« ボレーの進化系 ドライブボレー ナダルの進化 | トップページ | 北島康介 負けから学ぶ1 テニスとメンタル.タフネス »

2011年7月26日 (火)

ダブルス強化 陣形の対応 スピード 攻守の切り替え

フェデラーが入ったダブルスは面白い

 動画で楽しんで欲しい。
 テクニックを駆使して、

 ダブルスを展開する。

 心技体Time


 スピード、

 ボールの回転

 攻守の展開の速さ。

Dbsayingtowin


 全てが素晴らしい

男子ダブルスから何を学ぶか
 女子ダブルスをやっている方が、
 男子ダブルスは強いし、
 ロブなど展開が違うからと言う。

 でも女子のサッカーが強くなったのは、
 男子とプレーしているから。

 だから女子だって、
 男子ダブルスの速い展開のい慣れる事をお勧めする。

 最近、ソフトテニスも
 硬式テニスのダブルスと同じ展開になる事が多くなった。

 ダブルスの重要課題は、
 サービスキープにある。

 一般プレーヤーではサービス力、リターン力と言うか、
 ミスで決まる事が多いが、
 トッププレーヤーの試合では
 圧倒的にサービス優位にある。

 一般プレーヤーが学ぶのはサービス力だけではなく、
 それは一般車がF1に近づく位大変なので、
 ダブルスの組織プレー

 あの上手いR.フェデラーのペアだって、
 相手のサービスの時に
 二人下がって後衛陣を引く

 後衛陣を引く時は
 1:サービス力がある場合

Ser2backfor_2

 サービス力が強い場合、
 リターンは不安定
 サービス型は自由に動いて来るから、
 要注意。 そこで後衛陣


 2:アイフォーメーションなど
  変則陣形でボレーがどう動くか分からない時

2ifor2back_2

 皆さんも、この
 アイフォーメーションも使ってもらいたいし、
 後衛陣も使ってもらいたい、
 試合が楽になるし変化に富んで面白くなる。


 これをアップさせよう。

 サッカーに学ぶ組織プレー

 ザックジャパンから 組織を学ぶ 

  男子サッカーから

 なでしこJapanから 何を学ぶ

 圧倒的な身長差を跳ね返した組織プレー、個人技


 男子ダブルスは展開が早い。
 全員が良く動く。

 攻守の切り替えが早い。
 この試合 R.フェデラー、S.ワウリンカのスイスペア

 R.ガスケ、ベネトーのフランスペア

 スイスペアが実力が上なので、
 フランスペアは最初からI.フォーメーション

 この時にリターン側は二人とも下がっている事が多い。
 雁行陣のままでは、前に居るプレーヤーが狙われてしまうからだ。

 そして2ndサービスでは、リターン側も雁行陣になり、良いリターンが返ったら、
 ボレーが決めに行く準備をする。

 男性、女性、それぞれのサービス力、リターン力の差によるが
 大体の平均的な数値を出しておこう。
 もちろん中にはサービス力の弱い男性もいるし、リターン力の強い女性もいる。
 1stサ-ビス、2ndサービスで差がある人、ない人、
 試合の展開によっても変わるが。
 あくまでも指標だ。

 男子ダブルスでは1stサ-ビスでは  8:2
  2ndサービスで            6:4

 女子ダブルス  1stサ-ビス    6:4
 2ndサービス           5:5  実力いかん

 ミックスダブルス

2mixdbserremenlady


ダブルス上達、関連リンク
 ソフトテニス勝利の法則 データから

 ソフトテニスこそ、サービス力アップを

 インターハイのデータから

 漫画で分かるアイフォーメーション

 ダブルスの陣形辞典

 サービス、レシーブの陣形から


 ダブルス勝利の法則 1-10
  

  勝利の法則1:ペアの戦略を持つ
  勝利の法則2:ペアを尊敬する,などなど重要10の法則

 ダブルス 勝利の法則 レッスンカード 40プラスα枚
 

 ダブルス上達のためのサービス力アップ
 

 ダブルスに上達の特化したテニスノート

Up

 

 ダブルスのペアのミス、ナイスショットが分かる。
 便利な分析チャート付き


 ダブルスは陣形だ 陣形マスターカード
 

 ダブルス陣形 作戦ボード
 
B4allstaff
 3つのコート図、スコアを使い分ける。



【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

 本日の御教訓 ダブルスの鉄則
 サービス側の特権を活かす

 1:サービス側有利
  特に1stサ-ビス
 2:攻守をはっきり意識する
 3:ボレーヤーに優先権


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ボレーの進化系 ドライブボレー ナダルの進化 | トップページ | 北島康介 負けから学ぶ1 テニスとメンタル.タフネス »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

フォーメーション」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

コメント

ロジャーさん、おはようございます。ブリスベーン国際で、錦織圭選手は第2シード、L.ヒューイットに勝つと、
R.フェデラーと対戦する可能性があります。
楽しみ。

投稿: 月さん | 2014年1月 4日 (土) 08時23分

おはようッス。こんな情報万歳のページがあること知りませんでした。ちょくちょく伺います。
宜しくお願いします

投稿: ロジャー君 | 2014年1月 2日 (木) 08時46分

北島選手、100mで銅メダル、本人は不本意でしょうね。

投稿: まっちゃん | 2011年7月27日 (水) 13時41分

フェデラーのダブルス面白い、一人でやっている感じですね。こんな人多いですが、これだけ上手かったら、誰も文句言いませんね

投稿: 生徒A | 2011年7月26日 (火) 19時04分

こんばんは。このダブルス、分かりやすくて◎です。
こうやってダブルスができたら最高ですね。

投稿: 万年中級者 | 2011年7月26日 (火) 18時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス強化 陣形の対応 スピード 攻守の切り替え:

« ボレーの進化系 ドライブボレー ナダルの進化 | トップページ | 北島康介 負けから学ぶ1 テニスとメンタル.タフネス »