« フェデラー バックハンド ストローク フットワーク | トップページ | ダブルス 上達の秘訣 ポーチ »

2010年3月27日 (土)

フェデラー ストローク フットワークの使い分け

フェデラー 華麗な打ち方は フットワークから
 フットワークの違い 余裕がある無し、でこう違う

 連続してフットワークの解説をしています

Coolgirl


 硬式テニス、ソフトテニスの両方に役立ちます

 R.フェデラー選手、良い物は良いですね

 心技体、マナー全て良し

 特に最近ソフトテニスは全員サービスを打つようになり

 より硬式テニスに近づいています

 お互いに情報交換したいものです


 フットワーク、地味ですが、これを自然に出来る、出来ないで上達が大きく違います

 余裕のショット、追い込まれたショット のフットワークの違いです

 フェデラー選手のバックハンドストロークの動画
 


 R.フェデラー選手のバックハンドストローク、フォアハンドストローク
 インパクト前後の写真です。
Rf_fs_fwork_openstance_mid

 何か気づきますか?

Rf_bs_fwork_closedstance_mid


 お陰さまでテニスブログで2位になりました 感謝!


 R.フェデラー選手のストロークでのフットワークを見てもらっています
 ほとんどの方がぼるを打つシーンだけに注目しますが

 足運び、フットワークを見て欲しい
 反応の速さ、脚の速さは、真似できませんが、動きは真似をしてください

 バックハンドストロークがクローズドスタンスで
 フォアハンドストロークがオープンスタンスで打っていた事に気づきましたか?

 R.フェデラー選手が打ったコート上のポジションの違い

Rf_fs_bs_fwork_mid

 余裕がない場合は、オープンスタンスで体重移動を使う余裕がない


 この比較をしてみよう

 テニススクールでレッスンをしているが、
 一般プレーヤーで多いのが、余裕があるにもかかわらず、
 トッププレーヤーが追い込まれた時の打ち方のオープンスタンスで打っていることだ

 余裕があるので体重移動を利用した正確なバックハンドストローク

 相手に大きく振られて、やっと追い付く。
 緊急対応のフォアハンドストロークの差を

 フォアハンドストロークのクローズドスタンスとオープンスタンスの違い
Fs_stance_open_closed


 両方とも、上体を捻ってパワーを貯めている点に注目


 オープンスタンスは余り動かなくても打つ事が出来る
 プロもやっているし、格好良さそう
 でも、テニスが無精になる
 少しでも余裕がある時は、しっかり後ろ足で足場を作り、ステップインして打って欲しい

 フットワークの基本はミニテニスから 動画で
 

 先回紹介したように、テニスでボールを飛ばすことは
  
 1:体重移動が引き金となる そのためのステップイン
 2:上体を捻って、回転のパワーを活用
 3:体重移動の直線と、回転運動の曲線のベクトルの合力、
 これを忘れないで欲しい


 テニスノートで上達 詳細な紹介  
Photo

 レッスンにはホワイトボードで 

 ソフトテニスにも役立つ サービス力アップ 動画 

今日のご教訓 フットワーク
 1:余裕がある時はクローズドスタンスで体重移動
 2:余裕が無い時はオープンスタンス
 3:イージーにオープンスタンスを使わない


 桜前線北上中 最新情報

A4br_2


 桜のスケッチ 絵手紙 塗り絵

錦織圭を育てたニック.ボロテリー ゲーブハラミロ最新ストローク上達法


【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。
にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

  
 最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« フェデラー バックハンド ストローク フットワーク | トップページ | ダブルス 上達の秘訣 ポーチ »

テニス」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

フットワーク」カテゴリの記事

コメント

古井戸さん、コメント有り難うございます。御指摘有り難うございます。生徒さんからも良く質問されます。
達かにトッププレーヤーはオープンスタンスで打っているケースが増えます。それは試合で、お互いにワイドに振って動かされている結果、戻りが早くできるオープンスタンスが増えます。
ただテニスの科学を考えると、踏み込む事によるパワー、方向性の正確性はスクエアスタンスの方が高いです。
オープンスタンスは、瞬間的なタッチが必要なので、トッププレーヤーには易しい打ち方ですが、一般プレーヤーには、壁が高い打ち方となります。
ただし振られた時のオープンスタンスは有効ですから、練習はしておくべきです。

投稿: 月さん | 2013年6月21日 (金) 08時21分

昨今のトップ選手は、オープンスタンスでウィナーを取っているシーンを多く見ますが。むしろ体重移動をつかってボールを打っているようには見えません。

投稿: 古井戸 | 2013年6月21日 (金) 06時43分

チューリップさん。おはようございます。いろいろなフットワーク、やってみます。乞う! ご期待!!

投稿: 月さん | 2010年4月 9日 (金) 05時42分

他のショットのフットワークも見たい。選手のフットワークを

投稿: チューリップ | 2010年4月 8日 (木) 14時27分

ガチョーンさん。おはようございます。クレージーのファンですか?
僕、若い頃、見た事ありますよ。テニス、フットワークが大事です

投稿: 月さん | 2010年3月28日 (日) 07時28分

画像が見やすい。他のサイトでは見れない画像が
どうしているんですか?

投稿: ガチョーン | 2010年3月27日 (土) 12時49分

オープンスタンスが良いものばかりと思っていました

投稿: フェデレ | 2010年3月27日 (土) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェデラー ストローク フットワークの使い分け:

» コアスイングテニス最短上達プログラム [続無知の知]
テニス教室やテニススクールに通わずに、テニス大会上位に 進出する方法があります... [続きを読む]

受信: 2010年4月 8日 (木) 17時07分

« フェデラー バックハンド ストローク フットワーク | トップページ | ダブルス 上達の秘訣 ポーチ »