« フェデラー ストローク フットワークの使い分け | トップページ | ダブルス ソフトテニス ポイント源はボレー、そしてポーチ »

2010年3月29日 (月)

ダブルス 上達の秘訣 ポーチ

ドリル練習  ポーチとダブルス

 ダブルスの醍醐味、それはボレーヤーのポーチですね

 積極的に攻撃する姿勢が良く現れています

Dbpoach


 名手のポーチ 雁行陣から

 僕はポーチの練習が好きで、良く取り入れます

 ただポーチの練習は、人の動きが多いので、説明が難しいです
 それで手帳のホワイトボードに、前もって動き方の説明を描いておきます
 口で言うだけでは伝わりにくいですから

 レッスンの最初に、この動き、おエアの動き、そしてチェンジの動きをしておくと
Photo


 自分の手帳のホワイトボードに書き込んだメモ そのまま見せる

 後でダブルスの動きがスムーズになっています

 特にポジションチェンジが自然になりますね

 杉山 愛選手誰と組んでも

 ポーチの名手でした
 杉山.ハンチュコワ組の,歴史に残る名試合 

Bb_poach1


 ブライアン.ブラザーズの並行陣からのポーチ


 テニススクールで30年近くコーチをしています

 お客様のレベルに合わせて、ドリルを考えるのが好きです

 昨日はダブルスのポーチの練習をしました。

 最初は黙って動き方ローテーションは指示します

 打つコースはだまっていると、ほとんどの方がポーチしてそのままクロスに引っ張り込んで打ちます
 試合でしたら、次のボールを逆襲されていますよね

 ただ、この引っ張るのは、人間の動きから言えば自然なんです。
 自然ですから相手も構えやすい

1


 ですからポーチの練習では逆クロスを狙ってみてください
 これはタイミングの調整が必要です
 そこボールを引き付け,タイミングを遅らせていつ必要がありますから


 ボール出しの練習ですと、1球ポーチすると安心してお休みしてしまう方が多いです
 それって試合ではありませんよね、ポーチが決まっているならともかく
 相手もブロックで返してきますから、次の準備が必要です
2


 そこで次のボールをすかさず出します
 こうすることでポーチの次の準備もしてくれるようになります

 ダブルス必勝 ノート ペアリングのコツが分かる

Db2


  
  ホワイトボード入りで、説明が楽

 ダブルス上達 レッスンカード 40枚の名刺大のカードが2冊のポケットブックに

Db_cover_area


  

 ソフトテニス ダブルス上達カード 

Ser_1


 

今日のご教訓
 1;コーチもお役様もドリルの目的を理解する
 2;試合の中の動きと連動させる
 3:次のボールの準備を忘れずに

 テニス徒然草 
 テニス スキー上達com 

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« フェデラー ストローク フットワークの使い分け | トップページ | ダブルス ソフトテニス ポイント源はボレー、そしてポーチ »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

ボレー」カテゴリの記事

ポーチ」カテゴリの記事

コメント

練習大好きさん、コメント有り難うございます。
そうですね、試合では練習の半分も力が出ないでしょう。
特に序盤の部分ですね。野球のリリーフの調整を学ぶと良いでしょう。

投稿: 月さん | 2013年10月24日 (木) 05時29分

おはようございます。テニススクールに通っています。
レッスンでは上手くいきますが、実際の試合では、イメージが違うんすかね?

投稿: 練習大好き生 | 2013年10月22日 (火) 06時19分

ダブダブラさん。コメント有り難うございます。
ダブルスのポーチ、結構必要なのは勇気です。失敗しても抜かれても出る勇気ですね。やってみてください

投稿: 月さん | 2010年3月30日 (火) 05時57分

ダブルス強くなりたいッス

投稿: ダブダブラ | 2010年3月30日 (火) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 上達の秘訣 ポーチ:

« フェデラー ストローク フットワークの使い分け | トップページ | ダブルス ソフトテニス ポイント源はボレー、そしてポーチ »