« ソフトテニス 勝負の分かれ道 連続ポイント 作戦ボード | トップページ | クルム伊達 快挙 韓国オープン優勝 »

2009年9月27日 (日)

トップスピン総まとめ  フェデラーのストロークの秘密

 トップスピンの総まとめ ストロークの秘密

 トップスピンを覚えるためのイメージ画像をもう一度紹介しよう

 M.ウダンのトップスピンは非常に分かりやすい イメージトレーニングにオススメ

 1:サーキュラースウィング
Cer_swing_tspin

 2:ボールの弾道
Ballline_spin_rf

 3:ボールの回転
Ball_spin_line

 4:相手ボールと自分のスウィングの同調
In

 5:ツボにはまる スウィング
Swing_racketface

にほんブログ村 テニスブログへ
 
 ストロークの基本  
  全身運動  円運動 サーキュラースウィング
   
  軸の安定性 軸足の意識を持つ事  見本はタイガーウッズ
   
  打ったら次の準備 いつも元に戻る事
   錦織圭は2年前から世界最先端のフットワークを駆使
  


 グリップの意識を
 スプリットステップして打点調整

 グリグリのヘビートップスピン主流の中で、高い打点からのフラットな叩くボールの強さを証明してくれたのが
、 R.フェデラーとT.ハース
 今年のR.フェデラーの大一番

  R.フェデラーの戦い vs A.ロディック

 R.フェデラーとT.ハースの大激闘 ロランギャロ 

フォロースルーとテイクバックを示して インパクトをイメージする

 これがR.フェデラーのフォアハンドのグリップ

 各種グリップの特徴、打ち方を整理しておこう

 R.フェデラーのグリップ フォアハンドストローク
 
さあ、これが最終目標のR.フェデラーのフォアハンドストローク トップスピン
Rf_fs


 トップスピンマスター レッスンカード 
  ポケットにレッスンを持ち歩き

 テニス手帳、レッスン手帳
 セミオーダーで皆さんの使い勝手の良いノートを作る。世界で一つだけのノート 
Pdca


コーチ御用達 テニス作戦ボード 
A4_wb

 テニス上達のお手伝い テニスノート
  コート図と、スコア、ダブルス陣形満載の ダブルス上達ノート
  

 ソフトテニスの部活に ソフトテニスノート
  レッスン記録、メモがコート図入りで記入できる 情報にダブルスの陣形が
 ソフトテニス 選手育成スコア重視ノートA4 ホワイトボード マーカーセット
   

テニス徒然草 
 ソフトテニス、硬式テニスノート、野球情報を詳しく整理 更新中


テニス スキー上達com  上達の秘訣満載

人気ブログランキングへ




 次回のジャパンオープン R.フェデラーと錦織圭選手は参加しないようです。残念

最後まで読んでいただいて、有り難うございました

|

« ソフトテニス 勝負の分かれ道 連続ポイント 作戦ボード | トップページ | クルム伊達 快挙 韓国オープン優勝 »

テニス」カテゴリの記事

レッスン」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

トップスピン」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

コメント

幻のストローカーさん、コメント有り難うございます。
ジムクーリエですね。P.サンプラスと絶頂期を争っていました。地味な選手でしたが、野球から転校したバックハンドの両手打ちを広めた人です。
最近、シニアの大会に出ていて、強いですよ

投稿: 月さん | 2009年10月 5日 (月) 05時53分

クーリエが好きです。正確には好きでしたですかね。
野球をやっていたので、コンパクトなスウィングがそのまま役に立ちました

投稿: 幻のストローカー | 2009年10月 4日 (日) 14時32分

おほめのお言葉、? 有り難うございます。
実はスキーの雑誌で20年、テニスの雑誌で10年近く編集をやっていましたから。
良い経験でした。
でも自分のブログは広告を気にせず自分の意見をかけるから最高です

投稿: 月さん | 2009年9月28日 (月) 08時11分

いつも楽しく読まさせていただいております。いつも思うのですが、ブログが雑誌を読んでいるような感覚になります。
読書感覚ですね

投稿: 愛読者 | 2009年9月27日 (日) 16時07分

目からウロコですね。凄い企画

投稿: ウロウロ | 2009年9月27日 (日) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トップスピン総まとめ  フェデラーのストロークの秘密:

« ソフトテニス 勝負の分かれ道 連続ポイント 作戦ボード | トップページ | クルム伊達 快挙 韓国オープン優勝 »