« ジョコビッチ ストロークの凄さ ソフトテニス風 | トップページ | 全米 間近 熱戦続く ナダル、フェデラー敗れる »

2011年8月19日 (金)

USオープン間近 調整が進むトッププレーヤー

トップ選手はUSオープンに向けて懸命の調整を行っている。

 テニスも勝負、はっきり勝者と敗者が出来る。

 問題は次に向けてどう対処するか。
 目標は、今年最後のグランドスラム、USオープンなのだから。
 どのグランドスラムの大会でも、試合を占う前哨戦が行われる。

 USオープンではモントリオールのロジャーズカップ

 N.ジョコビッチの快調さは続く。

 N.ジョコビッチフォアハンドにソフトテニスのスウィング を見た。

Nobvacfsnewlow

 

 そして今行われているシンシナティの大会だ。
 WSマスターズ 上位陣安定 
Cincinatticourt


 

 USオープンの本命選手の動きに注目が集まる。

 前哨戦だけに、本選の結果と結び付く事が多い。
 では、N.ジョコビッチは
 R.ナダルは
 C.ウォズアニッキは
 S.ウィリアムスは

 モントリオールのロジャーズカップ。
 まさかの初戦(2回戦)負け
 R.ナダルの逆転負け、コメント

 「サービングフォアザセットからのRafargerscupanoy

 逆転負けは、ショックだった。」
 R.ナダルでもそんな事がある。
 
 相手は
 Dodig of Croatia, 1-6, 7-6, 7-6.
 R.ナダルの初戦負けは、そうあることではない。

 ランキング1位 C.ウォズアニッキ。シンシナティでも初戦(2回戦負け)

 凡ミスが増えて、

 ワイルドカードの選手に負ける。Cwcincinattianoy

 「こんなこともある」
 ときっぱり。

  主催者推薦のC・マーケイル(アメリカ)で、

 ウォズニアキを6-4, 7-5の

 ストレートで下した。

 C.ウォズアニッキと言えば、グランドスラム無冠ながら 凡ミスをしない女王
  対M.シャラポワ美女対決
 

 C.ウォズアニッキがミスで負ける
  

 負けは負けで気持ちを整理して、次に進む事だ。
 負けを引きずらない事。

 怪我の選手
 復帰して、快調を伝えられたS.ウィリアムス、
 右足の怪我で、棄権
 USオープンに備えて、リスクを冒したくないとのこと。

 V.アゼレンカも怪我で棄権。
 V.アゼレンカ選手は、去年USオープンで熱中症で倒れた
 
 皆さんも注意してくださいよ。

 クルム伊達 
 お風呂で滑って、左手を怪我したとか。

 クルム伊達選手のメンタル.タフネス、調整が見事です。
  

 試合に勝つにはテニス日誌をつける事

Dbmemo

 
 自分を謙虚に知る事です。
 日記をつけた翌日から変わります。

Sayingselfconfidence


 本日の御教訓 試合の調整
 負けた時の自分の整理

  1:気持ちを引きずらない
  2:修正できる事、出来ない事
  3:結果的には自分を信じられるかどうか

グランドスラム リンク集 超便利
 
月さんの情報力総結集
 テニス スキー上達com

 テニス365 Q&A

 トップ4のサービス力   

 トッププ4のリターン力 


 
 全英オープン ウィンブルドン 
  芝の伝統   

 全米オープン USオープン 
 ハードコート、高速サーフェイス  

 テニス365
 テニスの話題 

 ATP男子プロテニスツアー
 選手のデータが多い。
 月さんの情報源

 WTA 女子プロテニスツアー
 動画も豊富 

 WOWOWテニスチャンネル 
  ライブで盛り上げる


 土居美咲公式サイト
  

 クルム伊達Akways smile
 逆境を跳ね返せ

 錦織圭公式ブログ

1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ


 次はトップ4の実力判定をします。
 サービス力、リターン力に分けて徹底解説
 乞う! ご期待!!

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。


|

« ジョコビッチ ストロークの凄さ ソフトテニス風 | トップページ | 全米 間近 熱戦続く ナダル、フェデラー敗れる »

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

ナダル」カテゴリの記事

全米」カテゴリの記事

ウォズニアッキ」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

速報」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

コメント

まっちゃんさん、生徒Aさん。コメント有り難うございます。
管理人の月さんです。
ここに来てN.ジョコビッチの強さ凄いですね。
戦う姿勢、スピリッツがいいですね。
そしてサービスの改良。バックハンドストロークの安定性、
これが強みです。

投稿: 月さん | 2011年8月20日 (土) 05時55分

こんばんは。涼しくなったので、レッスンが少し楽になりました。USオープンですね。
なんとかR.フェデラーに頑張ってもらいたいのですが。

投稿: まっちゃん | 2011年8月19日 (金) 20時25分

おはようございます。ナダル、C.ウォズアニッキでも苦杯を。
でしたら、私たちは当たり前ですね。
メンタル.タフネスのイラストがいつも新鮮でいいですね。
USオープンの情報楽しみです。

投稿: 生徒A | 2011年8月19日 (金) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: USオープン間近 調整が進むトッププレーヤー:

« ジョコビッチ ストロークの凄さ ソフトテニス風 | トップページ | 全米 間近 熱戦続く ナダル、フェデラー敗れる »