« テニス上達のマニフェスト ジュニア レッスン 明るく楽しく元気良く | トップページ | ダブルスの陣形 DVD 作成秘話 ビデオ紹介 »

2010年7月16日 (金)

テニス スキー上達のマニフェスト 沢山動く ボールを打つ

さあ、テニス上達のマニフェスト続けています。
 マニフェストを出してから、自分でも方針がよりはっきりしました。

Kids_player


 マニフェストの全体像。基本は明るく楽しく元気良く。
 そんなイメージの写真を探しています。

 次が、楽しいレッスン
 今回のテーマは、「沢山ボールを打つ」です。

Photo_3


 初心者のクラスですが、人数も8人
Lesson

 こんな工夫で
 たくさんの方に
 ボールを打ってもらいます。


 僕は、ボール出しよりも、
 ミニテニスのラリーを重視します。
 どんなボールでも相手とラリーする事で、
 コミュニケーションが出来るからです。
 他人のボールとの出会い、個性があって楽しいじゃないですか。


 スポーツは「習うより、慣れろ」です。
 解説でスポーツを上手くできる、そんな人はいません。
 解説の多いのは、コーチの自己満足です。

 見本は見せます。「こんな感じですよ。」
 「肩に力を抜いて、大きなスウィングで行きましょうか!」

 先日、お客様から、コーチのアドバイスでサービスが良くなりましたと。

 そのヒントの言葉は

Photo_4


 「宮里藍選手の様にゆったり、

  大きなスウィングで、」

 「ただし」へそは出さなくていいですよ。

 宮里藍選手

 頑張っていますね。
  宮里藍選手のブログ  

 石川遼選手、全英オープン。すがすがしいですね。
  以前に、石川遼、斎藤佑樹、錦織圭の3人を比較してみました。
  

石川遼シャラポワ 

 自分でやってみて、感じて、フィードバックする。
 日本人は習う事が好きですが、必ず目的意識を持ってください。
 初心者だから、基本を、分かります。
 でも基本って、フォームでしょうか。僕は動きだと確信します。
 スポーツは動いてなんぼ。
 動いて、沢山ボールを打って、感じ取ってください。

 それがテニス フィーリングの原点です。
  
  いろいろなスポーツが出てきますよ。何が出ますやら。

 上手く打てない、だったら打ち方を変えます。
 いろいろな上手な人の打ち方を見て、真似しましょう。
 自分に合う打ち方が全体あります。

 沢山打てば分かってきます。

 初心者、初級者の場合は質より、量です。
 テニススクールのレッスンで、良く並んでコーチが解説しています。
 テニスってそんなに解説する事ってあるんでしょうか?
 コーチが打って見せ、それを真似てもらう。
 分からなかったら聞く。

 レッスンのドリルごとに解説していたら、スポーツではありません。
 アドバイスは一言。
 ドリルの説明も一言。
 「はい,フォアハンド行きますよ。思い切り良く振り抜いてください。」
 足が動いていない方がいたら。
 「スプリットステップですよ」。

昨日のジュニアのレッスンです。

 こんな感じいいですよね


 サービスを余りやっていないようでした。
 そこで2列でサービスをやってから、僕がストロークのボール出し、
 アプローチショットで前に
 ボレー、スマッシュ。
 ダブルスのポジションを意識しての動きです。
 サービスをフォールトしても、気になりません。
 ただストロークのボール出しをするよりも、サービスから入る事が出来るし、
 サービスを打ってからストロークに入りますから、自然と準備する癖がつきます。


 そこで、たくさんボールを打ちます 原点はここです。
  フォーム練習、素振り、たくさんやりました。やらされました。
  それって凄く大切です。でもその素振りが間違っていたら?
  正しい、身体の使い方を理解してから、素振りを。
  それには、沢山ボールを打って、試行錯誤して、
  ボールを打ってなんぼのテニスですから。
  沢山ボールを打って、失敗をして、自分の打ち方を見つけて欲しいのです。

 ダブルス陣形意識していますか?
 ダブルス研究から見えたものは。
 ダブルス上達の冊子を無料でお配りしています。
 ダブルスのツボを抑えよう。

 ダブルスのコツ オープンコートの見つけ方

 スキーのレッスンでしたら、沢山滑ります。
 フィーリング スキー 
 僕はリフトを降りた時に、一言アドバイス。
 ほとんどが、「同じラインをついて着て。」
 「コーチが後ろを振り返ってみるから、滑りはチェックしているよ!」
 そして僕の後ろを滑る人をどんどん替えて滑ります。
2時間で、1キロのリフトだったら、8回は乗るでしょう。
 上達しますよ。
 そしてリフトに乗った時に、いろいろな生徒さんと乗り、レッスンの話をします。Tennis

 スキーは滑ってナンボ。

 テニスはボールを打って、ナンボです。

 テニス徒然草


 
 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« テニス上達のマニフェスト ジュニア レッスン 明るく楽しく元気良く | トップページ | ダブルスの陣形 DVD 作成秘話 ビデオ紹介 »

テニス」カテゴリの記事

スキー」カテゴリの記事

フィーリング」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

マニフェスト」カテゴリの記事

コメント

テニスは基本さん、おはようございます。
お近くに、テニスの仲間がいらっしゃらないのであれば、テニススクールは手っとり早いですね。
近くの公営コートに出かけて、レベルが合いそうで、人柄の良さそうなサークルがあったら、勇気を出して、声をかけてみてください。

投稿: 月さん | 2015年12月 7日 (月) 10時19分

テニス楽しいですね。基本からしっかり知りたいです。テニススクールがいいですか?

投稿: テニスは基本 | 2015年11月21日 (土) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニス スキー上達のマニフェスト 沢山動く ボールを打つ:

« テニス上達のマニフェスト ジュニア レッスン 明るく楽しく元気良く | トップページ | ダブルスの陣形 DVD 作成秘話 ビデオ紹介 »