« テニス セレナの失格事件から スポーツマンシップを考える | トップページ | 選手から学ぶ トップスピン フォアハンド ウダン »

2009年9月17日 (木)

ソフトテニスの陣形研究 硬式テニスとソフトテニス陣形比較

硬式テニスのコーチから見たソフトテニス

 自分は硬式テニスから入ったのでソフトテニスの事は未経験。
 これはデメリットでもあるが、逆に新鮮な目線から見える事もある

 硬式テニスから見たソフトテニスを分析してみたい。

硬式テニスとソフトテニスの違い
 Soft
 ソフトテニス専用コート

 ウィンブルドンのコート
Center_court_side

違いを表にまとめてみた  クリックすると拡大します
Photo

人気ブログランキングへ

 専門学校でテニスの講師をしていた。この時にスウィングスピードの圧倒的に速いのはソフトテニス経験者。
 八景ITSでジュニアのレッスンをした時に、高校生で中学からソフトテニスをやっている上手なこが来た。
 この子に硬式テニスを教えずに、そのままソフトテニスのままラケットだけ変えて打たせてみると、フォアハンドは凄い威力のあるボールが返ってくる。
 この時に、ソフトテニスを見直すようになった

 ソフトテニスの基礎情報

ソフトテニスの基礎知識

 あのR.ナダルのフォアハンドストローク ソフトテニスそのままだ。

Nadal_fs_hh


 ソフトテニスの子が、そのままのグリップで片手打ちのバックハンド。
 回転量が多い、ヘビーなトップスピンのボールだ

 さらに驚いたのが、ボレー。あのソフトテニスのグリップのまま、器用にローボレーをこなす。
 ソフトテニスのレベルの高い子は、そのまま硬式テニスに移れると確信した。

 テニススクールに硬式テニスを習いに来る子供たちの中に、ソフトテニス部の子が多い。
 いろいろ聞くと、ルールが良く変わって分からないと答える子が多いのには、驚いた
 中には、最先端の硬式テニスの打ち方をマスターしている子供がいる。
 数年の練習で、ここまで来るソフトテニスの可能性に期待したいい。
 
 そんな意味で、硬式テニスと比較しながら、ソフトテニスを紹介したい。
 世界のトッププレーヤーのフォアハンドストロークはソフトテニスそのままの打ち方をしているからだ。
 ひょっとしたら、ソフトテニスの選手から世界に近い選手が育つ可能性が高い。


 硬式テニスのコーチの目線からソフトテニスを分析してみる。
 その基本は得意の テニスの試合のスコア分析 

 ソフトテニスの試合を研究してみると、ルールが変わり、チャンス到来。
 今までは前衛、後衛の分業制で、後衛がサービスとストローク、前衛がボレーの決めと、分業制が確立していた。
 しかしルールが変わり、今は全員がサービスをする。1ゲームで交代で2本ずつサービスを打たなくてはならない。
 これは今までの前衛にサービス力がより重視される。
 逆に弱点の相手前衛のサービスはリターン有利で攻めてくること必至
 つまり、サービス、レシーブの比重が増したという事。
 より硬式テニスに近くなったと言える。

ソフトテニスのサービス時の陣形 硬式テニスよりもはるかに複雑

Ser1


Ser2


Ser3


Ser4


 そのため、今まで以上に、陣形の理解、状況に応じた陣形の取り方が出来ないと、試合を有利に展開できない事になる。

 ソフトテニス レッスンカード ダブルス陣形マスター編 

 実際、先回のインターハイの決勝、陣計が入り乱れた。

試合開始から2ゲームの途中までの陣形の推移 クリックで拡大します
Soft


 先ほど示したイラストの陣形が、全部使われている。
 次のアップから陣形をどんどん紹介したい


 インターハイの決勝のスコア分析をしながら、ソフトテニスを見つめ直してみたい
 雁行陣だけの打ち合いは少なく、雁行陣対後衛陣 雁行陣対前衛陣 後衛陣から前衛陣同士の対決など、陣形の変化が面白くなっていた。

 ソフトテニス選手育成スコア重視ノートA4ホワイトボード入り マーカーセット
   
 ソフトテニス超薄型手帳A5 スケジュールコート図メモ重視  

 ソフトテニス絶対うまくなるDVD
【ソフトテニス】濱中流「実践乱打練習術」


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

最後まで読んでいただいて、有り難うございました

|

« テニス セレナの失格事件から スポーツマンシップを考える | トップページ | 選手から学ぶ トップスピン フォアハンド ウダン »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

ソフトテニス」カテゴリの記事

軟式」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(^○^)♪ 
コメント有り難うございます。
テニススクールでも、ソフトテニスの部活の学生が来ると、学校での指導の事など、顧問のアドバイスを察知しながら教えていました。

投稿: 月さん | 2017年8月19日 (土) 07時42分

部活で指導しています。学校ではソフトテニス、テニススクールで硬式を習う子供が増えています。
アドバイスで苦労します。

投稿: 高校生指導 | 2017年8月15日 (火) 07時43分

ツイストチョコさん、おはようございます(^○^)♪
コメント有り難うございます。管理人の月さんです。
ソフトテニスは陣形が全てです。しっかりマスターしてください。

投稿: 月さん | 2011年6月12日 (日) 06時38分

ダブルスの陣形ですね。良く分かりました。アドバイス有り難うございます。

投稿: ツイストチョコ | 2011年6月11日 (土) 12時11分

こんにちは。スコアは、最初化聞かれるのに時間がかかります。でも書きながらテニスを整理できますし、慣れたらプレーを見ながら書けますよ。」ビデオを見て、最後に整理しながらつけると最高です

投稿: 月さん | 2009年9月26日 (土) 14時03分

ソフトのせいしきなコート始めて見ました。感激!!

投稿: テクテク | 2009年9月19日 (土) 18時02分

やっと出してくれましたね。ソフトテニスのスコア、陣形分析、楽しみしています。部活の指導に役立てたいのでよろしくお願いします。

投稿: ソフトクリームトッピング | 2009年9月17日 (木) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソフトテニスの陣形研究 硬式テニスとソフトテニス陣形比較:

« テニス セレナの失格事件から スポーツマンシップを考える | トップページ | 選手から学ぶ トップスピン フォアハンド ウダン »