« 全米テニス テニスの醍醐味を堪能 | トップページ | トップスピンの打ち合い コート上の格闘を制したのは »

2009年9月10日 (木)

Nadal Tennis 勝利の法則の実践 自分のテニスを信じる

R.ナダルと勝利の法則

男子シングルス 4回戦 これでベスト8が出揃う

R.ナダル(スペイン) (3) ○-× G.モンフィス(フランス) (13), 6-7 (3-7), 6-3, 6-1, 6-3

Nadal06_sad
 最初押されっぱなしで、これはと思ったが

Monfils05_shout

 自分を奮い立たせる G.モンフィルズ

 サービスエース G.モンフィルズの10本に対して、R.ナダルは0 しかしダブルフォールトも0
 凡ミスがG.モンフィルズは 63に対して、R.ナダルはたったの24

勝利の法則を実践しているのが良く分かる

R.ナダルの勝利の法則は
   自分を信じている
   戦略を相手によって変える
    最初は打ち合っていた。 第2セット以降、相手の消耗を待つ、ミスを待つようになった
勝利の法則1 戦略を持つ
S_law1_db_s


勝利の法則2 頼るのは自分 相手を恐れない
Rule2


勝利の法則3 相手を動かす G.モンフィルズを消耗させた 結果パフォーマンスが落ちた
S_law3_cross


勝利の法則4 シングルスコート、シングルスポールを使いこなす
S_law4_s_pole

  ショートクロスは低く
  ダウンザラインは高めに 両方に活きてくるのがストンと落ちるトップスピンだ
   トップスピンマスター レッスンカード  
Nadal03_fs_tb_stand


 トップスピンの打ち方 フォアハンドストローク フェデラーとハースに学ぶ

勝利の法則5 心を支えに G.モンフィルズはメンタルが落ちた
S_law5

 勝利の法則シングルス

 シングルス上達

勝利の法則6 自分の技を駆使  R.ナダルの場合、ミスしない事が大きな技
S_law6_tech


勝利の法則7 シングルスに身体を合わせる  グランドスラムの5セットに照準を
S_law7


勝利の法則8 テニスは頭脳プレー 戦略を組み立て、状況に合わせてスイッチ
Rule8


  第1セットから明らかに第2、第3セットとスイッチした R.ナダル

 テニスの戦略を練る 作戦ボード 

勝利の法則9 クールヘッド & ウォームハート
S_law9_plus


  冷静に、相手の消耗を観察していた

勝利の法則10 チェンジエンド出来分もチェンジ
S_law_10_change

 象徴的だったのは、第1セットのR.ナダルと第3セットのG.モンフィルズの対応
  第1セット 押されっぱなしのR.ナダル 5-3でG.モンフィルズのサービスゲーム
普通なら次のセットを考えて、余り攻めない
  しかしR.ナダルは決して諦めず、ブレーク 結局タイブレークでセットは取られたが、G.モンフィルズに粘る事をイメージさせた

Monfils03_fs_fs

 入ればエースのG.モンフィルズのフォアハンドストローク しかし、
 時間がたつにつれて、確率はダウン。
 一方 R.ナダルは淡々とプレー


 一方第3セットのG.モンフィルズ R.ナダルにリードされたサービスゲーム、
 次のセットに向かって準備し始め、簡単にサービスゲームを落とす。

 この差は大きい。
 強い精神力が必要になる それを鍛えるのはメンタル.タフネス
  メンタル.タフネス レッスンカード 

 自分の心の状態を書く事で、メンタルは強くなる メンタル.タフネスノート


 R.ナダルは淡々と自分のテニスを続ける。信じるのは自分。

 パフォーマンスの低下は無い
 一方、好調だったG.モンフィルズは良いショットはあるが、ミスが目立ち始めた
 テニスは、ポイントの積み重ねでゲームをとらなくてはならない
 いくら良いショットがあっても、1ポイント、デュースを繰り返してもゲームを取られれば、ナッシング

 少し心配なのが、膝の様子。
 痛さは見せていたいが、ストロークの姿勢がいつもよりも高い。 立ったまま打っている感じがする。
 余り膝を使っていない気がする これがこの先どうなるか。

 ジュニアキッズテニス日誌 
 小学生、低学年から書く癖を テニスが好きなら、できる

 テニスの質問は テニス365 Q&A 

 ソフトテニス応援キット

Bivscorecpower

 杉山愛選手の公認コーチが
 スピード&回転のあるストロークを初めて公開!!
 爆発的に売れた第1作

新井湯太加の新井流フルスイングテニス塾


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 全米テニス テニスの醍醐味を堪能 | トップページ | トップスピンの打ち合い コート上の格闘を制したのは »

テニス」カテゴリの記事

トップスピン」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

全米」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

試合」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。ATPファイナルに向けて、ナダル、調子を上げていますよ。R.フェデラーには敗れましたが、存在感を増しています。

投稿: 月さん | 2015年11月 2日 (月) 07時45分

書き込み有り難うございます。
USオープン、楽しいですね。本当にコートの格闘技って感じがします。こんなに打ち合うのなら、日本人に出る幕は無いなあと思ってしまいます。
でもテクニックと心でさせれば、可能性は誰にでもあります

投稿: 月さん | 2009年9月12日 (土) 06時53分

おはようございます(^○^)♪
コメント有り難うございます。
管理人の月さんです。
勝利の法則、シングルスとダブルス、準備しています。
USオープンの更新に追われて、なかなかチャンスがありませんでしたが、ここにきてベスト4ですから、試合数が少なくなり、時間が出来ていました。
是非参考にしてください

投稿: 月さん | 2009年9月11日 (金) 06時00分

いよッ。待ってました
勝利の法則いいですね。
勝てそうな気が

投稿: テニス棟梁 | 2009年9月10日 (木) 08時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/46170117

この記事へのトラックバック一覧です: Nadal Tennis 勝利の法則の実践 自分のテニスを信じる:

« 全米テニス テニスの醍醐味を堪能 | トップページ | トップスピンの打ち合い コート上の格闘を制したのは »