいと言われる根拠は

  1:ボールが弾んですぐなので、ラインが読めない
  2:タイミングをとるのが難しい   と言われています。

 確かに、意識してライジングを打ったら難しいでしょう。
 弾むボールの予測を、正確にして、ラケット面を合わせなくてはなりませんから

☆ 心で上手くなる インナーテニス
Inner_tennis


 そこで、インナーテニスです。意識せずに、自分の今までの動きに任せるのです。

 インナーテニスとは、意識をせずに、自然な身体の動きに任せる方法です
 その根拠は、我々の身体は本来自然に運動に対応するようにできている。

 ああしよう、こうしようとする、意識が、筋肉の動きを硬くして、ぎこちない動きにしてしまう、
 そのような考え方です。

Heart
 僕はカナダにスキーのコーチとしていた時に、インナースキー研修を受けました。
 目からうろこの、画期的なレッスンでした。スキーもテニスも、スポーツ全体に共通の指導法です

 説明、解説は一切なしで、自分の内部に任せるのです。本当の自分を引き出してあげるのです。
 変な意識は、体の自然な動きを阻害しやすいので、ナチュラルに自然な体の動きに任せるものです。

 T.ガルウェイが書いた、名著です。

 嘘だと思ってやってみてください。
 最初は自分でボールを弾ませて、弾んだらすぐに打ってみてください。野球のショートバウンドでとる感じです。
Photo_3

 次にラリーをいつもよりもベースラインの中に1,2歩入り、ボールの上がりっぱなを打ってください
 ボールを落とし過ぎないように注意して。

 この時に、自分の自然な動きに任せますから、余計なことを考えずに、飛んでくるボールに集中してください。

 インナーテニスの中によい言葉があります
 「弾んで!」「打って!」
 と言うだけでいいんです。

Rising_ready

 相手のボールを良く見て、

 「弾んで!」

 「打って!」

 「弾んで!」

 「打って!」
 これを繰り返します。
 ホラだんだんタイミングが合ってきたでしょう

 タイミングが合わない方、相手が打つ時にスプリットステップしていますか?

 このスプリットステップで身体を自動運転にしてあげてください。

トップスピン、スライス、そしてライジングのボールの弾道と打点のイメージです

Swing_tspin_slice_rising_2

 ライジングとトップスピンの打ち方の、説明をしておきますが、練習の時は、
 考えずに

 「弾んで!」

 「打って!」  だけですよ。

 最初は、

 ボールのコースが定まらないでしょうけれど、

 インパクトの時に、

 グリップをギュツと握って、

 ラケット面がぶれないようになれば、

 ボールのコースも安定してきます

☆ ライジングでトップスピンをかけるには

トップスピンの3要素
Rising_racket_face_2


 1:インパクトのラケット面はほぼ垂直
  インパクトの時にラケット面がグラつかないように

 2:スウィングは下から上

 3:相手のボールの弾道、自分の打つ弾道、
そしてラケットスウィングの軌道は一番上

 この3点に注意してください 

 トップスピンが打ちやすくなる 
しかもハードヒットをしても、ストリングスが長持ちする。
 NHKの「アインシュタインの眼」で、
 ボールのスピンを解明 
 テニスの科学とアインシュタインの眼
 

 ストリングスが動くことで、スピンがかかる。だから??

 その秘密はエラストクロスにあり。ストリングスの交差にチップをつける。これが秘密
 

 トップスピンキット(エラストクロスとアリビエート)
  

ライジングでボールが速く飛ぶわけ

 ライジングは弾んですぐに打ちます。
 この時のボールの速さは、
 初速が80キロ(一般プレーヤーの上級者)とすると、
 40キロ弱。ここまでで半分以下になっている。
 
 普通のストローク、ボールが弾んで落ちてくるところは、30キロ以下にまで落ちているんです。
 ですから、ライジングの方が、普通のストロークよりも30パーセント位速いんです。
 ですからタイミング良くスウィートエリアで打てれば、ボールは軽く吹っ飛んで行ってくれるんです。

 さらにクルム伊達選手の様に、アプローチで打てば、ステップインする体重移動も手伝って、
 さらにボールの加速要素となります

 リターンダッシュも同じ原理ですね
Ret_tspin_vs_clice_line_2


テニス手帳 便利ですよ。テニスも記録をいっぱい、コート図が入ったメモが便利

テニス用携帯ホワイトボード

軟式用ホワイトボードもあります


 フウッ、今日は長かった。お疲れ様でした。

 お役に立ちましたか?
 僕は明日のレッスンで、インナーテニスとライジングやってみますよ。
 クルム伊達選手の活躍のおかげで、お客様も飲み込みが速いはずです。
 今週のレッスンで実証済みです。

テニス スキー上達com



最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« クルム伊達選手に学ぶ テニス 勝ち方 データ分析 | トップページ | 親子のスキンビクス 子供から学ぶ スポーツ上達法 »

テニス」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

伊達」カテゴリの記事

トップスピン」カテゴリの記事

インナーテニス」カテゴリの記事

コメント

自分で言うのもなんですが、このクルム伊達の内容、シングルスの試合の方にいいですね

投稿: 月さん | 2009年5月 7日 (木) 05時52分

優秀なお客様、コメント有り難うございます。
ご指摘有り難うございます。レイアウト下手ですね。
まだ製作中に、どんな形になるかイメージできていないんです。
ホームページの方が分かりますね。
頑張ります。

投稿: 月さん | 2008年11月21日 (金) 20時53分

いつも楽しいレッスンを有り難うございます。
目ウロなんですが、レイアウトをもう少し整理されたら読みやすいですよね。

投稿: 優秀な生徒 | 2008年11月21日 (金) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライジングは簡単だ インナーテニスを使おう:

« クルム伊達選手に学ぶ テニス 勝ち方 データ分析 | トップページ | 親子のスキンビクス 子供から学ぶ スポーツ上達法 »