« 錦織がクレーコートで闘う理由 コートサーフェイスの違い | トップページ | 久しぶりのテニス 調整法 まさにフィーリングが重要 »

2012年3月 1日 (木)

錦織 まさかの大逆転負け 良い反省材料に

アカプルコ、錦織圭、屈辱の大逆転負け

 美しいアカプルコのコート
Acacourtnight


 フランスのJ.シャディ
1-6, 7-6(8), 6-0.

 まさかの大逆転負け。
  J.シャディ戦  

 逆転勝ちは多かったが。
 心の隙を突かれたか。

 まだまだ、子供の証拠だ。

 負けに言い訳無し

 負けている時の心の状態。
Keimtworstmt4demension4


 それが試合。

 苦悩の表情。

Keiannoy


 良い薬になったはず。

 メンタルタフネスが重要なのだ。

 比較的強いはずなのだが。

 自分の心でこの状態に持っていかなくてはならない。

Keimtbest4dememsion1


 僕の目には、凄く手打ちになっている気がする。
 不精な打ち方だ。

 得意のフォアの炸裂が見れなかった。

Keiacafstb


 ラケットを投げたとか。

 ラケットに当たってはいけない。
 自分の愛機ではないか。

 自分のラケットストリングスを信用しなくて勝てる訳がない。

 ラケットを投げると負ける法則  

 全豪、N.ジョコビッチとR.ナダルの死闘  
 ここにテニス、メンタルタフネスの原点がある

 もっと丁寧に、走って、脚部の曲げ伸ばしを使ってトップスピンを深く打つ必要がある。

 誰でも調子の波はある。

 どう立て直すか、
 皆さんだったらどうしますか?

 自分の一番良い時のビデオを見ることだ。

 それがイメージトレーニングだ。

 ビデオチェックの大事さ。  
  フォームを見るのではなく、動きを確認。
  特に脚部の動き


 親子の交換日誌ノート2012  

ダブルス強化ノート2012  

 メンタル強化ノート2012 

メンタル.タフネス向上


【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]
あの「京都大学医学部」でお驚きの実験結果!!
「松岡修造氏」などのトップアスリートや、浪速高校をはじめ全国180校の高校野球部、
プロゴルファー達もその効果を実感した!試合で本来の実力を覚醒させる
“60秒メンタルトレーニング”が、遂に一般公開!!

【集中力】高岸弘の残像メンタルトレーニング入門セミナーDVD[残像カードで集中と平常心をコントロールする方法]


1クリック頂ければ幸いです。よろしくお願いします。

にほんブログ村 テニスブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


にほんブログ村 テニスブログ テニスコーチ・技術へ
にほんブログ村

[ソフトテニス・オンライン]
[ソフトテニス・オンライン]


最後まで読んでいただいて、有り難うございました。

|

« 錦織がクレーコートで闘う理由 コートサーフェイスの違い | トップページ | 久しぶりのテニス 調整法 まさにフィーリングが重要 »

心と体」カテゴリの記事

テニス」カテゴリの記事

メンタル」カテゴリの記事

錦織」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。錦織圭選手で盛り上がっていますね。でも目標はロランギャロでしょう。
ここで無理をして欲しくないですね。コートも大変でしょうね。

投稿: 月さん | 2013年5月15日 (水) 08時42分

おはようございます。メンタルタフネスですね。
錦織選手、試合中、表情に出ますね。

投稿: メンソーレ | 2013年5月15日 (水) 08時14分

おはようございます。ローマで、錦織選手は、このJ.シャーディと戦うんですね。
スリルあります。

投稿: 早起き鳥 | 2013年5月15日 (水) 06時49分

万年中級者さん、おはようございます。
今日は練習日ですか?
午後から天気崩れそうですよ

投稿: 月さん | 2012年3月 4日 (日) 09時22分

負けちゃいましたか、残念。次の試合はどこですか?

投稿: 万年中級者 | 2012年3月 2日 (金) 17時30分

こんにちは。今日は雨でテニスは中止。昨日打てて良かった。

投稿: 生徒A | 2012年3月 2日 (金) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦織 まさかの大逆転負け 良い反省材料に:

« 錦織がクレーコートで闘う理由 コートサーフェイスの違い | トップページ | 久しぶりのテニス 調整法 まさにフィーリングが重要 »