« テニス スキー 上達させるコツ | トップページ | テニス 調子を戻す イメージトレーニング »

2011年1月 7日 (金)

リターン上達で試合に勝とう 

リターンの考え方,上達する方法

 今年の技術解説、リターンから入る。
 去年あまり解説しなかったこともあるが、
 サービス力優位なトッププレーヤーと違い、
 草大会ではリターン力が大きな力を発揮するからだ。

 このフェデラーのリターンを参考に
Rfbsretseq


 しっかり振り抜いている。躊躇しない。

 コート図で示すと、リターンでは一歩踏み込んでタイミングを合わせている。
Retstepin


 

 リターンが何故難しいのか。
 その理由は簡単。

  1:リターンの練習が少ない事。

  2:良いサービスを打つ相手がいないと、リターンの練習は出来ない事。


  3:リターンをストロークと思って、ストロークの練習で事足りると思っている人が多い事

 それがリターンを難しくしている理由だ。

 R.フェデラーのリターンのビデオを見ていた。

 R.フェデラー リターン 超スローモーション 
 凄く安心する事を発見。フェデラーも人間なんだ、と感じた

 それはR.フェデラーほどの選手でも、Fs_tspin_lcard


 リターンではスウィートエリアから外れる事が多い。

 と言ってもフレームショットではなく、

 ほんの少しの外しだが、

 ラケット面がぶれて動いていた。

 ストロークではまずない、しかしリターンでは、R.フェデラーでもブレる。
 だから、安心してリターンを打とう。

 ただし、R.フェデラーの面のブレは最小。
 インパクトでしっかりラケットを握っているからだ。

フレームショットが多いとテニスエルボーになりやすい。

 御用心。テニスエルボー防止にバイブカット がいいですよ。

 トッププレーヤーでリターンの上手い選手

 レッスンカード  リターンのコツ 
 ポケットに忍ばせて、こっそりリターンをマスターしよう。
 奇麗なフォルダ入り

 ラケットを握る、大事なことだが、スウィング中握りっぱなしだと、ラケットのヘッドスピードが走らない。
 リラックスして構え、テイクバックからフォワードスウィングにかけてギュっと握ろう。
 インパクトの時に面がブレないようにして欲しい。

 リターンの練習では、サービスを多少オーバー気味でもネットミスを減らしてもらい、
 リターンの機会を増やそう。

 コーチ必携 ボール出しマニュアル 

Bmrecrossrally

 
Lcreprohit


今日の御教訓
 1:リターン力アップで実力アップ

 2:リターンはストロークにあらず

 3:リターンの練習を増やそう

 コーチ用テニスノート 

 2011 テニスシステム手帳 

  セミオーダーで使い勝手の良いテニス手帳を作ろう。


テニス徒然草
 
 テニス365 Q&A 

 スキーの上達動画 
  
 大島プロの滑りが一杯です。

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ

 次回はリターンがストロークとどのように違うかを解説する。
 乞う! ご期待!!

|

« テニス スキー 上達させるコツ | トップページ | テニス 調子を戻す イメージトレーニング »

テニス」カテゴリの記事

レッスン」カテゴリの記事

フェデラー」カテゴリの記事

リターン」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

コメント

オーストラリアンオープン、錦織どんな感じですかね。今年も特集を組みますか?  楽しみです。
宜しくお願いします

投稿: コーチB | 2011年1月 9日 (日) 08時20分

フェデラーとナダルの試合見ましたか。ときどきムーンボールがあるように思いましたが。フラットも。チェンジオブペースですか?

投稿: こーちゃん | 2011年1月 8日 (土) 17時58分

コメント有り難うございます。管理人の月さんです。
ひのき舞台さん、読んでくれて有り難うございます。
フェデラーのリターンアップなので動きが分かりにくかったですね。次を乞う! ご期待!!

投稿: 月さん | 2011年1月 8日 (土) 06時43分

フェデラーのリターンの関係がイマイチ

投稿: ひのき舞台 | 2011年1月 7日 (金) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リターン上達で試合に勝とう :

« テニス スキー 上達させるコツ | トップページ | テニス 調子を戻す イメージトレーニング »