« 3分のビデオレッスン ラケッティングでフィーリングアップ | トップページ | テニス ピンチを乗り越える 災い転じて »

2011年3月17日 (木)

テニスと危機管理 緊急退避 相手の攻撃を防ぐ

大地震から学ぶこと 危機管理


 昨晩も余震がありましたね。

 自分がそれに慣れて行ってしまう、怖さも感じました。
 昨晩までは、すぐにテレビを付けて、地震の内容をチェックしましたが、
 そのまま寝てしまいました。


Sayingcrisismanagement


 東日本大震災 一応、家庭内での準備はしてあります。
 地震対策、情報収集 必要情報をまとめましたので、参考になさってください。

 東日本大震災 情報

 世界各国から 有名人が支援メッセージ を

 

 こんな時に、政府の危機管理が言われていますが、
 我々個人も、考えなくてはいけないのでは、

 枝野官房長官 頑張っています。
 枝る、なんて言葉が若者の中で流行っているとか。

 良く考えたらテニスって、毎回、危機管理の連続ですよね。

 僕がテニスを始めた頃、ピーターバーウォシュと言う、
  

 カナダのデビスカップの選手からコーチに
 転向された方がいました。

 その方の指導法はユニークでしたよ。
 テニスはエマージェンシーの連続だ、と言うんです。
 ショーの様なスーパーテクニックの連続でした。
 今トッププレーヤーがやっている事は、まさにそれだと言うんです。
 今考えたら、納得ですね。

 N.ジョコビッチの素晴らしいフットワーク、カバー能力
Djokovic_retbs_reach

 フェデラーの股抜き
Federer_the_shot

 このような緊急ショットができたら、
 普通のショットは楽、と言う事なんですね。
 ダブルスでもそれと同じような事を

 エマージェンシー  emergency   確認ですが、
   【形】緊急の、非常用の
  【名】緊急事態、非常事態、非常時、急場、応急、救急、緊急、突発事故
  (その頃、テニスの経験の少ない自分は良く分かりませんでした)

 
 
 友達同士で、楽しくプレーするのは別ですが、
 試合は、常に相手の弱点を狙いますから、毎回が緊急事態と言う訳です。

 ですからレッスンの内容も普通では考えられない、面白いものでした。
 左右に大きく振られた時の返し方、
 背走して、ハードヒット、または股抜きショット。
 などなど、確かに今考えたら、緊急事態ですた。

 と言う事は、毎回の危機管理の対応の勝負ではないかと。

 少し硬い言葉ですが、危機管理についての概略です。
 これはそのまま、仕事、会社、個人にも当てはまる事ばかりです。
 もちろんテニスも同じですね。

 なぜならテニスは相手が、こちらの弱点を攻めるスポーツですから。
 危機管理
  現在発生中の被害を最小限に食い止めること
  危機のエスカレーションを防止すること
  
 危機を正常な状態に戻すこと
 危機管理=テニスで攻められた時、リードされた時と考えてみてください。
 具体策は、自分達の対応戦術、戦略と言う事になります。

 危機管理6つの段階
 一般的な6段階
  1.予防:危機発生を予防する
  2.把握:危機事態や状況を把握・認識する
  3.評価
  損失評価:危機によって生じる損失・被害を評価する
   対策評価:危機対策にかかるコストなどを評価する
  4.検討:具体的な危機対策の行動方針と行動計画を案出・検討
  5.発動:具体的な行動計画を発令・指示する
  6.再評価
   危機内再評価:危機発生中は、行動計画に基づいて実施されている点に沿って
   行動計画に必要な修正をする
   事後再評価:危機終息後に危機対策の効果の評価を行ない、
   危機事態の再発防止や危機事態対策の向上を図る

 テニス上達のマニフェスト 


 Plan → Do → Check → Act が大事なんです。
Sysbitodopdca


 

 テニスの自己管理手帳  


 これをそのままテニスに当てはめると、
 テニスの上達法が見えてきます。

 まず、自分達の実力を冷静に判断する事です。
 それが相手の攻撃力を防げるかどうか。
 相手は当然、こちらの弱点を狙って来ますから。


 テニスとの細かい関連は、次にまとめてみます。
 皆さんも考えてみてください。

 今日の御教訓 危機管理
  1:自分達が攻められている時を想定しよう

  2:どこを攻められるか

  3:対処法を持とう

 恩師へのプレゼントにテニスグッズ

 野球用 作戦盤 

にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


 1クリックして頂けたら嬉しいです よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ

人気ブログランキングへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 3分のビデオレッスン ラケッティングでフィーリングアップ | トップページ | テニス ピンチを乗り越える 災い転じて »

コメント

この時期になると、、、。黙祷。
福島の避難者のいじめ。悲しいですね。
しかも教育現場で

投稿: 月さん | 2017年3月10日 (金) 10時11分

ご主人のミッキーカーチス。あんなに子供ったとは。
危機管理ができている。さすが

投稿: きっききりん | 2011年8月10日 (水) 10時36分

テニスのアップも急ぎますが、面白真面目の方の震災の応援ブログに集中しています。
今しばらくお待ちください。

投稿: 月さん | 2011年3月19日 (土) 11時34分

おはようございます。震災大変ですね。
震災とテニス、結局危機管理なんですよね。
人生そのまま、偉そうなこと言えませんが、
お役にたてばと書いています。
応援よろしくお願いします。

投稿: 月さん | 2011年3月19日 (土) 07時20分

テニスと緊急回避、なるほど、
いつもながら視点の違いに感心します。
次に期待します。
今回も有り難うございます。

投稿: まっちゃん | 2011年3月19日 (土) 07時15分

そう言えば、そんなコーチがいました。ユニークこのうえなし

投稿: ピート | 2011年3月17日 (木) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/51143066

この記事へのトラックバック一覧です: テニスと危機管理 緊急退避 相手の攻撃を防ぐ:

» 錦織の挑戦 全仏への道 強い相手と当たる どうする [ショップブログ]
錦織 バルセロナ劇場 NO7 4回戦の相手準々決勝の相手  スペインの剛腕F.ベルダスコ  ランキングは20位  常にトップ10にいた選手。  ロランギャロに向かっての、クレーコートでの戦い。  クレーコートの特徴。  強い選手はクレーコートを重視する。  かなり慣れてきた。  成果も上がっている。  今回は、相手が強い場合の対処法を一緒に考えましょう。  去年のオーストラリアンオープンで打ち負けた  完全に... [続きを読む]

受信: 2012年4月27日 (金) 18時36分

« 3分のビデオレッスン ラケッティングでフィーリングアップ | トップページ | テニス ピンチを乗り越える 災い転じて »