« ジョコビッチ vs ナダル 新旧王者の激突をデータで再現 | トップページ | ダブルスに勝つ ミックスダブルスの掟 »

2011年7月 4日 (月)

試合に負ける法則 NO2

テニス 負ける法則

 ウィンブルドン面白かったですね。
 いろいろ面白い情報まりまして、整理しています。

 テニスの勝利の法則をMr_blue


 随分書いています。

 データを整理しているのも、

 勝つ理由を知りたいからです。

 ファイナルのデータ 男子。
  防御テクニックの駆使  

 女子シングルスのデータ
  攻撃力の駆使  

 勝つ理由は難しくても。負ける理由は簡単です。

 心.技.体がありますが、その3要素ではなくて、
 感情のコントロールなんです。

 感情のコントロール  


 フィーリングの基本から

 感情のコントロールまでしっかり書いてあります。
 
 参考にしてください。

 負ける人の特徴
 
 ラケットを投げる、折る。
 言い訳をする。
 文句を言う。
 自分のせいにしない。

 人や物に当たってはいけないんです。

 少し前のブログで、ラケットを折って、好プレーを台無しにして、
 負けたプレーヤーを紹介しました。
 
 X.マリッセに負けた、J.メルツアー選手です。
 ところが輪廻転生、面白いですね。

 その翌日の試合です。
Xbreakracket1


 今度はX.マリッセがラケットを。
Xbreakracket2

 J.メルツアーの時のアンフォーストエラーは10.
 それが負けた時は21
 面白いでしょう。

 相手は売り出し中の若手、B.トミックでしょう。
 落ち着いた大人のプレーをしますから

 怒りを鎮めて、平常心。

 ラケットを折って勝った人はいない。

 ラケットを折ったから負けるのか。

 負けたからラケットを折るのか?

 ニワトリと卵の関係。だったら

 ちなみにショートテンパーで有名なM.サフィンは選手生活12年で
 700本以上のラケットを折ったそうです。
 ラケットはともかく、コートも痛みます。
 プロですから、観客の目も考えてプレーして欲しいものです。

0sayingnoexcuse


 本日の御教訓 

 負ける人と勝つ人の違い
 1:勝つ人はミスの原因を自分に求める

 2:勝つ人は言い訳しない

 3:勝つ人は、勝負ラケットを投げださない

 お陰さまでテニスブログで上位を続けていいます。
 皆様のクリックのお陰です。


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ジョコビッチ vs ナダル 新旧王者の激突をデータで再現 | トップページ | ダブルスに勝つ ミックスダブルスの掟 »

心と体」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

試合」カテゴリの記事

インナー」カテゴリの記事

ラケット」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。朝のウオーキング済ませてきました。
少し雨っぽいですね。涼しいのですが、日中は蒸す見たいですよ。言い訳は言わずに自分の事に集中してみてください。

投稿: 月さん | 2011年7月 7日 (木) 06時13分

こんばんは。Mr.ブルーのキャラがいいすね

投稿: うさこ | 2011年7月 6日 (水) 22時33分

こんいちは。No Ecuseですね。即実行

投稿: 言い訳マン | 2011年7月 5日 (火) 10時28分

非常に面白い記事ですね。
でもちゃんと言うもしっかり読んでいないと、
脈絡がつかめない人が多いのでしょうね。
私には大笑いです。
テニスで怒ったりしている人、
本当に勝てませんよね。

投稿: 生徒A | 2011年7月 5日 (火) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試合に負ける法則 NO2:

« ジョコビッチ vs ナダル 新旧王者の激突をデータで再現 | トップページ | ダブルスに勝つ ミックスダブルスの掟 »