« ナダル 超高速ストローク トップスピンの秘密 | トップページ | ナダルの常識 一般プレーヤーの非常識 攻撃ゾーン »

2010年9月24日 (金)

ナダルの常識 一般プレーヤーの非常識 ボレー編

ナダルの常識 一般プレーヤーの非常識

 ナダルは凄い。
 動画で観察。

 コーチの視線からレッスンにどう使うかをいつも考える。
 トッププレーヤーから学ぶことは多い。

 しかし、彼らの体力、
 練習時間、
 専任のコーチ

 などがあってこそできる技も多い。

 その中から、使える部分を、自分のテニスに役立てよう。

Bvonadalseqlong


 腕の力が必要なバックボレー

 これから4回に分けて、

ナダルの常識 一般プレーヤーの非常識を紹介する。
 その4つとは

 1:テイクバック
Nadal:テイクバックはボールが弾んでから
  一般プレーヤー:テイクバックを早く
 
 2:スウィング
  Nadal:スウィングは2度引き
  一般プレーヤー:2度引きは×

 3:ボレーのグリップ
  Nadal:ボレーのグリップはフォアのイースタン
  一般プレーヤー:ボレーのグリップはコンチネンタルグリップ

 4:ポジション
  Nadal:ベースラインより後ろで打ち合う
  一般プレーヤー:できるだけ前で打つ

 この1.2はナダルのストロークの解説のところで触れている。
 今日はボレーのグリップについて述べよう。

 実はナダルのボレーのグリップ、

 テニススクールの初中級者のグリップに近い
 フォアのイースタンで、フォアバックとも打っている。

 トッププレーヤーの中では稀な例だ。

 トッププレーヤーのボレーは俗に言う薄いグリップ

 Fvonadalseqlong


 コンチネンタルグリップで打っているからだ。

 そのために、正面に来たボールの処理は下手に見える。
 フォアで取ることが多い。

 薄いグリップのプレーヤーならバックで処理をする。

 特にバックボレー、テイクバックでラケットが完全に寝ている。

 ここから一度ラケットを起こして、
 厚く当ててボールの下をラケットが通り抜ける。

Bs_slice_face_line_mid


 手首、腕のパワーがないと打てないボレーだ。

 イラスト例は、スライスのストロークだが、ラケットの軌跡はほぼ同じ。
 イメージとして覚えて欲しい。

 一般プレーヤーは真似をしない方が良い。

 プロの練習図鑑 素晴らしいページ
 きれいな画像で動画が見れる

 良く集めたものだと感心する。

 ナダルのフォアボレー、バックボレー スローモーション動画


 フォアボレーは押す力が強い

 バックボレーは良く切れる

 フォアのイースタングリップでもいつので、
 フォアバックでグリップの差が出るのだ。

 


 このユニットターンは、一般プレーヤーも見習って欲しい。
Vonadaluniturn


 ユニットターンができると

 ボレーの面は速くできるし、手打ちはなくなる。

 ストロークでもユニットターンはもちろん重要だ。


 ボールの回転の科学

 

 ダブルスの戦略辞典 
  
  オープンコートの作り方を分かりやすく解説。

 365テニス徒然草QA 

 メルマガダブルス、上級者のヒント 無料 

 ダブルス陣形動画

 なぜ、みんな10分以内にウエストの劇的なサイズダウンに成功したの?
 その秘密は、ボディデザイナーとして
 小林邦之の「ミラクル・ダイエット法」にあります!
【ダイエット】ミラクル・バンデージング・ダイエット

 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ナダル 超高速ストローク トップスピンの秘密 | トップページ | ナダルの常識 一般プレーヤーの非常識 攻撃ゾーン »

テニス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

ボレー」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナダルの常識 一般プレーヤーの非常識 ボレー編:

« ナダル 超高速ストローク トップスピンの秘密 | トップページ | ナダルの常識 一般プレーヤーの非常識 攻撃ゾーン »