« サービス上達法 ウィンブルドンからのヒント | トップページ | コーチ用 テニス手帳 テニスノート »

2009年7月 4日 (土)

ウィンブルドン速報 フェデラー ロディック 決勝へ

ウィンブルドン速報  R.フェデラー A.ロディックの決勝

 ウィンブルドン 英国 伝統

British_flag


 データで見るテニス 打つ場面をイメージして欲しい

 サービスキング A.ロディックのサービスのコース センターが多い
Wi_roddick_ser_direction

 A.マレィ、イギリスの夢断たれる

 コンピューターの力 一杯表現された大会 僕には最高に面白い
 自分が苦労してやってきたことを一瞬で作っていしまう
 自分もこのソフト欲しい

にほんブログ村 テニスブログ

 一般プレーヤーの試合では、監督、コーチが手書きで作り、セットごとにアドバイスできると最高
 スコア、サービスコースの記入ができる テニスノート 

 テニスの作戦ボード 部活に便利 携帯用A4 ハードカバーでマグネット付き
  

7年連続で決勝に進んだ。7年連続の決勝進出は大会が現行のトーナメント方式になった1922年以降初めて。
 フェデラーは四大大会で20度目の決勝進出で、歴代単独最多

R.フェデラー 7-6 7-5 6-3 T.ハース

Federer_bvo_winner

サービスエースは同じだがダブルフォールトがT.ハースは多かった 5本は痛い

 フェデラーはサービスでのポイント獲得率が高い
Wi_federer_ser_point_get_lost


1stサ-ブは深く、2ndサービスが少し浅いがトップスピンがかかり、跳ねている様子が分かる
Wi_federer_1st_2nd_difference

 凡ミスの少なさ
 ウィナーの多さと、R.フェデラーが上回った。
 特にネットプレーの確率の良さは特筆 38 of 43 = 88 %

  普通は60-70パーセント位の確率だから


T.ハースはベースラインから下げられてしまった
Wi_haas_ret_hitzone

_haas_fs_hiball_jump

 1ポイント当たりの所要時間は 38秒 ロランギャロどう違うか
 ロランギャロでは平均 41秒 それだけラリーが続くことになる

A.ロディック 4-6 6-4 7-6 7-6 A.マレィ

Roddickbs_imp2

数字はほぼ互角  サービスエースはA.マレィの方が多い
 サービスエースがスピードだけではない証拠
 A.ロディックの最速サービス230キロ  A.マレィは211キロ
 差が出たのは、ネットプレーに積極的に出たA.ロディック プレッシャーを多くかけたのが勝因だ

Wi_roddick_hit_zone


 48 of 75 = 64 %  とポイントの半数以上をネットプレーで勝負している

 A.マレィは甘くなった2ndサービスを叩かれた
Wi_murry_ser_1st_2nd


Murray_ser_good


 これは決勝のR.フェデラー戦が面白い
 久しぶりにウィンブルドンらしい対決が予想される

テニス界のイケメン 
チャーミング選手 

テニス徒然草 
テニス スキー上達com 
フォトアルバム

最後まで読んでいただいて、有り難うございました

|

« サービス上達法 ウィンブルドンからのヒント | トップページ | コーチ用 テニス手帳 テニスノート »

テニス」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

サービス」カテゴリの記事

ウィンブルドン」カテゴリの記事

統計」カテゴリの記事

マレィ」カテゴリの記事

分析」カテゴリの記事

ロディック」カテゴリの記事

コメント

A.ロディックの大ファンです。苦節ウン年、長かったですね。最近、なかなか上位に来れなくて。明日は期待です。
サービスでR.フェデラーをぶっ飛ばせ。気合いだ!
気合いだ!

投稿: ロディック命 | 2009年7月 4日 (土) 15時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィンブルドン速報 フェデラー ロディック 決勝へ:

« サービス上達法 ウィンブルドンからのヒント | トップページ | コーチ用 テニス手帳 テニスノート »