« ナダルのサービス 全身運動 次の準備 | トップページ | テニス 勝利の法則 勝つには何が必要か »

2009年7月28日 (火)

選手達への声援 試合を楽しもう プラスの言葉で自分を引っ張る

試合を楽しもう 

 今日はジュニアの上級者クラスのレッスンを代理でやりました。
 久しぶりに会う子供たち、大きくなって、しっかり振り抜いて打つようになっています。頼もしい限りです。

試合に勝つ格言1

Photo_4

試合に勝つ格言2

Photo_5

そんな成長中の子供たちのレッスンをして気づいた点を。
 1:練習中はノビノビ  試合になると緊張して
 2:ストローク、思い切り打つばかりで、コース狙いをもっとしっかりと
 3:サービスは圧倒的にネットミスが多い。ストロークのラリーはいいけれど、サービス、レシーブのミスが多過ぎる
 4:試合のカウントを言わない。げムカウントを言わない。言っても声が小さい

 試合のスコアを取る事を進めていますが、スコアを取ると分かるのは、テニスの試合のミスは、サービス、レシーブ、そして次のショット、つまり3,4球目までにほとんど決まっています。

Vs

誰でも試合になるとパフォーマンスが落ちるものなのです。


 スコアをこうやって取ろう 

 スコアの取れるテニスノート  

 ストローク戦に持ち込む前にミス、特にリターンミスがおおいんですね。
 改善法ですか。簡単です。サービス、レシーブの練習を増やす事です。
 ストロークのラリーの最初をサービスから始める事です。その時にネットミスをしないように、多少おオーバーでも良いんです。
 相手はリターンを打てますから。ネットしたら、次がありません

Drill3
 レッスンの僕のボール出しでは、

 のびのびと、凄いボールをバンバン打って来ます。

Drill3fbsc
 羨ましい位です。

 こんなボール出しです


 次にストロークのシングルスでのチャンピオンゲームをやりました。2つに分かれて、1球失敗したら交代です。
 失敗しても悔しさが余りないのが気になりました。
 1回失敗したら、悔しいから、次はもう少しつなげてみる、そんな臨機応変なプレースタイルが必要です

 今日はみんなメンバーが揃っているから、練習を、集中力出早目にこなして、後は試合をしよう、そう言ってサービス練習に入りました。
 いいサービスが入っています。これなら安心と思っていましたが

試合前にお互いにクロスコートでサービス、レシーブの練習をさせました。
この時点で、サービスがネットし始めます。

案の定試合になると、ネットミスでのダブルフォールトが多いですね。力が入り過ぎですね。

そこで僕がアドバイスを
 「試合は練習の気持ちでリラックス、練習は試合のポイントを意識して集中力を高めて」
 すると子供が一人「コーチ。試合はもっと一生懸命やらないといけないんでは?」
 僕が「緊張し過ぎて失敗するケースが多いから、試合の経験が少ない人は、リラックスが第一ですよ」


Lc
 明日試合があるという子が、「試合をやって0-5になったら、どうしよう」
 要するに、マイナス思考の言葉が多いんですね。
 そこで僕「いいじゃない、明日外のコートでテニスができるなんて、最高じゃない。楽しんでプレーして」
 「それに誰だって、みんなと同じように、相手が強く見えて、緊張しているんだよ。」
 だからマイナスの言葉は言わない。ポーカーフェイスで、マイペースで

オリンピッククラスの選手は緊張する状態で戦えますが、一般プレーヤーは、まずリラックスする事です。
 子供たちに、どうしてサービスの時に緊張するか分かる?
 「???」
 「サーブは自分のタイミングで打てるでしょう」
 「???」
 だから勝手に頭が働いて、筋肉が緊張してしまうんですよ。
 「サービスを打つ前に、ルーティーンをやりなさい、というのはそういう事」

Mid

このイメージを持てはネットミスは減る


 選手はサービスの前にボールを弾ませますが、一般プレーヤーの方は弾ませているうちに、腕に力が入る人が多いんです。ですから

、むしろ、ラケットで軽くボールを地面に突いて、同時に脚を動かして、身体を動かしてスタンバイ状態に、そこからおもむろにサー

ビスを打った方がリラックス出来ますよ。

 参考になりましたか?
 今日は、成長中で悩める子ども達へのアドバイスです

 メンタル.タフネス克服 インナーテニス上達法 

 テニス徒然草 テニス手帳、ノート 詳しい内容が分かる

 テニス徒然草 テニス、ホワイトボードでレッスン上手 

 そうそう、一番重要なアドバイスは、しっかりボールを見る事
Clockballsm

にほんブログ村 テニスブログへ

三牧ファミリー薬局


最後まで読んでいただいて、有り難うございました

|

« ナダルのサービス 全身運動 次の準備 | トップページ | テニス 勝利の法則 勝つには何が必要か »

心と体」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

インナーテニス」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。テニス楽しいです。試合も楽しいはずなのですが、試合を楽しむには経験が必要ですね。

投稿: 月さん | 2009年8月 4日 (火) 07時00分

このようにテニスを考えられたら、楽ですね。
羨ましい。

投稿: マンダリン | 2009年8月 3日 (月) 17時19分

先のこれを読んでいれば。今日、試合でボコボコにやられました。悔しいッス

投稿: ボコボコ | 2009年7月29日 (水) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 選手達への声援 試合を楽しもう プラスの言葉で自分を引っ張る:

« ナダルのサービス 全身運動 次の準備 | トップページ | テニス 勝利の法則 勝つには何が必要か »