« USオープンテニス 速報と技術 フェデラーに学ぶ基本  | トップページ | USオープン 諦めなかったマレィ 逆転勝ち »

2011年9月 2日 (金)

シャラポワ 調子を取り戻す スランプ脱出

USオープン2011 大特集
 誰だって好不調の波はある。

 問題は、この悪い時を経て直す時だ。

 先回は、R.フェデラーの立て直しを解説した。
 

 今日は、M.シャラポワの立て直しを検証しよう。
 一般プレーヤーの方にも参考になるはずだ。

Sayingmsser_3


 M.シャラポワが初戦で苦しんだ理由は
 1:ダブルフォールトの多さ
 2:アンフォーストエラー(凡ミス)の多さ。
 3:ブレークチャンスがありながら、それをものにできなかった。
 以上の3つ

Usmscheck

 1:ダブルフォールトの多さ
  これはM.シャラポワの負ける時の悪いパターン。
  男子の場合サービスエースが多いので、ダブルフォールトも多い選手はいる。
  しかし、ダブルフォールトの方が多くサービスエースを上回っていたら、勝利は遠い。

 サービスに関しては精神力が重要
 
  N.ジョコビッチの例だ。

 2:アンフォーストエラーの多さも、同じ事が言える。
  アンフォーストエラー以上にウィナーがあれば良い。
  V.ウィリアムスはそのタイプ。
  しかし荒れた試合になるので、展開を作りにくい。

 2回戦でアンフォーストエラーを減らしてきた。
 実はこの数字、C.ウォズアニッキやS.ウィリアムスでは考えられないほどの多さ。
 しかしウィナーが多いので差し引き、プラスになっている。

 アンフォーストエラーの少ないのはC.ウォズアニッキ
 
 ちょうど、M.シャラポワ戦を例にしている。

 3:ブレークチャンス
  問題はここ。
  強い選手はデュースで強い。
  集中力を高めるのだ。
  これが初戦、16回のブレークチャンスで6回しか取れないと、厳しい。

Usmsguts2


 ブレークチャンスで強いのが、N.ジョコビッチ
  

 これらを全て、2回戦で修正してきた。
 試合を見ていると、ボールの順回転を増やして、少し弾道を山なりにした。
 これで相手を左右に動かしてから、特に速いボールで攻めるようにした。
 初戦では、攻撃が速すぎた。

 データを見る前までは、僕はサービスの速さも落としていると思ったけれど、
 逆に速くなっている。

 サービスほど、気持ちが影響するものはない。

 余裕があって試合を進められるようになったので、サービスも速くなってきたのだろう。

 サービスの良い循環になった訳だ。

 これらのポイントは全て、皆さんに当てはまる。
 ただし、サービスエース、ウィナーは狙わないように。
 これはトッププレーヤーのテレビの中の世界なのだから。

 この立て直しの基本になっているのは
 Plan → Do → Check → Act
 計画を立て、
 実行
 そうしたらチェックして、
 再調整

 この繰り返し。
 なんとなくするのではなくて、必ず書いてチェックする癖をつけたい。

 テニス上達ノート

Pdca


  

本日の御教訓 試合を立て直す
 試合の基本はサービスから

 1:ダブルフォールトは減らす

 2:凡ミスを減らす

 3:デュース、集中力アップ

 テニスのシステム手帳

Bivisualscore2p

 テニスはフィーリングで上達を

 バックハンドの自習法

 ダブルスの陣形


グランドスラム リンク集 超便利
 
月さんの情報力総結集
 テニス スキー上達com

 テニス365 Q&A

 トップ4のサービス力   

 トッププ4のリターン力 


 全米オープン USオープン 
 ハードコート、高速サーフェイス  

 テニス365
 テニスの話題 

 ATP男子プロテニスツアー
 選手のデータが多い。
 月さんの情報源

 WTA 女子プロテニスツアー
 動画も豊富 

 WOWOWテニスチャンネル 
  ライブで盛り上げる


1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


にほんブログ村 テニスブログへ

 明日は、C.ウォズアニッキの強さをデータで


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。 

|

« USオープンテニス 速報と技術 フェデラーに学ぶ基本  | トップページ | USオープン 諦めなかったマレィ 逆転勝ち »

テニス」カテゴリの記事

戦略」カテゴリの記事

シャラポワ」カテゴリの記事

全米」カテゴリの記事

ジョコビッチ」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。今朝はお詫びから。
朝のテニスのUSオープンのサイトでチェック。
申し訳ありません、M.シャラポワ負けました。
負けるのは仕方がないのですが、
ダブルフォールトとアンフォーストエラーのオンパレード、
復調ならずでした。
テニス評論家として、お詫び申し上げます。
M.シャラポワはもっと辛いでしょうけれど。
これをバネに復活して欲しい。

投稿: 月さん | 2011年9月 3日 (土) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シャラポワ 調子を取り戻す スランプ脱出:

« USオープンテニス 速報と技術 フェデラーに学ぶ基本  | トップページ | USオープン 諦めなかったマレィ 逆転勝ち »