« フィーリングで上達 テニス スキー | トップページ | テニスの心を強くする »

2010年12月 7日 (火)

テニスの強さは 心、メンタルにあり

今日のレッスン 心で強くなる

 試合形式練習
 レッスンの最後の時間帯は、一番盛り上がる
 試合形式練習です。

Bmfmvop


 でも面白いですね、

 それまで、サービス、ストローク、ボレーとNbthot


 調子が良かった方が、

 何かでポイントを取られると、

 ガクンと調子が落ちてしまいます。

 何か、いけない感情が出始めているんですね


 まあ、レッスンの中の試合ですから、Mbtcool


 せいぜい4ゲーム、

 長い時間ではありません。
 それだけ、逆に焦ってしまうようです。

 練習と、試合は全く違いますよ。

 試合こそ、クールに運ばなくては

 緊張感も違うし、

 1球の重さが違いますよね。

 レッスンで、お客様がミスると、「もう一丁!」
 と言われます。練習ですから、おなじボールの反省で良いのですが、
 試合では、その1球で終わりですよね。

 ですから、気持ちを切り替えて、次に調整できるようにする方が試合向きの調整です。

 試合と練習で何が一番違う方お言うと、心とプレッシャーですよね。

 メンタル.タフネスと言いますが、
 ゴルフの石川遼、野球の斎藤佑樹が凄いのは、ここ一番での集中力なんです。

 僕は、石川遼、斎藤佑樹、錦織圭を3人で特集した事があります。
 スポーツマンとしての3人の共通点 
 
 3人とも、試合が好きで、メンタル.タフネスが強いですね。
 メンタルが強いのは最近のクルム伊達選手 でしょう。
  
 メンタル.タフネスを高める レッスンカード  テニスに限らず、いろいろなスポーツに流用できます。

 同様に、前進ドリルで、
 サービス→ストローク→アプローチショット→ボレー
 とあったとします。

Bmcombiservo


 レッスンで下したら、コーチからミスしようが全部のボールが来ますよね。

 でも試合だったら、ミスをした時点で、次のボールはないんです。

 アプローチショットで言えば、ダウンザラインに平気でアプローチショットを打つ方がいますが、
 ダブルスでしたら、そのボールは前衛が決めてますよ。

 ダブルスとシングルスの大きな違い
  
 そんな試合のイメージを持ってレッスンを受けたら上達しますよ。

 テニス365 Q&Aにボール出しマニュアルの目次 を紹介しています。
  
 2011 テニス手帳 総集編 


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

 
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« フィーリングで上達 テニス スキー | トップページ | テニスの心を強くする »

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

コメント

心の問題ですね。自分も弱いのが自慢です。

投稿: 武蔵 | 2010年12月 8日 (水) 12時02分

オハ! 懐かしい言葉。メンタル.タフネスでは元気が出る言葉を大事にすると良いですよ。プレッシャーは誰にでもあるんです。相手にだって。ですから落ち着いて。

投稿: 月さん | 2010年12月 8日 (水) 07時22分

心の問題ですか、思い当たります。弱い、プレッシャーがすぐに来る。逆転される。

投稿: 巡視艇 | 2010年12月 7日 (火) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニスの強さは 心、メンタルにあり:

» フェデラー  敗れる キルジオスの攻撃力 [ショップブログ]
第1シードのフェデラー 敗れる波乱 ビッグ4,崩れる  マドリッドオープン2015 早くも波乱が起きた。  フェデラーがヤングガン、  ビッグネームキラー、キルジオスに敗れた。20歳の35位。  フェデラーは直前のイスタンブールの大会、クレーコートで優勝している。  フルセット、、3セットともタイブレーク、  最終セットは14-12の大激戦。  タイブレーク、はマッチポイントが続く息詰まる展開。  キルジオスは5回、フェデラーにも2回。  最後はフェデラー得意のフォ... [続きを読む]

受信: 2015年5月 7日 (木) 18時58分

» 錦織 ローマ2015 ジョコビッチ 勝つ戦略は そのために戦術は [ショップブログ アート&スポーツ]
イタリア国際 ジョコビッチ戦想定 錦織選手 勝機はある  第1シード、ジョコビッチと錦織選手が激突する。  この大会、が続き、 ジョコビッチはフルセット苦戦中。  でも連勝だから、強さは本物。    錦織圭はしっかり調整してきている。  前戦のV.トロイツキ、同じセルビアの、似たタイプ。  しっかり シミュレーションもできてる。  実は2勝2敗でタイ。(マイアミは錦織圭の棄権)  錦織選手に勝機はある。  その作戦を考えてみた。  メイウエザー、パッキャ... [続きを読む]

受信: 2015年5月16日 (土) 05時33分

» 心で負けた錦織 ジョコビッチ 雄叫び テニスはメンタル [テニススキー徒然草 フィーリング編]
錦織圭はN.ジョコビッチに敗れた。第3セットの1ポイント。二人の仕草の違いが、勝負の流れを大きく変えた。テニスは心の戦い。メンタル.タフネスが重要だ。 [続きを読む]

受信: 2015年5月16日 (土) 17時10分

» 錦織 デフェンス力研究 ストローク全盛時代 だからデフェンス力 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
アメリカではUSオープンに向けて前哨戦真っ盛り。ストローク全盛時代のデフェンス力をトッププレーヤーで検証する。攻撃力有利の男子シングルス、しかし必要なのは1ブレーク。それにはデフェンス力が必須。ジョコビッチ、ナダル、マレー、そして錦織圭がデフェンス力の名手。動画も紹介しながら、デフェンス力の研究をした。一般プレーヤーに役立ち情報満載。... [続きを読む]

受信: 2015年8月12日 (水) 08時12分

» 注目の一戦 ジョコビッチ フェデラー USオープン2015の大胆予想  [ショップブログ アート&スポーツ]
注目のUSオープン、男子シングルス。ジョコビッチ対R.フェデラー。  名勝負になる事、間違いなし。  女子では波乱続き。シーードダウンが続き、ファイナルは、イタリア決戦となった。  ミックスダブルスはパエス、ヒンギス組の優勝。  男子シングルスは、シード、1位、2位の対決。  この二人長い戦史を持つ。  R.フェデラーの21勝20敗  Head to Head  今年はN.ジョコビッチの3勝2敗  直近はシンシナティでR.フェデラーが優勝。     ... [続きを読む]

受信: 2015年9月13日 (日) 15時54分

» ナダル 強さ復活 全勝で、N.ジョコビッチにチャレンジ ATPファイナル2015 準決勝へ [ショップブログ Sports&Art]
強いナダルが帰って来た 全勝でラウンドロビン通過 D.フェレール、ラリー戦、制す  実は、R.ナダルはATPファイナルに優勝したことはない。  2位が一度ある。2013年 N.ジョコビッチに敗れた。    去年は体の故障で無念の欠場。  虫垂炎の手術だ。 ATPファイナル ラウンドロビン最終日 R.ナダル ◎ 6-7(2), 6-3, 6-4 × D.フェレール。  面白い試合。  ラリー戦、  実に見ごたえがあった。  壮絶な ストロークのラリー戦  ... [続きを読む]

受信: 2015年11月21日 (土) 23時24分

» 錦織 王者の上手さに完敗 良い点も  全豪2016 Best8止まり [テニススキー徒然草 フィーリング編]
錦織圭に王者の壁高し。全豪、錦織圭のベスト8、パート1。ミス、ウィナー、安定指数の観点から、試合を振り返ってみる。N.ジョコビッチのしたたかな上手さが光った。それを出させたのが、錦織圭の攻撃力。 デフェンス力のあり方、デフェンスから一気に攻める、展開の早さに、差が出た。Part2もお楽しみに。... [続きを読む]

受信: 2016年1月27日 (水) 10時00分

» 錦織 ナダル敗れ、ベスト4進めず インディアンウエーデルン2016 [ショップブログ Sports&Art]
錦織 ナダルの超回転 対応できず  マスターズ インディアンウエールズ 錦織圭初めてのクオーターファイナル進出。  この大会、連続で1回戦負けで、ゲンが悪かった。  少しずつ、勝ち上りを伸ばして、去年は3回戦。  注目のR.ナダルとの一戦。直近で、去年のロジャーズカップ、錦織圭が打ち勝っている。    序盤から錦織は集中して、ゲームを支配。勝った試合と似た展開。そのまま行ければ。  良いテンポでいきなりブレーク。  ナダルは錦織圭の速い展開に、ついていけず、  見送るだけの... [続きを読む]

受信: 2016年3月19日 (土) 17時23分

» 錦織 綱渡りの逆転劇 忍者キリオスを下し 4強 マドリッド2016 [ショップブログ Sports&Art]
新しいストローク戦、速い、角度がつく  もっとも新しいテニスを披露する、錦織圭とキリオス。 ストローク戦で、魅せるテニス。  新しい世代のテニスだ。 ミサイル同士の空中の様相だ。  より速く、早く、高い打点で、角度をつける  観客は二人に惜しみない拍手を送った。      観客のマナーが悪い、キリオスも余り良くないけれど。  携帯が2度なったことと、サービス前に、観客が動くことが多く、それが興覚めだった。  ウィンブルドンの様なマナーでテニス入ってもらいたい。 二人のタッチ... [続きを読む]

受信: 2016年5月 7日 (土) 20時43分

» 全仏2016 錦織 ガスケの安定に完敗 自身に負ける メンタル.タフネス [ショップブログ Sports&Art]
錦織圭、ベスト8の壁 R.ガスケに敗れる 自分自身に敗れた。  雨で中断が続く、ロランギャロス。  乾いて、心地よい弾みに張っていた赤土が、重くなる。  より正確なストロークが求められる。 サービス力は激減する。  錦織圭は大観衆を味方につけたR.ガスケに前に、2年連続のベスト8入りは消えた。  苦手だった過去を清算、勝つ準備は出来ていたが、完全アウェーに飲まれた。    しかしそれは、トップ4に上がるのは当然御条件、想定内のハズ それでなくても、コートコンディションが難... [続きを読む]

受信: 2016年5月30日 (月) 10時24分

» 錦織 J.W.ツォンガに逆転負け パリマスターズ2016 敗因は? [ショップブログ Sports&Art]
錦織 ATPファイナル前に勝っておきたかった、マスターズ  錦織圭、順調に勝率を上げているがATPファイナルを前に、今年は1勝。  マスターズの優勝で花を添えたいところ。  錦織圭の試合前の意気込みは強かった。  強豪がひしめく、パリマスターズ。S.バブリンカが敗れた。  A.マレーは順当に勝ち上がる。王者N.ジョコビッチが、M.シリッチに敗れた。  やはり、M.シリッチにはATPファイナル進出へのモチベーションが高い。  改めて、男子シングルスは、サービス力は必須の要素と感じた。... [続きを読む]

受信: 2016年11月 5日 (土) 07時12分

« フィーリングで上達 テニス スキー | トップページ | テニスの心を強くする »