« 森田 逆転勝ち 3連勝で進出決める | トップページ | フェドカップ 勝ち上がり経過 日本次の相手は »

2012年2月 6日 (月)

ダブルスのペアリング 陣形意識

ダブルスはフォーメーション

 ソフトテニスと硬式テニスを比較しながら、ダブルス強化作戦を紹介します。

 ダブルス必勝の4つの陣形練習を紹介します。

 寒いですね。
 昨日サッカー、シリアに負けちゃいましたね。
 試合は結果論で仕方がないのですが、

 清武選手がいなかったので、フォーメーションがスムーズに行かなかった感じがします。

 サッカーでも陣形、フォーメーションの意識って大事なんですね。

 全員攻撃、全員守備。

 言うは易くですが、、その時の油断が大きいんですね。


 サッカーのナデシコジャパンとダブルスの関係は?
 
 フェドカップ 森田あゆみの踏ん張り
  フェドカップ、結局日本はシングルス4本

Fcmoritaheight

 相手のエース 身長182cm


 ダブルスも勝って全勝で勝ち上がりました。
  


試合のシミュレーションドリル
 A,Bチーム Kidsswing

 対C,Dチームの
 対戦を
 シミュレーションしてみよう。

 両方とも典型的な
 ソフトテニスのペア、
 前衛、後衛の
 名残を残していると仮定しよう。

 こんなダブルスだ。 Kenkoball


 A(後衛),B(前衛)チーム

 対C(後衛),D(前衛)チーム

 試合の流れは

 次の様になる。

A(後衛),B(前衛)チーム サービスゲーム

 1:A(後衛)サービス C(後衛)リターン 
 A,B雁行陣 C,D雁行陣

 2:A(後衛)サービス D(前衛)リターン
  A,B雁行陣 C,D後衛陣から雁行陣

 3:B(前衛)サービス C(後衛)リターン
  A,B後衛陣から雁行陣 C,D雁行陣 

 4:B(前衛)サービス D(前衛)リターン
  A,B後衛陣から雁行陣 C,D後衛陣から雁行陣

Bmsoftmatch1
 1:A(後衛)サービス C(後衛)リターン 
 A,B雁行陣 C,D雁行陣

Bmsoftmatch2
 2:A(後衛)サービス D(前衛)リターン
  A,B雁行陣 C,D後衛陣から雁行陣


Bmsoftmatch3
 3:B(前衛)サービス C(後衛)リターン
  A,B後衛陣から雁行陣 C,D雁行陣 


Bmsoftmatch4
 4:B(前衛)サービス D(前衛)リターン
  A,B後衛陣から雁行陣 C,D後衛陣から雁行陣

 ホラ、半分のケースで、
 すぐに台形フォーメーションになてしまいます。

 ですから台形フォーメーションの対応  が重要なんです。

 つまりこれで4つの陣形の組み合わせが出た。
 ここにアンダーサーブを打ってきた場合を考えると、さらにシチュエーションが増える。
 加えて、1stサ-ビス、2ndサービスで陣形を変えるとなると、戦略的に複雑になる。
 つまり戦略と陣形をしっかり整理して使えるペアがソフトテニスでは強くなる。

 ドリルとしては、試合そのままの実践練習。
ただしサービスリターンのミスが多いと
 練習の効率が落ちるので、コーチの出番だ。

 コーチが生徒のレベルのサービスを
 安定して入れる事で練習の効率が上がる。

 2ndサービスがフォールトだったら、コーチが瞬時にサービスを入れる。
 このタイミングを失わないで欲しい。


 出来るだけ入れるように努力してほしいが、コーチがボール出しをしてドリルを進行する。

 テニス合宿ドリルの工夫 
ソフトテニス上達グッズ紹介
 スポーツをAsrogo2


 便利に、

 楽しく、

 簡単に
 ソフトテニス、ドリル大幅アップ ボール出しマニュアル  

 ソフトテニス上達グッズ  

 ソフトテニス、2画面マグネット 作戦ボード 
 ソフトテニス、試合中のアドバイス用作戦ボード

 ソフトテニス監督用 システム手帳 

 ダブルス陣形マスター編 

 ソフトテニスメンタル.タフネス 

ソフトテニス 社会人 学生対抗戦

 練習から入るので、ショットのイメージを高める事が出来る。

1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]

 濱中監督はどのように乱打練習でストロークを教えているのか?
 ノーバウンドストロークの場合は?
 グラウンドストロークの場合は?
 この乱打練習で、どのようにして最強の回転原理を学ぶことができるのか?
 あなたの知りたいことが、このDVDに詰まっています。

【ソフトテニス】濱中流「実践乱打練習術」


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 森田 逆転勝ち 3連勝で進出決める | トップページ | フェドカップ 勝ち上がり経過 日本次の相手は »

テニス」カテゴリの記事

ダブルス」カテゴリの記事

ソフトテニス」カテゴリの記事

陣形」カテゴリの記事

ドリル」カテゴリの記事

フォーメーション」カテゴリの記事

コメント

最近森田あゆみ、どうしましたか? 選手にけがは辛いですね。

投稿: 生徒A | 2016年12月 9日 (金) 10時58分

ソフマップさん、おはようございます。
ソフトテニスは陣形の変化がめまぐるしいから面白いですよ

投稿: 月さん | 2014年1月20日 (月) 06時22分

こんばんは。ソフトテニスのダブルスの陣形が良く分かりました。有り難うございました。

投稿: ソフマップ | 2014年1月19日 (日) 18時26分

あいうえさん、こんにちは。今日は返事が遅くなってしまいました。
税金の申告で、深刻です。なんちゃって。陣形わかりやすいでしょう。よろしくお願いします。

投稿: 月さん | 2012年3月10日 (土) 13時27分

こんばんは。この陣形練習、分かりやすいですね

投稿: あいうえ | 2012年3月 9日 (金) 18時16分

まっちゃんさん、おはようございます。
変わりましたよ、凄い変化です。
ですから、対応の早いチームが勝ちますね。

投稿: 月さん | 2012年2月 8日 (水) 05時51分

最近はソフトテニス、全くやっていません。変わったんでしょうね

投稿: まっちゃん | 2012年2月 7日 (火) 08時05分

こんにちは。今日は練習中止です。
このサービス、レシーブからの展開をやりたかったのですが。

投稿: 生徒A | 2012年2月 6日 (月) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダブルスのペアリング 陣形意識:

« 森田 逆転勝ち 3連勝で進出決める | トップページ | フェドカップ 勝ち上がり経過 日本次の相手は »