« ジョコビッチ ナダルの死闘を違う角度から データで見るテニス | トップページ | セレナの暴言 どう思いますか? 動画でチェック »

2011年9月15日 (木)

ダブルス 会話教室 カウントをコールをしよう

ダブルス会話教室

 話せば分かる。

 具体的なMoonspeachlesson

 会話教室
  NO2
 試合のコール


 先回のダブルス会話教室いかがでした?
 
 

 USオープンで、ダブルスの話が中断していました。

 先回のまとめから入りましょう。

 本日の御教訓 ダブルス会話教室1

Sayingdbcommunication1


 ダブルスはコミュニケーションだ
 1:ポイントごとに会話を
 2:話す事でリラックス
 3:ミスを持ちこさない
 でしたよね。

 実はテニスと会話、リラックスにいいんです?
 どうしてだと思いますか?

 凄く簡単です。
 
 例えば幼稚園での子供達、Tennisdbkey

 騒いでいる時は、
 リラックスしています。
 緊張すると、
 誰もしゃべりません。

 そうなんです、
 話す事で、
 リラックス。
 息を吐き出しますからね。

 何回も深呼吸をしているようなものです。

 テニスでリラックスするには
 


 リラックスでバックハンド上達
  

 テニススクールですと
、お互いに知らない方同士だと、
 レッスンもTennisdbwappen

 静かに
 進行します。

 試合になっても、
 静かなまま。

 そんな時でも
 必然的に
 話さなくてならない
 事があります。

 僕はレッスンで緊張感をほぐすために、良く握手を使います。
 試合前に、握手してから始めるのです。

 これだけで、和やかなムードになれますよ。
 ボディタッチって大切なんですね。

 試合のコール
 必ず言うべきこと。
 ゲームカウントとポイントです。
 これって当たり前の様なんですが、言わない人が多いですね。

 テニスを始めたばかりの方は、間違って言うと、そんな思いで
 言い難いのでしょう。
 試合の時のコールをしっかり覚えましょう。
 格好良くなりますよ。

 サーバーはボールを相手に見せて、しっかりカウントを言いましょう。

 ジュニア、主婦の方、カウントを言わないで、
 途中で揉める事が多いです。
 お互いに自分の方が勝っていると錯覚していますから。

 特に勝っている時はハッキリと言いましょう。
 負けている時もね。

 ジュニア、キッズのマナー レッスンカード

Lcjrmannerup

 

 カウントを言う事で、試合の展開を、整理する事が出来ます。
 3セットマッチ、プレイ→「Aサーブ、0(ラブ)オール」で試合が始まります。
 この最初のラブオールを忘れずにね。

 ラブ・イズ・オーバーではありませんよ。

 ポイントごとにペアで話す事。
 ポイントをとったら
 「ナイスショット」、でハイタッチ。

 話でリラックス、
 ハイタッチのボディタッチでさらにリラックス
 コミュニケーションも、ビビビと一気に通じます。
 


 カウントで注意して欲しいのが、タイブレークです。

Matchgametiebreaker


 タイブレーク自体がややこしいですが、
 この時に0,1,2,3とポイントを数えます。
 この時は0でラブとは言いません。

 二人のプレーヤーが試合をしています。
 ポイントの多い方からカウントします。
 5-2 そしてリードしている選手の名前を呼びます。

 少し難しいですが。

 普通はサービス側から2-3 なんてカウントするでしょう。
 これをちゃんと言えると、格好いいですよ。

 テニスのスコアをつけよう
 テニス上達ノート
  

Sayingcommutalk


 本日の御教訓 ダブルス会話教室 NO2
ダブルスはコミュニケーション

 1:話の効果
 2:意思疎通
 3:脚本を描く

ダブルス強化の要、それは陣形にあります。
 全日本シニアチャンピオンを使って実践で陣形のいろいろを解説。
 日本で初めてのビデオです。

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ジョコビッチ ナダルの死闘を違う角度から データで見るテニス | トップページ | セレナの暴言 どう思いますか? 動画でチェック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

初級」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

ルール」カテゴリの記事

コメント

子供たちがテニスをしています。おっしゃる通り、
余りマナーが良くないですね。
キレやすいし。下手ではないのですが、
すぐに腹を立てるし。
どうしたらよいですか?

投稿: 親ばか | 2011年9月16日 (金) 14時10分

生徒Aさん、おはようございます。
こんな、軽い文章の方が筆が走ります。
ただし、言い過ぎに気をつけないといけません、
湿原、失言大臣になってしまいますから。

投稿: 月さん | 2011年9月16日 (金) 06時15分

こんばんは。全米テニスとうって変わって、
かわいらしいブログになりましたね。
ルール、タイブレークが良く分かりませんでした。
コールほとんどの人が間違っていますよね。

投稿: 生徒A | 2011年9月15日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルス 会話教室 カウントをコールをしよう:

« ジョコビッチ ナダルの死闘を違う角度から データで見るテニス | トップページ | セレナの暴言 どう思いますか? 動画でチェック »