« ストローク 自分をどう進化させるか トッププレーヤーからのヒント | トップページ | ストローク進化論 基本もチェック フェデラー対フィッシュ動画 »

2011年12月 7日 (水)

ストローク 進化論6 科学の目 トップスピンとは

ストローク進化論の原点  科学の目で見ると

 好評でストローク進化論を続けている。

 今回はストロークの科学を考えてみたい。

 ストロークとして大事な点をまとめてみよう。
  1;フットワークで最適な打点に入る
  2:スウィングは全身運動
  3:軸がぶれずに再現性が高い
  4:打ったら次の準備

 ストロークの練習と言うと、スウィングの練習だけする人が多いが、
 相手ぬ動かされて打点に入る。
 そして打ったら次の準備に入る。

 P.クビトバのフットワークと打点へのは入り方。

Pkfsbasic1footwork


 つまりストロークは流れの一部であって、それだけでは成立しないということだ。


 ストロークの中でもトップスピンの基本。

 まず、トップスピンの全体像をイメージとしてとらえて欲しい。

 スポーツはフォームではなくて動きなのだから。
 そして最適な打点に入るまでのフットワーク。
 この速さ、準備があるから。

 いつも同じようなスウィングで打てるのだ。
 トッププレーヤーほど再現性が高いのは、フットワーク、予測が良いからだ。

 トップスピンと言うと、手でこねるようなイメージを持っている人が多い。
 確かに、R.ナダルの打ち方を見ると、手でこねているように見える。

 しかし、超スローモーションで見ると、インパクト周辺ではラケット面は垂直、
 ボールに対して真っ直ぐに当たっている。

 この事実を見逃して位はならない。

Saynovactopspin2ways0


 トッププレーヤーですら、インパクト前後の50センチ近くはラケット面が垂直。

 だとしたら、ブレが多い一般プレーヤーはその倍の1メートル近くは垂直面を保っていないと、スウィートエリアに当たらない。

 インパクトにだけ集中力しやすいが、
 インパクトはスウィングの過程と考えて欲しい。
 特に、テイクバックからスウィングしてラケットヘッドスピードを加速する過程と考えて欲しい。

Cir_swing_t_spin


 全身運動で脚部から動きを起こす。

 これを運動連鎖と言うが、手打ちの方はこのイメージがない方が多い。

 ストロークの運動連鎖
  

 トップスピンを打つために必要な円運動

 サーキュラースウィングと言うが、下から上にへのスウィング、振り抜く事が重要になる。

 A.アガシの運動連鎖をチェックしよう。
 参考になる
 イメージをつかんで欲しい。
Athketicchainagassi


 フェデラーが教える サーキュラースウィング
  
 

 ストロークのインパクトを見れば

 スウィートエリアでとらえて、ラケットフェースが垂直。
 ラケットヘッドが下から上に振り抜かれること

 科学的な事実としては、トップスピンを打つための条件は少ない。

 インパクトで何が起こっているか アインシュタインの眼から
  
 
 相手のボールの進行方向とスピード
 自分のラケットの振り抜き方向とスウィングスピードの関係となる。

 そのスウィングスピードを得るのはサーキュラースウィング。
 サーキュラースウィングのイメージを動画で
  

 その結果
 1:インパクトのボールに対して
 2:ラケット面は垂直のまま下から上に
 3:フォロースルーではラケットの位置ははるか上、その下をボールが順回転で抜けて行くイメージとなる。


本日の御教訓 トップスピンの原理
トップスピンの3要素

 1:インパクト、ラケット面はほぼ垂直
 2:下から上に振り抜く
 3:サーキュラースウィング

 R.フェデラーのストローク 超スローモーション 良く動きが分かる

 

テニスシステム手帳バイブルサイズ2012

 皆さんのテニスの上達に必要なページは全てあります。
 なければ作ります。

Bipowerimfo


テニスシステム手帳B7サイズ2012


 全日本シニアチャンピオンを使って実践で陣形のいろいろを解説。
 日本で初めてのビデオです。

【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”


1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« ストローク 自分をどう進化させるか トッププレーヤーからのヒント | トップページ | ストローク進化論 基本もチェック フェデラー対フィッシュ動画 »

テニス」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

ストローク」カテゴリの記事

トップスピン」カテゴリの記事

イメージ」カテゴリの記事

コメント

生徒Aさん。
おはようございます(^○^)♪
そうです。こねないこねない。ラケット面でしっかり回転をかけてください。
ミニテニスが一番分かりやすいですね

投稿: 月さん | 2011年12月 8日 (木) 08時07分

あらかん親父さん。
コメント有り難うございます。
まあスポーツしていますから気分は若いですよ。
スキーをするともっと若返ります。

投稿: 月さん | 2011年12月 8日 (木) 08時06分

ちゃんぽんさん。貴重なご意見ありがとうございます。
おっしゃる通りですね。シチュエーションによって面の角度は多少異なります。
その点言葉が足りませんでした。
レッスンをしていて、トップスピンを打とうとして、面をかぶせてく寝る癖の方が多いので、その事が頭にあり、
垂直にと言う事が多くなっています。
画像のN.ジョコビッチでも面はインパクト後に少し傾いています。
現実的に、極端な例では、クルム伊達選手のようにライジング気味で叩く人は、多少ふせ気味になっています。
今度、ボールの回転をラケット面について詳しい紹介を載せようと思います。アイデアありがとうございます。

投稿: 月さん | 2011年12月 8日 (木) 08時05分

はじめまして。ちゃんぽんと申します。
貴殿が、どういう場面でのストロークのことを言っているかで、話が変わるかと思いますが、

厳密にいうと垂直ではないと思います。
後方からつなぎ玉を打つ時なんかには、
垂直に近いと思いますが、

叩き込むときなんかは、若干面をかぶせて打っているように思いますが、いかがでしょうか?

実際、私も特に叩き込むときなどは、多くの方が垂直垂直!というもので、やっておりましたが、アウトばっかりで、やはり、少し面をかぶせて打ったほうが、結果が良かったです。

人間の体は、どうしても下から上にスイングしますので、
垂直だとやはりアウトするかと。
決して、あら捜しや、嫌味で言っているのではありません。
とても研究熱心にされているようにうかがえましたので、一つ意見を言わせていただきました。突然にすみません。

投稿: ちゃんぽん | 2011年12月 8日 (木) 00時39分

おばんです。書くことが若いですね。

投稿: あらかん親父 | 2011年12月 7日 (水) 17時28分

こんばんは。
このフェデラーの動画、分かりやすいですね。
月コーチのおっしゃる通り、インパクト周辺のラケット面は
ほぼ垂直ですね。
こねない、こねない。
注意します。

投稿: 生徒A | 2011年12月 7日 (水) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストローク 進化論6 科学の目 トップスピンとは:

» 錦織 パッシングショットの冴え 勝利の要因 [ショップブログ]
錦織 どこが強いか  早い、速い、高いパッシングショット  J.ベネトーはベテランで経験が多い。  サーブボレーヤーを基本に攻撃メインのプレーヤー。  錦織圭 J.ベネトー戦 対策    ただし、この試合、錦織圭のパッシングショットがあるので、  かなりのチャンスボールでないと前に出ない。  その満を持した、リターンダッシュ。  錦織圭の甘い2ndサービス。  キックサービスだが、浅く入った。  これぞ、リターンダッシュ用の最適材料。 ... [続きを読む]

受信: 2014年9月30日 (火) 06時42分

» セレナ ハレプ 実力で準決勝へ WTAファイナル ストロークの進化 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
WTAファイナル、ラウンドロビンの結果、レッドグループからは、S.ハレプ、セレナが勝ち名乗りを上げた。最終戦、A.イワノビッチがS.ハレプを破り、勝ち上がりを三つ巴にした。ハイライト動画でストロークの進化を見て欲しい。... [続きを読む]

受信: 2014年10月26日 (日) 09時27分

» テニス ランキング 2つの違い ジョコビッチ フェデラー 錦織圭 [ショップブログ]
大きく動いたランキング ATPランキング ジョコビッチは強いまま  N.ジョコビッチ NO1継続、 常連ナダル陥落。  毎週月曜日に発表されるATP ランキング。  普段は、それほ大きな動きはない。  しかし、今週動いた。  男子プロテニスプレーヤーのランキングは二つある。   良く言われるランキング: これは去年の同じ時期から1年経過のポイントの積み重ね  去年の同じ大会の順位と今年の順位で大きく変動する。  ATPマスターズで優勝は1000ポイント。  これが準優... [続きを読む]

受信: 2015年5月12日 (火) 21時09分

» 楽天オープン2015 錦織出場 連覇目指して いろいろ情報集 [テニススキー徒然草 フィーリング編]
テニスのアジアシリーズ、トッププレーヤーが参戦している。東京の有明で開かれる楽天オープン錦織圭、S.バブリンカ、R.ガスケ、M.シリッチ、注目選手が集合。どの様に勝ち上がるかに注目... [続きを読む]

受信: 2015年9月30日 (水) 13時12分

» USオープンテニス2016 女子シングルス、注目カード、シード、土居、奈良、日比野、大坂、対戦相手 [ショップブログ Sports&Art]
USオープン 女子シングルスのドローが発表  ドローと、各山シード選手、対戦相手、注目カードの紹介。  今年のUSオープンは面白そう。  男子シングルスでは、R.フェデラー、T.ベルディフが欠場。  絶対王者のN.ジョコビッチがやや不調で、A.マレーが好調。 女子シングルスでは  セレナの1強が崩れ、A.ケーバーが急追。以下は誰が勝ってもおかしくない戦国時代。  今年は、メインドローに、日本勢が4人出場。   土居美咲、日比野奈緒、奈良くるみ、そして大坂なおみだ。  土居美咲は... [続きを読む]

受信: 2016年8月28日 (日) 15時01分

» テニスブログ 人気上位お礼 コート図、無料プレゼント [ショップブログ Sports&Art]
お陰様で、テニス人気ブログ、上位10位に4つのブログ。  有り難うございます。皆様の声援のお蔭です。  ブログアップ頑張ります。 お礼と言っては何ですが、  正しい比率のコート図 か     ソフトテニス、硬式テニスのコート図1面 A4サイズのPDFファイル をプレゼントいたします。   お気に入りのブログにコメントをお願いします。  その上で、スポーツ&アートの メールアドレスにお申し込みください。  5月25日までOKです。 ... [続きを読む]

受信: 2017年5月11日 (木) 20時19分

« ストローク 自分をどう進化させるか トッププレーヤーからのヒント | トップページ | ストローク進化論 基本もチェック フェデラー対フィッシュ動画 »