« 試合に負ける法則 NO2 | トップページ | ダブルス 強化の小さなヒント1 ルーティーン1 »

2011年7月 5日 (火)

ダブルスに勝つ ミックスダブルスの掟

ダブルス上達のセオリー 勝ちたい ミックスダブルス 

 先回はダブルスで、サービス側が何を考えているかをお話ししました。
 大事なので整理しておきます。

 テニスのゲームを整理しておきましょう。
  1:交互にラリーするゲーム。Db

打ったら次は準備

  2:ポイントは
    80%が自滅


  3:ミスは、
   持ちこさない 

   過去は仕方がない、
   次です。

 これがテニスのスポーツ的な要素です。

 ダブルスではDbfrontback

 結構姑息な
 感じがします。

 相手は

 必ず動かして来るか。

 ハードヒットする場合は、

 力で抜けると思っているのでしょう。
 同じ力同士であれば、
 スキを狙います。

 今回はミックスダブルスの考え方を紹介します。

 男女がそれぞれサービス、レシーブをします。
 サービス力、リターン力

 コートカバーリング、これがミックスダブルスの面白い所ですね、

 まあ、あからさまな女性狙いはやめましょう。
 紳士のスポーツですから。
 でも中には、男性以上の女性も多いですが。

 それと実際の試合で、相手の状況を読み取る力を養いましょう。
 写真ですが、観察、判断をしてください。

 ダブルスの基本戦略  優先順位を知る

 1:典型的な女性のサービス、左サイドの男性にサービスをしています。

Dbposition


 どれ位の情報を得ますか?

 これはロランギャロのミックスダブルスの試合です。
 ミックスダブルスって参考になるんですよ。
 男対男、女対女、このケースは良くありますが。

 男性サービス 女性レシーブ 圧倒的に男性有利ですね
 逆に女性サービス 男性レシーブこれは男性有利です。

 ダブルスは陣形が勝負
 男子ダブルス、女子ダブルス、ミックスダブルス
 ダブルスの陣形 

 いくつイメージできますか?
 その中で普段使っているのは?
 全ての陣形が分かります。

 1:ここから得られる事は
  女性がセンターからサービスをしている事。 
  なんのためでしょうか?


  サービス側は力が入っていますが、リターン側はこれからって感じですね


 2:今度はプレーヤー4人を見てください。

Dbposition2


  サーバーは中に入ってい打っています。
  サーブ&ボレーに出るかもしれません

  サービス側の男性はポーチの準備で構えていますね。

 リターン側のレシーバーかなり中に入っています。
 レシーブに自信がありそうです。

 リターン側のボレーヤーも普通の位地よりは前に立っています。
 
 3:サービスのコースです。

Dbposition3


  明らかにセンター狙い。
 何故でしょうか?
 その理由は3つあります。

 1:センターはレシーバーのバックだから
 2:レシーブの角度が付きにくい
 3:それでポーチに出やすい。

 4:もう一つ入れると、センターからセンター
  CCセオリーと名付けましたが、ネットが低く、
  サービスの確率が上がります。

  シングルスのサービス、A.ロディック得意のコースです。


 4:リターン側を見てください。

Dbposition4


 何を見て取りますか?

  ダブルスではサービス側がかなり有利です。
  ですが女性サービス、男性リターン、それも2ndサービスとなると、

  イーブンかリターン側が強くなるでしょう。
  もちろん個々の選手のサービス力、リターン力によりますが。

  レシーバーな男性、サービスがバックに来ても平然としています。
  自信があるのでしょう。

 ポーチに取られず、クロスに沈める自信がありそうです。
 しかもリターンダッシュできる様に前に詰めていますね。

 リターン側のボレーヤーも、レシーバーを信頼して、
 ポーチに取られない、確実にクロスに返してくれるから、少し前目に立ち、
 次のボールをレシーブポーチできるように動くはずです。

 この様に試合が動く事を頭で整理しておくと、
 戦略も立てやすいです。

 レッスンではコート図を使う事
 マグネットを使ってダブルスコートを自由自在に描く
 ダブルス作戦ボード ロブも表示 できる


Lob

Dbmixsayingserre


 速攻ダブルス陣形 良くつかわれる30パターンのマスターで
 ダブルス楽勝 

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 本日の御教訓
 ミックスダブルスの掟
 

 1:力関係の差を知っておく
  2:サービス、レシーブ、男女
  3:弱点のカバーを考えておく

 ウィンブルドン総集編1

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« 試合に負ける法則 NO2 | トップページ | ダブルス 強化の小さなヒント1 ルーティーン1 »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

上達」カテゴリの記事

中級」カテゴリの記事

コメント

ミックスダブルスの勝利の法則ブログにアップしました。
ウィンブルドンのN.ジモニッチ、S.ストーサペアです。参考にしてください。よろしくお願いします。

投稿: 月さん | 2014年7月15日 (火) 20時12分

ミックスダブルスの企画、
よろしくお願いします。

投稿: アメリカンワッフル | 2012年9月 7日 (金) 15時02分

専門生Sさん。おはようございます(^○^)♪
覚えていますよ。当時は困りものでしたから。
練習なんてはいい感じなのに、試合になると、
途中からガラっと変わってしまいましたよね。
まあ、当時は、注意しても関係ないだろうと思いつつ
、仕事だから注意しましたが。
自分で気づくもんですよね

投稿: 月さん | 2011年7月 8日 (金) 06時22分

こんにちは。先生、お久しぶりです。
良くキレたSです。先生には良く注意されましたよね。
当時は、全く聞く耳持たずでしたが。
社会に出て分かりました

投稿: 専門生S | 2011年7月 7日 (木) 16時04分

ダブダブさん、コメント有り難うございます。
管理人の月さんです。
ダブルス、組み込んでいるペアが強いですね。僕は
いろいろな人と組んで、その人に合わせるのが好きです。
性格的なものもあるでしょうから。

投稿: 月さん | 2011年7月 7日 (木) 06時14分

ダブルス、強くなりたいです。同じペアで組み込む事ですかね

投稿: ダブダブ | 2011年7月 6日 (水) 20時19分

こんにちは。これくらいゆっくり話を進めてていただけると、私でも分かります。
他のサイトは、用語とか、言っている事が専門的過ぎるんですよね。助かります。有り難うございます。

投稿: 初級者脱出希望 | 2011年7月 6日 (水) 14時23分

ダムダムさん、生徒Aさん。Good Morning!今朝は気持ち良かったですよ。朝4時の風。湘南の風??
ダブルスの企画、いろいろ面白い視点からダブルスを見ます。応援、よろしくお願いします。

投稿: 月さん | 2011年7月 6日 (水) 08時09分

ダブルスの記事、よろしくお願いします。
初中級者にもできる技を。
ショートクロス、とてもとても、ロブで抜く、
問題外です。
こんな私でもなんとかなりますか?

投稿: ダムダム | 2011年7月 6日 (水) 07時31分

ミックスはやった事がないのですが。レッスンではありますが。
結構気を使います。女ダブの方が気が楽かな?

投稿: 生徒A | 2011年7月 5日 (火) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルスに勝つ ミックスダブルスの掟:

« 試合に負ける法則 NO2 | トップページ | ダブルス 強化の小さなヒント1 ルーティーン1 »