« スポーツの上達は フィーリングから 「弾んで」「打って」 | トップページ | トップスピンを使い分ける 攻撃 防御 »

2010年12月11日 (土)

ダブルス 勝利の法則 上達のレッスンカード

ダブルス 勝利の法則 改訂版 
 ポケットレッスンカードの内容

 レッスンカードの説明 ダブルス勝利の法則を例に。

 代表的なカードの表と裏を紹介します。
Lcdbl1

 僕は孫子の兵法大好きです。
 近々紹介します。孫子の兵法、テニス編。


 自分はいつもレッスンの時に、出来るだけ言葉は少なくしています。
 
 まず皆さんにリクエストを伺います。
 自分の持っている全体のイメージを伝えて、
 練習のテーマをお伝えします。
 ボールをたくさん打って、汗をかきます。
 レベルで異なりますが、どのクラスでも最終的には試合に入ります。

 試合が最大の練習と考えているからです。

 レッスンのイメージを伝えるに一番良いのは、レッスン前にDVDを見せる事。
 ダブルスの陣形の動画です。

 速攻 陣形スペシャル

Lcdb2


 戦略がダブルスでは大事です。 

 レッスンの動き、陣形などを、ホワイトボードで示します。
 書いている時間がもったいないので、レッスンカードを作りました。
 人によって、お渡しするカードは違ってきます。
 フリップで打ち方違いますし、
 雁行陣の方と、並行陣の方とでは、ショットの考え方が全く異なりますよね。

 でも試合になれば、それぞれが、それぞれの動き、陣形と対戦することになります。

 戦略を活かす、戦術、それにはダブルスの陣形が必須です。
Lcdb3

 勝利の法則 レッスンカード 

Lcdb4


 そして締めです。
Lcdb5_2

 この様に相手ペアが小さく見えたら勝てます。
 その逆は、
 そんな時はメンタル.タフネス


 


 レッスンカードは 大体1テーマ 40-50枚位です
 表にイラスト、写真で右脳を刺激
 裏に、シンプルに、やり方を箇条書きで。これは左脳の部分ですね。

 1:基本編      5-10枚
 2:上達のアイデア編 5-10枚
 3:応用編      5-10枚
 4:実践編      5-10枚
 5:試合編      5-10枚

 心.技.体、メンタル.タフネスなどの理論も応用しながら、

 科学的、ビジュアル的にレッスンの重要点をまとめてあります。
 メールで応対しながら、欲しい内容を把握し、レベル等
 お客様に合うように調整しています。

★☆★  月さんのポケットレッスンカード シリーズ ★☆★

初級者上達編 

勝利の法則ダブルス編 ソフトテニスにも応用可
 
ダブルス陣形辞典編 ソフトテニスにも流用可
 
勝利の法則シングルス編 

シングルス上達編  
 
ソフトテニスダブルス陣形編 

サービス力アップ編 ソフトテニスにも応用可


ストローク トップスピンマスター編 

ストローク スライスマスター編 

ストローク トップスピン、スライスマスター編

ボレー上達編 

メンタル.タフネス向上編

ジュニア、ルールとマナー編  

ジュニアショット編 

 テニス徒然草


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

 
最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« スポーツの上達は フィーリングから 「弾んで」「打って」 | トップページ | トップスピンを使い分ける 攻撃 防御 »

イメージ」カテゴリの記事

イラスト」カテゴリの記事

カード」カテゴリの記事

「ゲーム」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

コメント

そうか、孫子の兵法、それがありましたね。
一度情報を見たいですね。よろしくお願いします。

投稿: アラ還68 | 2015年9月20日 (日) 06時54分

おはようございます。孫子の兵法のテニス、以前にテニス雑誌でかなり紹介しました。整理し直して紹介します。

投稿: 月さん | 2014年3月13日 (木) 06時39分

相手を威圧するかの様なガッツポーズ、「カモン!」の声ですね。
自分を勇気づける意味では大事でしょうし、そこまで、そんな感じ方ですね。
自分は、そこまではしません。でも相手にされても、気にならないようにしています。
対戦相手に、敬意を払う、これが基本ですよね。
ボクシングの亀田選手が良い例でした。父親の指導の時は、挑発行為ばかり。でも今では大人になりましたね。発言も謙虚になりました。
 この様に育てば良いと思います。

投稿: 月さん | 2013年9月15日 (日) 11時56分

知っとくさん、おはようございます。
孫子の兵法、実は雑誌でかなり連載をしていたんです。
中国の兵法大好きです。
オバマ大統領と習近平のせめぎ合い、凄いですね。

投稿: 月さん | 2013年6月10日 (月) 08時44分

こんばんは。孫子の兵法とテニス、面白そうじゃないですか。ぜひぜひ展開してください。よろしくお願いします。

投稿: 知っとく | 2013年6月 9日 (日) 18時58分

 kokoさん。コメント有り難うございます。なるほどね。相手の大きなガッツポーズ、気になりますか。
 メンタル.タフネスなどでも、大きくガッツポーズをとるように書かれていますからね。自分の場合は、あまり気になりませんでいたが。
 相手がルールを破るようならば、これは注意しなくてはなりません。マナーは、難しい問題ですが。程度があるでしょうね。相手の行動を気にせず、自分たちで話をするなど、ペアで集中する方法を取られたらいかがでしょうか。
 相手を気にせず、自分達に集中する。これも慣れるとできてきますよ。そうすると、テニス以外のことも、気分的に楽になってきます。参考になれば。
 テニス フィーリングのメンタル.タフネスの項目を読んでみてください。
 インナーテニスもいいと思います

投稿: 月さん | 2010年12月13日 (月) 18時52分

お返事、大変うれしく、ありがたく思います。今年は、“謙虚”“感謝”という言葉に良く出会い、大切にしたい、そして、テニスをするにも生きていく上でも、大事にしていきたいと思っているところでしたので、ちょっと寒気がするほどお驚きました。本当にありがとうございます。
月さん(でいいのですか?)にお伺いいたします。相手に不快感を与えるほどのガッツポーズ付きの“カモン”の連発、どう思いますか?私はとても淋しく感じました。

投稿: koko | 2010年12月13日 (月) 18時00分

私も孫子の兵法知りたいです。

投稿: 生徒A | 2010年12月13日 (月) 14時38分

おはようございます。Kokoさん、桃の木さん。コメント有り難うございます。
トップスピンの解説、好評です。有り難うございます。自分はスポーツのセンスがある訳ではないので、できる過程をいろいろ試すのが好きです。それでその方法は、十人十色、いろいろあって当然と。
Kokoさん、決勝で負けて、悔しいと思いますけれど、僕だったら、決勝に行ったKokoさんを褒めてあげたいですね。
でも反省を謙虚に。悔しい気持ち分かります。具体的に、自分たちと、相手との差を表で出してみてください。テニス力と言う事ですね。自分の作ったテニス力、ありますよ。ご覧ください。悔しさは大きなバネになってくれます。そのバネにまた感謝ですね。

投稿: 月さん | 2010年12月13日 (月) 06時36分

何度もすみません。コメントが送れないな、と思ったら、投稿者様が確認するまで表示されないのですね。恐らく2件、投稿してしい待ったと思います。申し訳ありませんでした。

投稿: koko | 2010年12月13日 (月) 05時48分

はじめまして。昨日、ダブルスの試合に決勝で負けてしまい、“ テニス ダブルス 勝つ方法”で検索し、こちらに来ました。いきなり“謙虚に己を知り~。自信過剰にならない。”ととても心当たりのある言葉に納得しながらも大笑いをしてしまいました。これからゆっくり、過去の記事、読ませていただきます!一晩経っても泣きたくなるくらい悔しかったですが、元気が出ました。まさに謙虚に、己を見つめなおしたいと思います。ありがとうございます!

投稿: koko | 2010年12月13日 (月) 05時41分

始めてサイトを見ました。イラストあり、動画あり、写真あり、展開が凄い。驚きです。

投稿: 桃の木 | 2010年12月12日 (日) 12時50分

分かりやすい、内容。例えば、トップスピンはどうなりますか?

投稿: コーチA | 2010年12月12日 (日) 08時25分

孫子の兵法、いいですね。ぜひぜひお願いします。期待しています

投稿: 損して | 2010年12月12日 (日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/50269092

この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 勝利の法則 上達のレッスンカード:

» あなたは芸術家肌の右脳派か?3秒でわかるサイトなど・・ [ペインターみんみんの油絵制作&絵画の画像 動画]
みんみんです。サイト、ガラパイアさんで右脳派・左脳派テストがいろいろ掲載されてるのを見つけて自分もやってみました。観たこと有る人も多いかもしれませんが、回る女性のシルエットです。▼逆時計まわり・・・左脳派 分析的で論理的に優れ、言語や計算機能 [続きを読む]

受信: 2010年12月13日 (月) 23時47分

» フェデラー 杉山 愛、グランドスラム連続出場の記録抜く 怪我しない強さ [ショップブログ アート&スポーツ]
フェデラー 杉山 愛のギネス記録を抜く  R.フェデラーは偉大。でも杉山 愛も日本が生んだスーパースター。  特に ダブルスはランキング世界一に なったことがあります。  しかもフェデラーは、ほとんどの試合でベスト4以上。これもギネスでしょう。    大型の台風が3つも接近中。梅雨の晴れ間、テニス頑張んなくては。  雨の日の簡単上達法 を紹介します。      日本は異常気象? 。  タイトル  でも熱中症にはご用心ですよ。   正しい水分補給で身体を守りま... [続きを読む]

受信: 2015年7月10日 (金) 10時54分

» テニス ソフトテニス ダブルスの強化書 フォーメーションBook  陣形をマスターしよう [ショップブログ アート&スポーツ]
ダブルス、フォーメーションBook 完成  暑いですね。 でも僕ら合宿で、  軽井沢に行って来ました。    朝の浅間山きれいでした。  ダブルス  やってきますよ。  早朝レッスン  から始まって、  びっちり練習と試合。  整備されたクレーコート、  テニスコートから30秒で温泉。これ最高。    クレーコートと言っても、ここまでできたら最高ですが クレーコートのフットワーク、トッププレーヤー  熱中症の全てが分かる、対策、情報集。保存版    ... [続きを読む]

受信: 2015年7月27日 (月) 06時39分

» ヒンギス ダブルス2種目制覇 USオープン2015 陣形、戦術 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
USオープン、女子ダブルス、M.ヒンギス、S.ミルザが優勝。ヒンギスは、ミックスダブルスに続き2種目制覇。まさにテニスの天才、ダブルスの名手だ。勝因を探ろう。陣形、戦術の使い分けがしっかりしている。... [続きを読む]

受信: 2015年9月14日 (月) 07時58分

» デビスカップ 日本 コロンビア戦 錦織、ダニエル、西山、内山、植田キャプテン [テニススキー徒然草 フィーリング編]
デビスカップのワールドグループ、プレーオフが始まる。敵地でのコロンビア戦。クレーコート、そこで錦織圭に加え、ダニエル,太郎も参加。早い決着を望みたい。植田キャプテンお手腕にも期待しよう。... [続きを読む]

受信: 2015年9月16日 (水) 13時52分

» Q [テニススキー徒然草 フィーリング編]
読者の方から沢山お質問を頂いています。テニスの大きな試合もひと段落で、時間ができました。Q [続きを読む]

受信: 2015年12月 6日 (日) 00時29分

» ダブルス 上達法 ペアを活かす達人 パエス [テニススキー徒然草 フィーリング編]
IPTLでダブルスが見れます。Japanチーム勝てませんが、パエスのダブルス上手くて、参考になります。 ダブルスってこうやればいいんだ。駆け引き、戦略、戦術が見えてきます。... [続きを読む]

受信: 2015年12月 8日 (火) 09時42分

» デビスカップ イギリスとタイ 錦織踏ん張る [テニススキー徒然草 フィーリング編]
注目のデビスカップ初日。シングルス2試合、日本からダニエル,太郎、錦織圭が登場。ダニエル,太郎はA.マレーに敗れたが、錦織圭は苦戦しながら、何とかストレートでエバンスを破った。今日はダブルス。イギリスは強い、日本は誰が出るか?... [続きを読む]

受信: 2016年3月 5日 (土) 06時40分

» マレー兄弟 強し イギリスが王手 デビスカップ [テニススキー徒然草 フィーリング編]
デビスカップ、ワールドグループ、ラバー3.注目のダブルス。日本は、若手の内山、西岡ペアを起用。相手は強豪、マレー兄弟。強いですね。全く歯がたたなかった。でも植田キャプテンとしては計算済み。マレーを少しでも疲れさせて、錦織圭に有利にしようとする、背水の陣作戦だ。... [続きを読む]

受信: 2016年3月 6日 (日) 07時51分

» ダブルス上達法 Part4 攻撃リターンの秘訣 ソフトテニス、共通 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
ダブルス上達法を続けています。陣形をマスターすることをベースに、いろいろなシチュエーションを考えて、アイデアをイラストで表示しています。今回は試合展開を有利にするためのリターンの考え方です。定番の3つのコースに加えて、上級者用5つのコースを紹介します。これでダブルス上手くなりますよ。トッププレーヤーの動画も紹介します。... [続きを読む]

受信: 2016年12月12日 (月) 12時41分

« スポーツの上達は フィーリングから 「弾んで」「打って」 | トップページ | トップスピンを使い分ける 攻撃 防御 »