« サービス 静から動へ トロフィーポーズの静寂 | トップページ | 日本 デビスカップ 待望のワールドグループへ »

2011年9月19日 (月)

テニス会話教室 コール編 ダブルスのルールとマナー

テニスのルールとマナー 意外と知らない基本編

  デビスカップで

  日本が勝ちましたね。Moonspeachlesson


  錦織圭選手の活躍、

  杉田祐一選手の

 勝利も大きかったですね。

 日本は念願のワールドリーグに。
 これから大きく羽ばたいて欲しいものです。

 デビスカップは団体戦で、
 コーチングも許されています。
 試合中のワンポイントアドバイス、コーチの力量が発揮されます。

 デビスカップの事は次回に書きます。

 審判がなくてもできるスポーツ、それがテニス、
 紳士淑女のスポーツだから。
 そう言われて久しいですが。

Wimbledonold


 トッププレーヤーの試合では、主審、線審、
 ボールパーソンと大勢の人がいます。

 逆にこれだけ大勢の人が手伝っている試合も珍しいですよね。
 ほとんどの方がボランティアでしょうから、
 審判に食ってかかかる選手なんてとんでもない話です。

 一般プレーヤーの試合はTenniscall4015


 セルフジャッジでしょう。

 判断するのは

 ボールがある側の

 プレーヤーです。

 ですから、サービスを打ったら、入ったかどうかは、リターン側が判断します。
 これはレットも同じなんですね。

 相手のサービスがフォールトだったら、
 手で示すか、はっきりと「フォールト」のコールを。
 レットしたら、リターン側しか言えません。
 「レット」のコールを。

 良くあるのが、サービス側のボレーヤーがレットだと思って、相手が消したボールを打たなかった。
 相手はレットが気がつかなかった。
 だから返したのです。
 サービス側は判定できません。
 ご注意を。

 レットの蘊蓄
 このletは Let’s go.やLet it Be.のletではなく
 次の意味の邪魔、などの意味です。
 そこでサービスをやりお直す、と言う事になります。

 卓球の用語のネット net.とは大きく異なりますから注意してください。


 コールはしますが、大き過ぎる声、
 相手への威嚇に取られると、コードバイオレーション、
 注意、ポイントを取られたりします。

 M.シャラポワの大きな声、打つのに気になるようなら、審判に言えるでしょう。

Tenniscalloutdog


 先日のUSオープン、
 女子シングルスのファイナルで、
 S.ストーサーとS.ウィリアムスの試合
 1セットダウンの1セット
 S.ウィリアムスの打ったボールがS.ストーサーのバックに。

 セレナはほぼウィナーと思ったのか「Come on!」と大声で叫びました。
 これに対して主審の は、S.ストーサーがバックで打とうとしていたと、ペナルティを課したのです。

 セレナ暴言事件

 セレナも、

 翌日姉の

 ビーナスに

 付き添われて、

 謝罪をしましたが。
 本人が一人ですべきsでしょう。
 

  「Come on!」の雄たけびは、
 選手では当たり前ですが、
 ポイントが決まってから言うべきだったのです。
 これがコードバイオレーションになりました。

 セレナ選手は2年前にもファイナルでK.クリテルス戦、
 フットフォールトのコールに激昂して、ポイントペナルティ。

 皆さんが審判をする事があったら、注意してください。
 フットフォールトの疑いの選手、サービスを打つ前にラインを踏んでいます。
 トスを上げました。
 「フットフォールト」、これは×ですよ。
 インパクトの時に「フットフォールト」のコールをしましょう。

 皆さんのダブルスの試合でもポイントが決まる前のコール、
 ×がありますよ。

 まずボールが弾む前に
 「フォールト」「アウト」と言う事。これは×です。

 判断はボールデッドになってから、完全にアウトが分かってから「アウト!」
 ですからペアにオウトだから手を出さないで、と言いたい時は
 「ウォッチ!」です。
  「ウォッチ!」と言ってSeikoです。なんて言わないでくださいよ。

 ウォッチの重要性 R.フェデラーのフォアハンドストロークの様に
  


 「ウォッチ!」と言われても、ペアは、本当に見るだけではだめですよ。
 まだ決まった訳ではありませんから。

 「ウォッチ!」でボールを見極めて、打つ準備はしておきます。
 ボールが弾む地点を確認して、
 「アウト!」のコールです。

 相手にどれくらいアウトか示せる余裕で見てください。

 助かったと、「アウト!」「アウト!」では疑われてしまいますよ。

Sayingselfjudge


 本日の御教訓 コールはクリアに
 1:疑わしきは罰せず

 2:いつも打つ準備はして「アウト!」
 3:相手コートの事は言わない

 ソフトテニス応援キット

Bivscorecpower

 なぜ、みんな10分以内にウエストの劇的なサイズダウンに成功したの?
 その秘密は、ボディデザイナーとして
 小林邦之の「ミラクル・ダイエット法」にあります!
【ダイエット】ミラクル・バンデージング・ダイエット

  1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村


最後まで読んでいただいて、有り難うございました 

|

« サービス 静から動へ トロフィーポーズの静寂 | トップページ | 日本 デビスカップ 待望のワールドグループへ »

テニス」カテゴリの記事

日本人」カテゴリの記事

教訓」カテゴリの記事

ルール」カテゴリの記事

マナー」カテゴリの記事

コメント

生徒Aさん、コメント有り難うございます。
意味深な写真ね。僕はこんなイメージが湧くイラストを本当は自分で描きたいんですが。
練習していますが、なかなか。
水平思考と言うか、イメージが膨らむものを作りたいです。
スマッシュの練習ね。
自分も実は苦手なショットなんですが、
練習法は一杯ありますよ。
紹介しますね。

投稿: 月さん | 2011年9月20日 (火) 04時47分

ビジネスマナーさん、おはようございます。
おほめ頂いて光栄です。ビジネスマナーと言うか、
テニスはマナーのスポーツですから。
お他g隊の気持ちを尊重してプレーできたら、
本当に楽しいですね。
またぜひ遊びに来てください。
サイト伺いました。
役立ち情報満載ですね。

投稿: 月さん | 2011年9月20日 (火) 04時40分

こんばんは。今日も暑かったですね。
このブログ、意味深な、写真が多いですね。
全体的に楽しいですが。
今日はスマッシュをたくさんミスしました。
スマッシュの練習法、ありますか?

投稿: 生徒A | 2011年9月19日 (月) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テニス会話教室 コール編 ダブルスのルールとマナー:

« サービス 静から動へ トロフィーポーズの静寂 | トップページ | 日本 デビスカップ 待望のワールドグループへ »