« ストローク上達の必殺技 動画でレッスン | トップページ | 錦織圭選手をwowowが特集 ストロークを中心に分析を »

2008年12月20日 (土)

スキー上達のヒント カービング パラレルへ

大島プロのレッスン 簡単カービングターン

 おはようございます。スキー場に雪が欲しいですね
 上村愛子選手、ワールドカップのモーグルで初戦、6位入賞 残念。去年破竹の6連勝

ラスベガスでは思いもよらぬ、豪雪とか。日本に欲しい!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

旅行口コミ情報【JTBスタッフ偏】


 朝日の猪苗代スキー場 去年の写真ですよ
Photo


 早起き月さんしか撮影できませんヨ

 今年の写真はここ

 大丈夫です。必殺お助け人、月さんが入るクリスマス前後には、寒冷前線を呼び寄せますから
 乞う! ご期待!!

 これから少しずつカービングターンの練習に入ろう


 カービングターンと言っても、そう難しく考えることはない。

 スキーの形状、サイドカーブを利用して、そのまま乗り込めば良い。

 このスキーの形状を、良く見て。大きく曲がっているでしょう。それに沿って滑る


 スキーをハの字にして滑る。実はこのプルーク、基本を確認するのに非常にいい。

先回のプルークの基本ターン練習
  少しずつスタンスを狭くする練習のポイントをカットしてつなげた
Photo_2


 プルークの楔形の内側はエッジング。でもターンする時は、それが緩くなり、曲がり始める

 ターンのきっかけは、軽く伸び上がり、正しくは伸~び上がり、エッジが軽く外れるようにする
 ただし、楔形は外れないように、穂座は少し締める。その感覚さえマスターすれば大丈夫

 感覚=フィーリング  スキーで言えば足裏感覚 テニスなら手の平感覚だ
   スキーがハの字に開いている関係で、上体と、脚部に自然とくの字姿勢ができる
 アンギュレーションと言うけれど、この姿勢がスキー上達のポイント
 この姿勢をしっかり取れると、基本中の基本、外足荷重ができてくる
 だからターンも楽になる。

 脚部と上体のアンギュレーションを感じて欲しい。

 楽しいレッスンは ひじかたスキースクール
 ジュニアレッスンの雰囲気 
 インナースキーで自習  
 動画解析日本ナレッジ 

 ヘルメットのGIRO公式サイト
 サングラスもお洒落

 テニス スキー上達com

 犬の絵のカンレンダー 好評ですよ 柴犬、ラブラドール、テリア、ポメラニアンなどなど



最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ストローク上達の必殺技 動画でレッスン | トップページ | 錦織圭選手をwowowが特集 ストロークを中心に分析を »

スキー」カテゴリの記事

ビデオ」カテゴリの記事

ひじかたスキースクール」カテゴリの記事

カービング」カテゴリの記事

パラレル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スキー上達のヒント カービング パラレルへ:

« ストローク上達の必殺技 動画でレッスン | トップページ | 錦織圭選手をwowowが特集 ストロークを中心に分析を »