« リターン上達 トッププレーヤーに学ぶ | トップページ | 全豪2012 始まった 本戦へ向けて日本選手 頑張れニッポン »

2012年1月11日 (水)

リターン研究 レシーブにあらず 

リターン研究 リターンはレシーブにあらず。
 リターンで、攻撃的に
 リターンを基本的な考え方から戦略まで紹介する企画
 お陰さまで好評です。

1:リターンの基本的考え方
 リターンが良し、レシーブにあらず.


Sayrereturnreceive


 攻撃は最大の防御

 基本パターンを持つ
 しかし相手には多彩に見せる.

Saydbrecourse


  基本はクロスに深く
  サーブ&ボレーに対してはショートクロスに切り替えられる

  時々ダウンザラインは打っておく。
  相手の前衛をけん制しておく。

 攻撃、防御の仕分けをしっかり
  例えば相手の1stサ-ビスには、しっかり守る

 相手の2ndサービスでは攻撃姿勢を見せる

 それにより相手にプレッシャーをかける。

 サービスほどプレッシャーの影響が大きいショットはないから。

 リターンの名手 D.フェレールのデビスカップ 

 リターン 上達のレッスンカード

 リターンミスを減らす
 中級者からの脱出
 バックハンドマスター

 リターンのドリルを増やそう ボール出しマニュアル
ボール出しマニュアルDVD

 サービスとメンタルタフネス 


本日の御教訓 リターンの考え方
リターン レシーブにあらず

 1:ショットは防御気持ちは攻撃
 2:サーバーにプレッシャーをかける
 3:方針は決めておく

ダブルス強化の要、それは陣形にあります。
 全日本シニアチャンピオンを使って実践で陣形のいろいろを解説。
 日本で初めてのビデオです。
ダブルスの陣形を知ると、面白いように強くなります
【テニス】月岡一公の「速攻!ダブルスのポジショニング・セオリー」サービス&レシーブからの最もよくある展開“30パターン”

1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« リターン上達 トッププレーヤーに学ぶ | トップページ | 全豪2012 始まった 本戦へ向けて日本選手 頑張れニッポン »

ダブルス」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

フェレール」カテゴリの記事

リターン」カテゴリの記事

動画」カテゴリの記事

コメント

万年中級者さん、おはようございます(^○^)♪
リターンとレシーブ、言葉としてはどちらでも良いのですが、
言葉としては、レシーブの方が受け身的な感じになります。
リターン、返す、絶対に返す、そんな感じでサービスを受けて見てください。

投稿: 月さん | 2012年1月12日 (木) 06時34分

レシーブとリターン、差が余り良く分かりません。

投稿: 万年中級者 | 2012年1月11日 (水) 16時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/185264/53709410

この記事へのトラックバック一覧です: リターン研究 レシーブにあらず :

» ダブルス上達法 陣形の駆使Part3 攻守の使い分け 発想の転換を [テニススキー徒然草 フィーリング編]
ダブルス上達法、Part3陣形、攻守の使い分けです。今までの2回の連載をさらに発展させています。テニスはサービス、レシーブで攻守がはっきり分かれます。でもチャンスボールが来たら即攻撃に移れるか。陣形の理解が必要です。参考になさってください。ソフトテニス専用のダブルスの作戦って多いですよ。... [続きを読む]

受信: 2016年12月10日 (土) 08時25分

« リターン上達 トッププレーヤーに学ぶ | トップページ | 全豪2012 始まった 本戦へ向けて日本選手 頑張れニッポン »