« 偉大なるチャンピオン復活劇 フェデラー復調の軌跡 | トップページ | ウィンブルドン考 ネットプレーの重要性 3球目攻撃 »

2009年7月 9日 (木)

サービスキングは パワーのロディック テクニックのフェデラー

サービスキング サービスはスピード? コース? 回転?

 今回のウィンブルドンほど、サービスの話題が大きく取り上げられたことはない

 サービスと言えば、A.ロディックが代名詞。しかし、ここ数年、サービスだけが名を残していた

 圧倒的有利と言われた、R.フェデラーをここまで追い詰めた 激闘の第5セット
Wi_rf_ar_score

 先にサービスブレークで先行したのは、A.ロディック
 2ndセット、タイブレーク6-2でセットポイントを握ったのもA.ロディック
 しかし試合の女神は、R.フェデラーに
 
ここぞでの、2ndサービスはメンタル.タフネスが重要
 メンタル.タフネス、テニスノート

 自分を支える心の強さ
Photo

 先のロランギャロで1試合55本のサービスエースをL.ヒューイットから奪い、サービスキングに名乗りを上げたのがI.カルロビッチ 

 今回もR.フェデラーと緊迫感のある試合を展開してくれた

 サービス力 パワー対 頭脳

 ロランギャロでR.ナダルを破り いきなり脚光を浴びた、R.ソダリングもサービス力を中心にゲームを組み立てる

 こんなサービス力の選手が台頭する中で、新しいコーチの元で、地力を発揮したのがA.ロディック
Wi_ar_ser_far


 サービス世界記録はだれにも渡していない、今回のウィンブルドンでもサービスエース、スピードと文句なくキング

Wi_serace_men

全試合のサービスエースの数、右端は、1試合当たりのサービスエースの数
本当は1セット当たりのサービスエースを出すと、真のサービス力が見える
 赤字:1位 青字:2位 緑字:3位


 しかし、忘れてはならないのが、R.フェデラーの頭脳的サービス
Wi_rf_ser_far


 これは一般プレーヤーも見習ってほしい点
  スピードに頼らず
  1:相手の弱点を突く
  2:相手の読みを外す
  3:逆を突く

 サービス進化論 少し前の原稿だけれど 

 皆さんも、サービスの練習を増やして欲しい

 そしてポイントのほとんどがサービスから始まって3本、せいぜい4本までに決まっているので、
 普段の練習でも、サービスを打った次の攻撃
 リターンを打った次の攻撃練習をして欲しい

 実は、僕が調べたデータだと、サービス力が一番発揮されるコートサーフェイスは、
 次の USオープン 

  USオープン2008

 去年 錦織圭選手がシードのD.フェレールを破った のを思い出して欲しい
R.フェデラーとS.ウィリアムスが優勝している そう、今回のウィンブルドンそのままになる

 ウィンブルドン以上にサービス力が有利とのデータが出ている
 R.ナダルの出場に期待して、USオープンを楽しみにしよう

 要するに、サーバーもリターナーも3球目攻撃を心がけるという事だ

 さあ、今までの練習に、サービスを付け加えよう。
 サービス練習をしたら、勿体ないからリターンに入る
 リターンの事を考えたら、サーバーはネットミスを減らす

 ほら、こうすればお互いに試合の練習ができる

 テニス力アップのための テニスノート  

  テニスノート、ホワイトボードの詳しい説明  

   ソフトテニスノート 
 携帯用ホワイトボードでレッスン上手 

 C.ウォズアニッキ応援ページ


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 偉大なるチャンピオン復活劇 フェデラー復調の軌跡 | トップページ | ウィンブルドン考 ネットプレーの重要性 3球目攻撃 »

テニス」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

サービス」カテゴリの記事

ウィンブルドン」カテゴリの記事

ロディック」カテゴリの記事

コメント

先日、会った外人が言ってました。フェデラーはアーティストだって。ナダルはグレイト。ロディックは、もう少し戦略を練ったらと。そしてテニスは頭脳プレーが大事と。なんか、納得しました

投稿: アーティスト | 2009年7月16日 (木) 22時25分

ブログの雰囲気が変わりましたね。
シンプルで見やすいです。
いつも大変でしょうけれど、新しい情報期待しています。敬具

投稿: ワイングラス | 2009年7月10日 (金) 20時19分

トラックバック有り難うございます。少しでもテニスの興味が増えてくれれば幸いです。
これからもよろしくお願いします。

投稿: 月さん | 2009年7月 9日 (木) 09時37分

はじめまして。
フェデラーについての興味深い記事ありがとうございます♪
貴記事を私のブログ記事 http://d.hatena.ne.jp/rose-m/20090706 にリンクさせていただきました。
もし問題等ございましたら、こちらのコメント欄、あるいはわたくしの記事のコメント欄、あるいは crown_message@yahoo.co.jp あて、その旨お知らせくださいますようお願いいたします。
ありがとうございます。

投稿: rose-m | 2009年7月 9日 (木) 09時01分

フェデラー復活良かった。サービスの話、参考になりました。メンタル.タフネスですね。自分も分かります。試合になると。今度、メンタル.タフネスの事を詳しくお願いします

投稿: スイスの貴公子 | 2009年7月 9日 (木) 08時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サービスキングは パワーのロディック テクニックのフェデラー:

« 偉大なるチャンピオン復活劇 フェデラー復調の軌跡 | トップページ | ウィンブルドン考 ネットプレーの重要性 3球目攻撃 »