« tennis A.マレィ優勝  勝因の分析 リターン力にあり | トップページ | テニスニュース 杉山組ベスト8入り シャラポワも »

2009年8月19日 (水)

勝利の法則 シングルス3 大きな戦略を持つ

テニス 勝利の法則 シングルス 3 大きな戦略を持つ

 A.マレィがロジャーズカップで優勝
Murray_fs_tb1


 R.ナダルを抜いて2位に なりました

 A.マレィ選手は、守備的な戦略家と言われています。この守備に攻撃力が増してきたのですね

 勝利の法則を書いています。
 シングルスに限らず、テニス、スポーツ全般に言える事です。
 皆さん、大きな戦略を持っていますか?

 戦略を遂行するために、戦術を、そして戦術を実行するために技術があります。
 逆を言えば、自分の技術を知り、その範囲で戦術を立てる。

 勝利の法則 1  
   基本の戦略、戦術の意識

 勝利の法則 2  
   当たり前ですが、テニスを好きになる、考える事を好きになる

Rule3


勝利の法則  シングルス 3 大きな戦略
 相手を動かす 自分の動きは最小限で 
 1:クロスを多く      → 相手を動かす  

 2:ストレートは       →逆を突く

 3:相手の苦手に打つ   →バックを狙う

それぞれの意味を考えましょう。

 1:クロスを多く    → 相手を動かす
S


  クロスに打つと相手を大きく左右に振る事が出来ます・
  ストレートに打った時と、かなり違いますよね。
  ワイドに打って、相手を左右に動かしましょう。

  相手が、ワイドに振るのに慣れて、予測し始めたら、初めて逆を突いてダウンザラインです。

 そこで、2:ストレートは     →逆を突く  となります

  テレビで観戦していると、トッププレーヤーは、相手の逆を突いて、狭いところを格好良く抜き去ります。
  ダウンザラインの狭いところをですね。

 でもこれは、トッププレーヤーならではの難しい技。
 一般プレーヤーでしたら、まず基本はオープンコートです。
  オープンコートに打って、相手を走らせて、
  たとえ追いつかれても、逆の方にさらに大きなオープンコートが出来るはずです。
 ここにゆっくり打てばいいのです。

 戦略のの基本として、相手を左右に走らせて、次もクロスと相手が動いた時に、さりげなく逆を、
 そう、ここで初めてダウンザラインです。

 ダウンザラインに打つは二つ注意点があります。

 ネットがセンターよりも16センチ、ボール2個分高い事

S_2


 クロスに比べて距離が2メートル近く短い事。
 それをしっていないと、バシッとネット直撃かオーバーになります。

 先回も書きましたが、スポーツの基本戦略、
 「自分の得意で、相手の苦手を攻める」があります

 基本的には、相手に苦手はバックですから、しつこくバックを狙って打ちましょう。
 まあ、相手も先に、皆さんのバックを狙ってくるでしょうから
 回り込むか、バックを上達させるかですね
 
Photo


 まれに、バックの方が安定している選手がいます。
 スライスで丁寧に返す、そして浅いボールが来ると、フォアに回り込まれて強打されてしまいます。
 こんなプレーヤーはテニスコーチに多いですね。

シングルスのレッスンカード 持ち運べるレッスンカード イメージで右脳刺激
  
Lc_singles


今日のまとめ 勝利の法則 シングルス3 大きな戦略を持つ
 大きな戦略 相手を動かす 自分は最小限の動きを      
   1:クロスを多く       → 相手を動かす  
   2:ストレートは       → 逆を突く  
   3:相手の苦手に打つ   → バックを狙う

読者の方から、ダブルスの方程式も教えて欲しいと言われました。
 ですから、並行して、両方を紹介します。

 勝利の法則10をまとめて、メモにした テニスメモも付いている
 テニス上達ノート 

 テニスの作戦ボード ハードカバーで、2面のテニスコート図 1面はマグネット
Wb_mag

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« tennis A.マレィ優勝  勝因の分析 リターン力にあり | トップページ | テニスニュース 杉山組ベスト8入り シャラポワも »

シングルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

レッスン」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

基本」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

コメント

テニスの雑誌に色々書いてありますが、単純な作戦はないですか?

投稿: そこんとこ | 2016年10月30日 (日) 11時43分

おはようございます。スマスマですよね。僕も見ていました。
一生懸命ではありませんがチラリですけれど。

投稿: 月さん | 2009年8月26日 (水) 06時22分

スマップでユリゲラーが来ていました。まだスプーンやっているんですね。スプーンだけで稼げるなんてすごい

投稿: ユリゲラゲラ | 2009年8月25日 (火) 23時20分

おはようございます
朝は涼しいですよ。秋を感じますね。
それで親友の画家のブログ、素敵なコスモスをアップしました
http://tsukisan.cocolog-nifty.com/art_/
風景画 塗り絵ですよ。よろしくお願いします。

投稿: 月さん | 2009年8月24日 (月) 06時40分

コメント有り難うございます。管理人の月さんです。
おはようございます(^○^)♪
読んで頂いて有り難うございます。
レッスンをしながら、試合に出ていた頃の整理を
すると勝利の法則が見えてきました

投稿: 月さん | 2009年8月24日 (月) 06時38分

ダブルスのっ特集をずっと読ませていただいています。
凄く分かりやすくていいですね、ダブルスが、技術だけでないと、納得します

投稿: ペアペア | 2009年8月22日 (土) 17時41分

カナダは暑いそうですよ。それにしてA.マレィ頑張りましたね。ついに時代が来るのかなあ。イギリス人の悲願

投稿: タンタンメン | 2009年8月22日 (土) 12時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/45968578

この記事へのトラックバック一覧です: 勝利の法則 シングルス3 大きな戦略を持つ:

« tennis A.マレィ優勝  勝因の分析 リターン力にあり | トップページ | テニスニュース 杉山組ベスト8入り シャラポワも »